37555_normal_1453207702_e3838fe38299e3838ae383bc21

価値探索 × プロダクト開発 -ギルドワークス事例発表- in 大阪 を開催しました

ギルドワークス 前川です。 2/26(金)に、「価値探索 × プロダクト開発 -ギルドワークス事例発表- in 大阪」と題しまして、『価値探索』と『プロダクト開発』の2つを中心に、最近のギルドワークスの活動を紹介しました。

価値探索 × プロダクト開発

まずは私から、ハンドメイドのアイデアを共有するアプリ、Craful開発の舞台裏をお話しました。

価値探索を行う意義の一つとして、顧客と開発者の一体感を生み出せるということがあります。実際Craful様の事例では、開発者全員がそのビジョンに共感し、アプリやサービスを良くするための提案を出しあう、非常に熱気にあふれた開発を行うことができました。このような 本気の開発 を、これからも常に行っていきたいと思っています。

価値探索 × 現場コーチ

続いて、ギルドワークスの中村から、「価値探索につながる現場コーチの価値」というタイトルで、ギルドワークスの開発・価値探索と並ぶ柱である現場コーチの活動を紹介しました。

ギルドワークスの現場コーチは、開発の現場だけを見ることはほとんどありません。自律的に動くチームを作るためには、現場の人間一人一人が自分たちが作っているプロダクトと、それが支えるビジネスを意識する必要があります。そんな現場に変えていくギルドワークスの現場コーチについて、事例を交えながら紹介しました。

ギルドワークス × Craful

その後は休憩を挟んで、Crafulの代表である大野さんに登壇いただき、そのあと私と大野さんの対談形式で、ギルドワークスの価値探索と開発についてディスカッションしました。

価値探索から、開発、そしてリリースにいたるまでを思い返す中で、価値探索から開発という流れを行ったからこそできたことが色々とあったことに、改めて気づきました。

対談では、価値探索を通してユーザを理解しようとしたからこそ無駄な機能を作らなくて済んだエピソード、大野さんから事業について発信することで、開発チームがどんどんビジネス側に踏み込めるようになったエピソードなどがあがりました。このようにクライアントと開発者の距離が縮まり「越境」することで、より良いプロダクト開発ができるんだ、ということを実感しています。

この対談はアンケートでも非常に評価が高く、皆さんも興味深く聞いていただいたようです。

最後に、大野さんがCrafulを通して今後考える野望を話していただき、クロージングとなりました。

ギルドワークスでは、これからも、Craful様の事例のようにクライアントとガッチリと手を組み、本気のプロダクト開発をしていきたいと思っています。そんな開発に興味が有る方は、ぜひお問い合わせ下さい

35044_normal_1448852455_main_img

「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました

2016年1月20日(水)に渋谷co-ba shibuyaで「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました。

ヌーラボ中村知成さんと私の両「中村」がお話をしました。
参加していただいた30人近くの皆さん、渋谷co-ba shibuyaのスタッフの方、ありがとうございました。
#参考:このイベントの予告

IMG_0369-1024x588

Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの

中村知成さんは「Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの」というお話でした。

CZKFVWgUEAA2Udg

印象的だったのは、ユーザーの声があるから機能を追加するのではなく、その声の背後にある思いを汲みとって本当に必要なものを解決することにすごく向き合っているということでした。

Backlogの機能追加へのこだわりは数年前から知ってはいましたが、今回の中村さんのお話を聞いてあらためて感じました。

プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話

私は「プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話」の中で、これまでプロジェクト管理ツールを自分で使ったり、現場コーチ先の現場で使っている経験から得た知見の一部をお話しました。

IMG_0374-1024x585

示し合わせたわけではなかったのですが、どちらの話も「なぜが大事」というメッセージが含まれていました。ヌーラボ中村さんは、ツールに「なぜ、その機能を追加して欲しいという声があるのか?」とお話し、私は「そのツールを使うことで改善した現場の問題はなにか?なぜその問題が起こっているのか?」と。

