価値探索 × プロダクト開発 -ギルドワークス事例発表- in 大阪 を開催しました

ギルドワークス 前川です。 2/26(金)に、「価値探索 × プロダクト開発 -ギルドワークス事例発表- in 大阪」と題しまして、『価値探索』と『プロダクト開発』の2つを中心に、最近のギルドワークスの活動を紹介しました。

価値探索 × プロダクト開発

まずは私から、ハンドメイドのアイデアを共有するアプリ、Craful開発の舞台裏をお話しました。

価値探索を行う意義の一つとして、顧客と開発者の一体感を生み出せるということがあります。実際Craful様の事例では、開発者全員がそのビジョンに共感し、アプリやサービスを良くするための提案を出しあう、非常に熱気にあふれた開発を行うことができました。このような 本気の開発 を、これからも常に行っていきたいと思っています。

価値探索 × 現場コーチ

続いて、ギルドワークスの中村から、「価値探索につながる現場コーチの価値」というタイトルで、ギルドワークスの開発・価値探索と並ぶ柱である現場コーチの活動を紹介しました。

ギルドワークスの現場コーチは、開発の現場だけを見ることはほとんどありません。自律的に動くチームを作るためには、現場の人間一人一人が自分たちが作っているプロダクトと、それが支えるビジネスを意識する必要があります。そんな現場に変えていくギルドワークスの現場コーチについて、事例を交えながら紹介しました。

ギルドワークス × Craful

その後は休憩を挟んで、Crafulの代表である大野さんに登壇いただき、そのあと私と大野さんの対談形式で、ギルドワークスの価値探索と開発についてディスカッションしました。

価値探索から、開発、そしてリリースにいたるまでを思い返す中で、価値探索から開発という流れを行ったからこそできたことが色々とあったことに、改めて気づきました。

対談では、価値探索を通してユーザを理解しようとしたからこそ無駄な機能を作らなくて済んだエピソード、大野さんから事業について発信することで、開発チームがどんどんビジネス側に踏み込めるようになったエピソードなどがあがりました。このようにクライアントと開発者の距離が縮まり「越境」することで、より良いプロダクト開発ができるんだ、ということを実感しています。

この対談はアンケートでも非常に評価が高く、皆さんも興味深く聞いていただいたようです。

最後に、大野さんがCrafulを通して今後考える野望を話していただき、クロージングとなりました。

ギルドワークスでは、これからも、Craful様の事例のようにクライアントとガッチリと手を組み、本気のプロダクト開発をしていきたいと思っています。そんな開発に興味が有る方は、ぜひお問い合わせ下さい

「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました

2016年1月20日(水)に渋谷co-ba shibuyaで「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました。

ヌーラボ中村知成さんと私の両「中村」がお話をしました。
参加していただいた30人近くの皆さん、渋谷co-ba shibuyaのスタッフの方、ありがとうございました。
#参考:このイベントの予告

IMG_0369-1024x588

Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの

中村知成さんは「Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの」というお話でした。

CZKFVWgUEAA2Udg

印象的だったのは、ユーザーの声があるから機能を追加するのではなく、その声の背後にある思いを汲みとって本当に必要なものを解決することにすごく向き合っているということでした。

Backlogの機能追加へのこだわりは数年前から知ってはいましたが、今回の中村さんのお話を聞いてあらためて感じました。

プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話

私は「プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話」の中で、これまでプロジェクト管理ツールを自分で使ったり、現場コーチ先の現場で使っている経験から得た知見の一部をお話しました。

IMG_0374-1024x585

示し合わせたわけではなかったのですが、どちらの話も「なぜが大事」というメッセージが含まれていました。ヌーラボ中村さんは、ツールに「なぜ、その機能を追加して欲しいという声があるのか?」とお話し、私は「そのツールを使うことで改善した現場の問題はなにか?なぜその問題が起こっているのか?」と。

