リモートワークなのに時間がないってどういうこと?

ギルドワークスさんとパートナーとして一緒にお仕事させていただいています、木目沢(@pilgrim_reds)と申します。

ギルドワークスさんの特徴の一つに「リモートワークが可能」というのがあり、私自身もリモートワークで普段お世話になっています。作業場所は主に自宅です。

自宅で仕事していると言うと大抵、「誘惑が多くて大変じゃない?」と聞かれますが、あまりテレビ見る習慣もなく、ゲームもしないし、漫画もあまり持っていないので誘惑に負けてというのは幸いあまりありません。

むしろ、大変なのは「時間がない」ということでしょうか?
なんていうと、「通勤もないし時間なんてたっぷりあるでしょ!」と突っ込まれそうですが、実はリモートワーク特有(?)の「時間がない」問題というのがあるのです。

今回はこの問題について、『いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学』という本を引用しつつ紹介したいと思います。

トンネリング

どこで仕事をしても当然、仕事量は変わりません。
むしろ、通勤がない分その時間まで仕事にまわせてしまうという状況も作れてしまいます。
仕事に遅れが生じれば当然、空いた時間も使って集中して取り組む必要があります。

このような時間がない状態のとき、「トンネリング」という現象が起きると上記の本では解説されています。

「トンネリング」とは時間がないなか一つのことに集中しすぎて、他のことが見えなくなる現象のことです。
会社は仕事のみをする場なのでトンネリングが起こっても問題になりにくいですが、家でトンネリングが起きると生活に多大な影響が起きます。

家で仕事をする場合と会社と仕事をする場合の一番の違いは、「生活と仕事が隣りあわせ」なことです。

そんななかトンネリングが起きると、家事をしなくなる、食事をしなくなる、深夜まで仕事してる、家族の話を聞かなくなる、部屋に引きこもる、運動しなくなる、ものを片付けなくなる・・・などなど大変な状況になります。一日家にいるのにこんな状況なかなか厳しいと思いませんか?

ジャグリング

問題はもう一つ。

トンネリングが続くと、先送りにした仕事以外のことは積み重なったり、その場しのぎで緊急に片つけた問題が、別の新しい問題を産んだりしてさらに時間がない状態になるのです。

例を挙げると、仕事に集中してお風呂を沸かすのを忘れてしまい、深夜になってトンネルから抜け出したときにやっと気付きお風呂を沸かす。そのあとお風呂に入って寝る頃にはすでにド深夜。
結果、次の日は寝不足で、パフォーマンスも落ち、失敗続きでさらに時間がなくなっていく・・・
という具合です。

緊急の課題を次から次へとなんとかやりくりしていく様子からこのことを本書ではジャグリングと読んでいます。

解決するには

本書ではこれらの問題を解決すべくいろいろな提案をしてくれています。
今回はこのなかから2つほど紹介しましょう。

トンネルの中に入れる
健康のためにジョギングの習慣を取り入れたいけど、トンネリングが続くと他のことに押しのけられ、やらなくなる。
そこでマラソン大会に申し込む。締め切りができたことで走る必要性が生まれるのでトンネルの中に入ることになり、やらざるを得なくなる。

「何もしない」という予定を入れる
時間が欠乏すると突然割り込んできた課題に対応できない。そしてさらにトンネリングにはまっていく。。。ということを防ぐため予め「何もしない」という予定をいれておく。

などなど、他にもこの本にはリモートワークのための本ではない(行動経済学という学問の本です)のですが、役に立つ情報が多く紹介されています。

リモートワークをされているみなさんにおすすめの一冊です。

この記事を読んでギルドワークスに興味を持たれた方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください

クリエイティブの道は禅に通ずるや否や?

こんにちは、ギルドワークスの藤田です。

この6月で、ギルドワークスに入社して3ヶ月が経ちました。あまりの濃密さに1年くらい経ってるんじゃないかという気持ちがするのですが、まだ3ヶ月、されど3ヶ月。3ヶ月も働いているのに、何も貢献できてないんじゃないか…とか、お客様やパートナーのみなさまにご迷惑をおかけしているんじゃないか…とか、ギルドワークスで働いていて楽しさや嬉しさがあればあるほど、逆方向の闇スパイラルに陥ることもしばしばです。

こんなとき、皆さんは、「出家したい」と思ったりしませんか。私はしょっちゅう出家したいなあ、と思っています。
先日、私があまりにも出家したい、出家したい、と言っていたので、見かねた取締役の増田からこの本を勧められました。

zenmind『禅マインド ビギナーズ・マインド』鈴木俊隆 著

あわせて面白い話を聞いたのですが、人間の内臓にかかわることで、「呼吸」だけはある程度コントロールがきくそうです。
考えてみれば、私たちは、私たち自身の体であるにも関わらず、心臓を止めることも動かすこともできないし、さっき飲んだお酒を今すぐ分解しろ!と、肝臓を働かせることもできません。自律神経とはよくいったもので、私たちの体はこうした意志とは、基本的につながっていません。
ただ、「呼吸」だけは、なんとかなる。
大きく吸うことも、大きく吐くこともできるし、逆に短く吸って吐くこともできる。
唯一自分自身でなんとかコントロールできる「呼吸」に集中することで、自分に向き合い、自分がどのようにあるのか、ということを、否定もせず、肯定もせず、ただそのようにして受け止めることができる、と。
だから座禅のときは、呼吸が大切なんだそうです。