後半はビール片手に

IMG_1395

セッションの後ではサンドイッチ、ビールと共に参加者の皆様とディスカッションをしました。みなさんに書いてもらった付箋ではBacklogユーザーが多かったようですが、Backlogにかかわらずプロジェクト管理ツールでよくあるような悩みもたくさん出ておりました。
それぞれの現場の状況次第ではありますが、私なりに現場コーチのこれまでの知見を踏まえ伝えることができたかと思います。
また「ちょっと現場を見て、悩みや課題を聞いて欲しい」とお声がけをいただきました。

このようなイベントは今後もいろいろ開催する予定ですので、お会いできるのを楽しみにしています。
また、イベント以外でももちろん直接お伺いすることもできますので、お気軽にご連絡ください。

FullSizeRender 5

現場コーチの喜び

入社後、現場コーチとしてクライアントの現場に入りはじめ3ヶ月がたちました。

coash_joy1_1
その中で、

感じる嬉しいことがあります。

それは。。。

メンバーの成長!
うまくできなかった事が以前よりうまくやれるようになったり
課題をクリアできたり、ローンチがうまくいったり。
そんな様々な成功体験を積む瞬間に立ち会える事があります。
いわばそれは

「クララが立った!」

の連続です。一歩進めた時は
彼・彼女たちに対して本当に良かった(泣)と温かい気持ちになれますし
その一役を担えてるとしたらこんな嬉しいことはありません。

組織の中でも上司と部下、メンターと新人、チームメンバー同士においてもこういった瞬間に出会うのは同様だと思いますが
「現場コーチ」が入り、課題発見や改善のサイクルが動き始めることで
よりその機会が多くなっていきます。

coach_joy_2

課題があらわになったり、タスクが山のように見えてきて
「大変すぎる、無理だ。。。」
とメンバーが感じたり
大変な事や面倒臭い事も沢山出てきたりしますが、それを
「あー、やだなぁ」
で悶々とするのではなく
「出てきやがったなぁ!!」
と敵をバッサバッサと倒していくかのように
ひとつひとつ乗り越えて皆で勝利を喜びたいものです。

そんな活き活きとした現場を増やしていけるとしたら
これ程ステキなことはありません:)

このような現場コーチの活動を始めとして、
ギルドワークスに興味をお持ちいただいた方はお気軽にお問合せください。

35044_normal_1448852455_main_img

Backlog-GuildWorksの集いでプロジェクト管理ツールのことを考えてみませんか?

みなさんの現場ではBacklogRedmineJIRAといったプロジェクト管理ツールを使っているでしょうか?

そんなプロジェクト管理ツールの1つであるBacklogを開発、提供しているヌーラボさんと「Backlog-GuildWorksの集い #1」を共催します。

続きを読む

4835354126_834e350d9e_z

ふりかえりに入る前にする2つの質問

現場コーチをやっていると、ふりかえり(例えばKPT)で、いきなり「続けたいこと(Keep)」を出し始めるような場を見かけることがあります。このような場合、往々にしてどこかフワッとしたふりかえりになりがちです。

私は、よく現場コーチでふりかえりをする際に、以下の2つの質問をするようにしています。

ふりかえりに入る前にする2つの質問

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」
2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

この2つの質問を答えも含めて5分程度でサッとやってからふりかえりに入っていきます。
#こういうのも含めて「ふりかえり」と呼ぶ方もいると思います。

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」

前回から今回の間であったことをそれぞれ思い出してもらい、その思い出したもので印象に残っていることを1人1つずつ話してもらいます。例えば「クライアントに動くものを見てもらった」「◯◯機能をリリースした」「残業しなかった」などです。

何があったかを思い出すこでふりかえりのインプットになりますし、それを実際に口にすることで緊張がほぐれたりして後の会話がスムーズになる効果があります。

ふりかえりのインプットとしてを重視するなら、もう少し時間をとり、言葉を出しつつ付箋に書いていく方法もしたりします。

2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

うまくできたかどうかを(いったんは主観で)「5段階評価するとしたら?」と1〜5までを指で表現してもらいます。
これも何があったかを思い出すことでふりかえりのインプットになりますし、場によってはなかなか出しにくい「自分の意思を表明する」ことをやりやすくなる効果もあります。
#「前回から今回の間でなにがありましたか?」とセットでやる場合もあります。