後半はビール片手に

IMG_1395

セッションの後ではサンドイッチ、ビールと共に参加者の皆様とディスカッションをしました。みなさんに書いてもらった付箋ではBacklogユーザーが多かったようですが、Backlogにかかわらずプロジェクト管理ツールでよくあるような悩みもたくさん出ておりました。
それぞれの現場の状況次第ではありますが、私なりに現場コーチのこれまでの知見を踏まえ伝えることができたかと思います。
また「ちょっと現場を見て、悩みや課題を聞いて欲しい」とお声がけをいただきました。

このようなイベントは今後もいろいろ開催する予定ですので、お会いできるのを楽しみにしています。
また、イベント以外でももちろん直接お伺いすることもできますので、お気軽にご連絡ください。

現場コーチの喜び

入社後、現場コーチとしてクライアントの現場に入りはじめ3ヶ月がたちました。

coash_joy1_1
その中で、

感じる嬉しいことがあります。

それは。。。

メンバーの成長!
うまくできなかった事が以前よりうまくやれるようになったり
課題をクリアできたり、ローンチがうまくいったり。
そんな様々な成功体験を積む瞬間に立ち会える事があります。
いわばそれは

「クララが立った!」

の連続です。一歩進めた時は
彼・彼女たちに対して本当に良かった(泣)と温かい気持ちになれますし
その一役を担えてるとしたらこんな嬉しいことはありません。

組織の中でも上司と部下、メンターと新人、チームメンバー同士においてもこういった瞬間に出会うのは同様だと思いますが
「現場コーチ」が入り、課題発見や改善のサイクルが動き始めることで
よりその機会が多くなっていきます。

coach_joy_2

課題があらわになったり、タスクが山のように見えてきて
「大変すぎる、無理だ。。。」
とメンバーが感じたり
大変な事や面倒臭い事も沢山出てきたりしますが、それを
「あー、やだなぁ」
で悶々とするのではなく
「出てきやがったなぁ!!」
と敵をバッサバッサと倒していくかのように
ひとつひとつ乗り越えて皆で勝利を喜びたいものです。

そんな活き活きとした現場を増やしていけるとしたら
これ程ステキなことはありません:)

このような現場コーチの活動を始めとして、
ギルドワークスに興味をお持ちいただいた方はお気軽にお問合せください。

Backlog-GuildWorksの集いでプロジェクト管理ツールのことを考えてみませんか?

みなさんの現場ではBacklogRedmineJIRAといったプロジェクト管理ツールを使っているでしょうか?

そんなプロジェクト管理ツールの1つであるBacklogを開発、提供しているヌーラボさんと「Backlog-GuildWorksの集い #1」を共催します。

続きを読む

ふりかえりに入る前にする2つの質問

現場コーチをやっていると、ふりかえり(例えばKPT)で、いきなり「続けたいこと(Keep)」を出し始めるような場を見かけることがあります。このような場合、往々にしてどこかフワッとしたふりかえりになりがちです。

私は、よく現場コーチでふりかえりをする際に、以下の2つの質問をするようにしています。

ふりかえりに入る前にする2つの質問

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」
2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

この2つの質問を答えも含めて5分程度でサッとやってからふりかえりに入っていきます。
#こういうのも含めて「ふりかえり」と呼ぶ方もいると思います。

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」

前回から今回の間であったことをそれぞれ思い出してもらい、その思い出したもので印象に残っていることを1人1つずつ話してもらいます。例えば「クライアントに動くものを見てもらった」「◯◯機能をリリースした」「残業しなかった」などです。

何があったかを思い出すこでふりかえりのインプットになりますし、それを実際に口にすることで緊張がほぐれたりして後の会話がスムーズになる効果があります。

ふりかえりのインプットとしてを重視するなら、もう少し時間をとり、言葉を出しつつ付箋に書いていく方法もしたりします。

2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

うまくできたかどうかを(いったんは主観で)「5段階評価するとしたら?」と1〜5までを指で表現してもらいます。
これも何があったかを思い出すことでふりかえりのインプットになりますし、場によってはなかなか出しにくい「自分の意思を表明する」ことをやりやすくなる効果もあります。
#「前回から今回の間でなにがありましたか?」とセットでやる場合もあります。