この話を聞いて、そして『禅マインド』を読んで、なるほどなあ、と、思ったのは、呼吸というのはフックであったりきっかけにすぎず、「そうしたものがそのようにしてあること」を、否定してはいけない、ということです。心に浮かぶものはコントロールできない(自由にできるものではない)のですから、おそれや不安といった暗い感情も、打ち消すためになにかするのではなく、それは、そのようにしてあるのだ、というのを、眺めておく、客観的に見る、ということで、マイナスな感情に呑みこまれずに済むのではないでしょうか。

これだけだと、「ギルドワークスには性格の暗い人がいるな」というだけで終わってしまいそうですが、もうひとつの気付きは、禅と、エンジニアやデザイナーの進む方向に、通じている部分があるのではないか、と、いうことです。

『雑阿含経典(第33巻)』に、四種類の馬の話があります。卓越した馬、優秀な馬、普通の馬、劣った馬、の四種類です。
誰しも「卓越した馬」でありたい、「卓越した馬」になりたいと望んでしまうことがあるのではないでしょうか。
ところが、ブッダは、この四種の馬の中で、「劣った馬」を、もっとも大切にするのです。不完全であるからこそ、劣っているからこそ、多くを学ぶことができ、多くを乗り越えるための力をもち、そしてそのための意志をもちやすいのです。

これを読んだとき、『情熱プログラマー』の中の一章、「一番の下手くそでいよう」を思い出しました。
エンジニアも、デザイナーも、能力的にすべてよし、という状態はおそらくなくて、不完全なところから、劣っているところからはじめて、よりよいものをつくったり、よりよいとりくみをしていく努力ができるのではないでしょうか。
私自身、実際にものを作る段階には、外界をシャットアウトし、まさしく「自分に向き合う」ところから始めることが多いのですが、この、「自分に向き合う」というのも、はじめに書いた、「そのようにしてある」というありようを、受け入れることでもあるように思います。
また、クリエイティブな仕事というのは、何か「業」のようなものを抱えているので、禅の思想に近しいと捉えると、すこし、自分たちの仕事の別の一面が見えてくるように感じます。

自分は完璧にセルフコントロールができている!というかたは少ないと思いますので、カジュアルな出家の前にぜひお勧めしたい著作です。

リモートワークの仕事場

あけましておめでとうございます。
ギルドワークスの佐々木です。
本年もよろしくお願いいたします。

今日は、私の仕事場について紹介してみたいと思います。

1. 自宅

自宅は日本三景の松島です。実際は住宅地で観光地までは自転車で15分程度です。(ちなみに、結構聞かれるのですが松島は東日本大震災の影響は幸い少ない土地です。)
http://www.matsushima-kanko.com/
週の半分以上は自宅で作業しています。当然ネット環境などは一番整っており、作業するのに費用が発生しないため、一番よいのですが、生活空間と仕事空間が一緒となってしまうため、意図せずダラけてしまうことがあります。そのため、以下に挙げるような場所で作業しています。
松島

2. コワーキングスペース「cocolin」

http://cocolin.jp/
仙台市にあるコワーキングスペース「cocolin」に入居しています。週の3分の1は居ます。フリーアドレスが基本のコワーキングスペースです。こちらは入居者同士の交流を重視しているため、月単位の契約のみを受けて、ドロップインと呼ばれるような一日〜半日単位での利用ができないのが特徴です。(もしお近くにいらっしゃる予定の方がいらっしゃれば、私が居るタイミングであれば会議室を数時間利用できますので、お気軽にお声がけください!)
街の中心部からは少し離れていて、少し離れているのが難点ですが、普段運動不足になりがちなのでちょうどいいかなと思っています(笑い)なお、仙台駅ではなく、cocolinの最寄駅「榴ヶ岡駅」からは徒歩1分です。
入居者はIT系だけではなく、士業の方、映画関係の方など、様々です。みんなそれぞれ東北に思い入れがあったりしていて、面白いです。そんな場所から刺激を受けようと思い、入居を決めました。

cocolin

3. コワーキングスペース「ソシラボ」

http://socilabo.com/
 同じく仙台市にあるコワーキングスペース「ソシラボ」です。こちらはドロップインが可能です。また1日100円と大変利用料が安いため、気分転換のために利用しています。また、勉強会のためのスペース貸しもやっているため、勉強会コミュニティの会場として利用している場合もあります。

ソシラボ

 

4. ギルドワークス本社

東京に出張した際は、六本木一丁目にあるギルドワークス本社に行くことが多いです。実際、普段skypeでコミュニケーションをとっている先に行くというのは、不思議な感じがします。それでもまだまだ、対面でないとカバーできない部分もまだまだ大きいことを実感したりします。

recruit_office

一口にリモートワークといっても様々な場所で活動しています、というご紹介でした。
この記事を読んでギルドワークスと組みたいといったことがありましたら、お気軽にご相談ください。→お問い合わせ