やりたいことができない場合は小さく分解すればいい

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。

皆さんの現場では「ふりかえり」であがったTryはどれほど実行されているでしょうか?

一見良さそうなTryが出て、チームもそのTryに合意しているが、次のふりかえりで聞いてみると実行されていない」という現象を見聞きします。特に手強いProblemに対するTryや、(壮大な遠い目標を掲げた)新しいチャレンジとしてのTryなどはその傾向は強くなります。
このようなパターンの場合、ふりかえりの会話で「◯◯のTryをやろうと思ったのですが、”いろいろ”あってできませんでした…」という会話が出てきます。

このパターンが続くと「結局Tryを出しても何も変わらない」と雰囲気が沈みがちになりチームのパフォーマンスが落ちたり、Problemが解決されず大きな問題が発生するといった悪影響が出てきます。このようなパターンが発生する原因はなんでしょうか?
続きを読む

「現場コーチから見えてきた越境する現場の3つの特徴」をお話します

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。

「越境」を知り、実践するためのカンファレンスと題して「開発者ギルドカンファレンス2015」を2015年7月23日(木)に開催します。

「開発者ギルドカンファレンス2015」とは?

ギルドワークスが一年強の間に手がけた開発プロジェクトは、新規事業を含む30件以上。これらをわずか7名のコアメンバーが中心となり、50名を超える”ギルド”メンバーに支えられながらやり遂げてきました。

正しいものを探るためクライアント側に大きく越境​し、正しく作るために開発メンバーも互いの役割の中で越境しながら開発を行っています。
また、「現場コーチ」として、実際の開発現場を劇的に変えてきました。ただ技術ややり方を教えるだけでなく、現場に越境​してチームの意識を前向き・上向きにさせ、越境できるチームをつくるサポートをしています。

このように、よりよい製品・サービスをつくるためには、様々な越境が必要だとギルドワークスは考えています。
その越境を知っていただく機会として、本カンファレンスを開催します。

このエントリでは私がお話するセッション「現場コーチから見えてきた越境する現場の3つの特徴」について書いています。

続きを読む