またperfection gameという方法を使うこともあります。
perfection game

この「どうだった?」という評価は、ふりかえりの最後でも使うことができます。
なんとなくTryは出ているけど何かモヤっとすると感じの時に、「これまで話したことやここに出ているTryで、最初に出した5段階評価のポイントは変化しそう?」と聞きます。

こういうちょっとした質問を投げかけることで「Tryをやろう」という気持ちにもなりますし、「これ以外にもっとやってみれば良いTryはないのか?」と見つめなおすことができます。

さらに、ふりかえりなどの場で定期的に表明するこの5段階評価のポイントを記録しておくと、チームがプロジェクトを進めていく中でどのような変化があったか?というのを時系列で見ることもできます。
#この「これでうまくできそう?」という表明はふりかえり以外に何か計画を立てたりするミーティングでも使うことができます。

このようにいきなりふりかえりをするのではなく、ちょっとした質問を投げかけることで、「正しいものを正しくつくる」現場に近づいていくと考えています。

最後に

このような現場コーチの活動を始めとして、ギルドワークスのやっていることに興味を持った方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

このブログでは他にふりかえりのTipsとして以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する
Tipsその6:空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

※参考:「これだけ! KPT」「リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/dpstyles/4835354126/

空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

ミーティングがうまく進まないと「正しいものを正しくつくる」ことはできません。

ミーティングがうまく進まない原因として、「議論が見える化されておらず空中戦になる」「参加者に当事者意識を持っておらず発言が少ない」など色々な事象と原因の組合せがあります。その中の1つに「ファシリテーターが議論に入ってしまうことで、場が進まなくなったり、議論の流れを見失ってしまう」というのがあります。

こういうミーティングの時、当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうことでうまくいくことがあります。
#現場コーチがそのままファシリテーターをすることも多いです。

当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうメリット

1:当事者全員が会話、議論に集中することができる

複雑なテーマや考えることが多いテーマの場合、やはりそれぞれの議論に集中し、深く思考する時間、集中力が必要になってきます。一方、ファシリテートも別の視点で高い集中力が必要になってきます。その両方を十分にうまくやることはなかなか難しいことです。

2:アジェンダを考えるようになる

ファシリテーターを別の人に頼むには、その場の目的やアジェンダなどを伝える必要があります。
いきなり何もなくてポンと任されてもファシリテーターも困ってしまいます。

現場コーチをしていると「アジェンダがないミーティング」が時々あります。そういう時は「どういう目的で、何をどんな流れでやろうと考えています?」と当事者からヒアリングをします。その結果、準備が整っていないことや、そもそもミーティングが不要だったことが分かるということもありました。

ですので、ミーティングの準備としてアジェンダを考えるため、ムダな時間の使い方を防ぐこともあります。

3:新しい視線を得られる

当事者以外のファシリテーターはそのテーマに対して当事者達が持っている思い込みから距離が遠いところにいます。それ故、場や議論を俯瞰することができます。
それによって、当事者では見えていない新しい切り口や論点を見つけることができる場合もあります。
岡目八目的な効果です。

また当事者だと厳しいツッコミや指摘を(事情が分かっている故に)躊躇してしまうことがあります。が、当事者以外であれば、そこは空気を読まずに踏み込んでいくことができます。

4:自分のチームに持ち帰ることができる

これはファシリテーター側のメリットですが、別のチームのふりかえりにファシリテーターとして参加した場合、そこでのKPT(特にProblemに対するTry)を自分達のチームに持ち帰り、よりうまくやるためのヒントになります。

今回は、(この「ふりかえり」のTipsシリーズで扱っている)ふりかえりそのものではなく、ファシリテーターのことについて書いてみました。ふりかえりのTipsは以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する