またperfection gameという方法を使うこともあります。
perfection game

この「どうだった?」という評価は、ふりかえりの最後でも使うことができます。
なんとなくTryは出ているけど何かモヤっとすると感じの時に、「これまで話したことやここに出ているTryで、最初に出した5段階評価のポイントは変化しそう?」と聞きます。

こういうちょっとした質問を投げかけることで「Tryをやろう」という気持ちにもなりますし、「これ以外にもっとやってみれば良いTryはないのか?」と見つめなおすことができます。

さらに、ふりかえりなどの場で定期的に表明するこの5段階評価のポイントを記録しておくと、チームがプロジェクトを進めていく中でどのような変化があったか?というのを時系列で見ることもできます。
#この「これでうまくできそう?」という表明はふりかえり以外に何か計画を立てたりするミーティングでも使うことができます。

このようにいきなりふりかえりをするのではなく、ちょっとした質問を投げかけることで、「正しいものを正しくつくる」現場に近づいていくと考えています。

最後に

このような現場コーチの活動を始めとして、ギルドワークスのやっていることに興味を持った方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

このブログでは他にふりかえりのTipsとして以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する
Tipsその6:空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

※参考:「これだけ! KPT」「リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/dpstyles/4835354126/

69821764_66cff01bbb_z

空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

ミーティングがうまく進まないと「正しいものを正しくつくる」ことはできません。

ミーティングがうまく進まない原因として、「議論が見える化されておらず空中戦になる」「参加者に当事者意識を持っておらず発言が少ない」など色々な事象と原因の組合せがあります。その中の1つに「ファシリテーターが議論に入ってしまうことで、場が進まなくなったり、議論の流れを見失ってしまう」というのがあります。

こういうミーティングの時、当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうことでうまくいくことがあります。
#現場コーチがそのままファシリテーターをすることも多いです。

当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうメリット

1:当事者全員が会話、議論に集中することができる

複雑なテーマや考えることが多いテーマの場合、やはりそれぞれの議論に集中し、深く思考する時間、集中力が必要になってきます。一方、ファシリテートも別の視点で高い集中力が必要になってきます。その両方を十分にうまくやることはなかなか難しいことです。

2:アジェンダを考えるようになる

ファシリテーターを別の人に頼むには、その場の目的やアジェンダなどを伝える必要があります。
いきなり何もなくてポンと任されてもファシリテーターも困ってしまいます。

現場コーチをしていると「アジェンダがないミーティング」が時々あります。そういう時は「どういう目的で、何をどんな流れでやろうと考えています?」と当事者からヒアリングをします。その結果、準備が整っていないことや、そもそもミーティングが不要だったことが分かるということもありました。

ですので、ミーティングの準備としてアジェンダを考えるため、ムダな時間の使い方を防ぐこともあります。

3:新しい視線を得られる

当事者以外のファシリテーターはそのテーマに対して当事者達が持っている思い込みから距離が遠いところにいます。それ故、場や議論を俯瞰することができます。
それによって、当事者では見えていない新しい切り口や論点を見つけることができる場合もあります。
岡目八目的な効果です。

また当事者だと厳しいツッコミや指摘を(事情が分かっている故に)躊躇してしまうことがあります。が、当事者以外であれば、そこは空気を読まずに踏み込んでいくことができます。

4:自分のチームに持ち帰ることができる

これはファシリテーター側のメリットですが、別のチームのふりかえりにファシリテーターとして参加した場合、そこでのKPT(特にProblemに対するTry)を自分達のチームに持ち帰り、よりうまくやるためのヒントになります。

今回は、(この「ふりかえり」のTipsシリーズで扱っている)ふりかえりそのものではなく、ファシリテーターのことについて書いてみました。ふりかえりのTipsは以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する

※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/tiarescott/69821764/