※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/tiarescott/69821764/

コーチの道具箱 その1

ギルドワークス 前川です。

本日は、私がいろんな現場にコーチとして出向く際に必ず持っていくある道具についてお話ししようと思います。

それは、ホワイトボードマーカーです。私のカバンには、少なくとも4色(赤青緑黒)のホワイトボードマーカーを入れるようにしています。

いったい何でそんなかさばるものを持ち歩いてるのか、ちょっと説明したいと思います。

大前提: ホワイトボードを制する物は議論を制す

ホワイトボードがあるのに、そこに何も書かれない会議というのは、基本的には議論が空回りする空中戦となります。ただ、そこでホワイトボードの前に立つのは結構勇気がいるもので、遠慮する方も多いです。

なので、現場コーチをしていると、ホワイトボードを書くということが非常に多いのです。

理由① たいていのホワイトボードマーカーはインクが切れている or 薄い

そんなとき、さぁ板書しよう!と思って手にとったホワイトボードマーカーは、3割位の確率でかけず、8割位の確率で色が薄いのです。

もちろん、お願いすれば新しいマーカーが出てくることは多いのですが、そのやり取りの間議論を止めてしまうのも、、、となります。

そんなとき、カバンからさっと書けるホワイトボードが出てくると、非常にやりやすいんですよね。

理由② 会社のホワイトボードマーカーの品質が悪い

さて、仮に書けるホワイトボードマーカーが出てきたとしても、残念ながらその品質が悪いことが多いです。品質が悪いとは・・・

  1. すぐに書けなくなる(インクのノリが悪い)
  2. 綺麗に消せない
  3. 芯がフニャフニャで書きにくい

というあたりがネックとなります。残念ながら100均などで売られているお買い得なマーカーはイマイチなことが多いですね・・・

なので、自分のお気に入りのマーカーを持っておくことが必要です。私のお気に入りはシャチハタの「潤芯」です。4本まとまったボックスがあるのと、その名の通り乾燥に非常に強くて書き味が良いのがポイントです。

理由③ アイスブレイクになる

そして実は、カバンからホワイトボードを取り出して、4色をバッと持つと、おお!という雰囲気になります。

IMG_0352

あんまり普通の人はカバンにホワイトボードマーカーは入れていませんので、これだけで、最初に「コーチってこんな人なんだ」という最初の一歩を踏み出せるんですよね。そういう意味でも、特に最初に出向く現場には、必ず持っていくようにしています。

私にホワイトボードマーカーと一緒に現場をサポートして欲しい方は、是非お問い合わせください

現場改善でハマる罠

ギルドワークス 前川です。

ギルドワークスでは、様々な現場に入り込んで現場改善を行っています。もちろん皆さんの現場でも、様々な改善が試行されているのではないかと思います。そんななかでハマりやすい罠について、今日はお話します。

改善をリードする立場とされる立場の間の意識ズレ

あなたが現場改善をリードする立場だった時、あなたの頭のなかには、それが最高にうまく行った場合のバラ色の未来が思い浮かんでいることでしょう。

しかし、改善というのは大抵、即効性のある効果があるものではありません。これまで慣れたプロセスを変えてしまったら、どこかで不慣れによる作業効率の低下や、手順が変わったことによるミスなどがでてくるでしょう。

あなたにとっては、それは改善の効果が出るまでの一過性の痛みに過ぎません。しかし、他のメンバーにとってはどうでしょう?

「いらんことをされて、面倒くさくなった」と思われていませんか?

それを、「分かっていない。利点が見えていない。ずっと使っていたら分かってくれるはず。」と無視するのは簡単です。しかし、そんなふうに強引に進めた改善がたどるのは、早晩打ち捨てられてしまう衰退の道です。

改善をスムーズに進めるために

では、どうすればいいか?

そこに大切なのは、「誠意」です。

丁寧な説明でその「誠意」が事足りる場合もあるでしょうが、もう少し踏み込んだ対策として、即効性のある短期的な改善を組み合わせる、ということがあげられます。

たとえば、バージョン管理システムを新たに取り入れることを考えてみましょう。さきのことを考えると、自分の更新を追うことができ、またいつでも戻ることができる、というのは大きなメリットです。

しかし、最初の導入では、多くの人は「”コミット”とかいうわけのわからない手順が増えてしまった」「新しいツールを導入して怖い」「勝手にマージされて壊れたりしないのか?」などの不安や手間を考えてしまいます。

そこで、バージョン管理の利点を語って皆が納得すればよいのですが、それで納得できない人もいます。

そういう人には、先述した短期的な改善を組み合わせて提示するといいでしょう。例えば、コミットフックの機能をうまく使って、エラーを自動検知したり、同時にJenkinsも導入してテストを回してみたり、など、多少導入の手間が増えてしまっても、メリットがすぐ受けられる、即効性のある改善とセットにするのです。

このように、改善を進めていく側だけの目線や都合だけでなく、改善の結果を受け取る人達の気持ちにも寄り添っていく姿勢が、現場改善では重要となる場合が多いです。

自信と傲慢は違います。皆さん、その点気をつけて、現場を良くしていきましょう!

ギルドワークスが、そのお手伝いをできるのならば、お気軽にお問い合わせください。

アイキャッチ: http://fav.me/d4gqh5o

現場・組織を改善する現場コーチのやり方をより深くお伝えします

ギルドミートアップ!〜現場コーチミートアップ〜という少人数によるミートアップを8月25日(火) 19:00から開催します。
あまり日がない中ですが、興味がある方はお越しください!

なにそれ?

10名程度の少人数でギルドワークスの現場コーチの事例をお話し、また皆さんの現場の課題の解決のヒントやアクションするきっかけをつかむため、ギルドワークスの現場コーチを始め皆様で話し合うカジュアルな場です。

以下、募集サイトより

どんな組織、現場にも必ず課題は存在します。
その課題は現場自身で対処し解決できることもありますが、現場の力だけでは難しい、解決できるとしても時間がかかりすぎる課題もあります。

また別の組織では「目標に向かって突き進みたいが、何かの重力が足を引っ張っている」と感じているかもしれません。

そのような時にギルドワークスの「現場コーチ」は価値をもたらすことができます。
「現場コーチ」は現場の方々と一緒になってチーム、組織の改善に取り組みます。
また現場の制約(=重力)に縛られず、独自の視点より改善案を提示し、実施していきます。

この中で現場は自律的に考え、動くようになってきます。

ギルドワークスでは、「現場コーチ」としてこのような現場、組織の改善に取り組んできました。

なぜやるの?

先日の開発者ギルドカンファレンス2015のセッション【現場コーチから見えてきた越境する現場の3つの特徴】冒頭で「”現場コーチ”という役割を知っている人?」と聞いたところ70人の参加者のうち、10人程でした。

セッションでは、現場コーチがもたらす価値、実施するアクション、考えていることをお話しましたが、より多くのことを知っていただきたいと思ったからです。

一方で、現場ごとの背景などのコンテキストがあり、セッションだけでは伝わりきらないこともあります。
このミートアップでは、このようなコンテキストを共有した上で、どのような選択肢を考え、なぜその道具やアクションを取ったのか?といった踏み込んだお話も少人数のミートアップだからこそできると考えています。

どんな人に来て欲しいの?

  • 現場改善の必要性を感じているが、その時間がない経営者、管理職の皆様
  • 自分の現場をより良い方向にしていきたいが、うまくできず悩んでいる方
  • 自分の現場で「現場コーチ」のようなことをされている方
  • 「現場コーチ」というロールに興味のある方

このような方であれば、良い時間になると思いますのでぜひギルドミートアップ!〜現場コーチミートアップ〜にお越しください!

「当日のミートアップには参加できないが、現場コーチを始めとして、ギルドワークスのやっていることに興味を持った」という方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。