4835354126_834e350d9e_z

ふりかえりに入る前にする2つの質問

現場コーチをやっていると、ふりかえり(例えばKPT)で、いきなり「続けたいこと(Keep)」を出し始めるような場を見かけることがあります。このような場合、往々にしてどこかフワッとしたふりかえりになりがちです。

私は、よく現場コーチでふりかえりをする際に、以下の2つの質問をするようにしています。

ふりかえりに入る前にする2つの質問

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」
2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

この2つの質問を答えも含めて5分程度でサッとやってからふりかえりに入っていきます。
#こういうのも含めて「ふりかえり」と呼ぶ方もいると思います。

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」

前回から今回の間であったことをそれぞれ思い出してもらい、その思い出したもので印象に残っていることを1人1つずつ話してもらいます。例えば「クライアントに動くものを見てもらった」「◯◯機能をリリースした」「残業しなかった」などです。

何があったかを思い出すこでふりかえりのインプットになりますし、それを実際に口にすることで緊張がほぐれたりして後の会話がスムーズになる効果があります。

ふりかえりのインプットとしてを重視するなら、もう少し時間をとり、言葉を出しつつ付箋に書いていく方法もしたりします。

2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

うまくできたかどうかを(いったんは主観で)「5段階評価するとしたら?」と1〜5までを指で表現してもらいます。
これも何があったかを思い出すことでふりかえりのインプットになりますし、場によってはなかなか出しにくい「自分の意思を表明する」ことをやりやすくなる効果もあります。
#「前回から今回の間でなにがありましたか?」とセットでやる場合もあります。

またperfection gameという方法を使うこともあります。
perfection game

この「どうだった?」という評価は、ふりかえりの最後でも使うことができます。
なんとなくTryは出ているけど何かモヤっとすると感じの時に、「これまで話したことやここに出ているTryで、最初に出した5段階評価のポイントは変化しそう?」と聞きます。

こういうちょっとした質問を投げかけることで「Tryをやろう」という気持ちにもなりますし、「これ以外にもっとやってみれば良いTryはないのか?」と見つめなおすことができます。

さらに、ふりかえりなどの場で定期的に表明するこの5段階評価のポイントを記録しておくと、チームがプロジェクトを進めていく中でどのような変化があったか?というのを時系列で見ることもできます。
#この「これでうまくできそう?」という表明はふりかえり以外に何か計画を立てたりするミーティングでも使うことができます。

このようにいきなりふりかえりをするのではなく、ちょっとした質問を投げかけることで、「正しいものを正しくつくる」現場に近づいていくと考えています。

最後に

このような現場コーチの活動を始めとして、ギルドワークスのやっていることに興味を持った方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

このブログでは他にふりかえりのTipsとして以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する
Tipsその6:空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

※参考:「これだけ! KPT」「リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/dpstyles/4835354126/

69821764_66cff01bbb_z

空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

ミーティングがうまく進まないと「正しいものを正しくつくる」ことはできません。

ミーティングがうまく進まない原因として、「議論が見える化されておらず空中戦になる」「参加者に当事者意識を持っておらず発言が少ない」など色々な事象と原因の組合せがあります。その中の1つに「ファシリテーターが議論に入ってしまうことで、場が進まなくなったり、議論の流れを見失ってしまう」というのがあります。

こういうミーティングの時、当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうことでうまくいくことがあります。
#現場コーチがそのままファシリテーターをすることも多いです。

当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうメリット

1:当事者全員が会話、議論に集中することができる

複雑なテーマや考えることが多いテーマの場合、やはりそれぞれの議論に集中し、深く思考する時間、集中力が必要になってきます。一方、ファシリテートも別の視点で高い集中力が必要になってきます。その両方を十分にうまくやることはなかなか難しいことです。

2:アジェンダを考えるようになる

ファシリテーターを別の人に頼むには、その場の目的やアジェンダなどを伝える必要があります。
いきなり何もなくてポンと任されてもファシリテーターも困ってしまいます。

現場コーチをしていると「アジェンダがないミーティング」が時々あります。そういう時は「どういう目的で、何をどんな流れでやろうと考えています?」と当事者からヒアリングをします。その結果、準備が整っていないことや、そもそもミーティングが不要だったことが分かるということもありました。

ですので、ミーティングの準備としてアジェンダを考えるため、ムダな時間の使い方を防ぐこともあります。

3:新しい視線を得られる

当事者以外のファシリテーターはそのテーマに対して当事者達が持っている思い込みから距離が遠いところにいます。それ故、場や議論を俯瞰することができます。
それによって、当事者では見えていない新しい切り口や論点を見つけることができる場合もあります。
岡目八目的な効果です。

また当事者だと厳しいツッコミや指摘を(事情が分かっている故に)躊躇してしまうことがあります。が、当事者以外であれば、そこは空気を読まずに踏み込んでいくことができます。

4:自分のチームに持ち帰ることができる

これはファシリテーター側のメリットですが、別のチームのふりかえりにファシリテーターとして参加した場合、そこでのKPT(特にProblemに対するTry)を自分達のチームに持ち帰り、よりうまくやるためのヒントになります。

今回は、(この「ふりかえり」のTipsシリーズで扱っている)ふりかえりそのものではなく、ファシリテーターのことについて書いてみました。ふりかえりのTipsは以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する

※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/tiarescott/69821764/

13049644443_a75bac1eb2_z

やりたいことができない場合は小さく分解すればいい

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。

皆さんの現場では「ふりかえり」であがったTryはどれほど実行されているでしょうか?

一見良さそうなTryが出て、チームもそのTryに合意しているが、次のふりかえりで聞いてみると実行されていない」という現象を見聞きします。特に手強いProblemに対するTryや、(壮大な遠い目標を掲げた)新しいチャレンジとしてのTryなどはその傾向は強くなります。
このようなパターンの場合、ふりかえりの会話で「◯◯のTryをやろうと思ったのですが、”いろいろ”あってできませんでした…」という会話が出てきます。

このパターンが続くと「結局Tryを出しても何も変わらない」と雰囲気が沈みがちになりチームのパフォーマンスが落ちたり、Problemが解決されず大きな問題が発生するといった悪影響が出てきます。このようなパターンが発生する原因はなんでしょうか?
続きを読む

IMG_1471

実装パターン本やXP本に登場する「価値」とはなんだろう?

ギルドワークスさんとパートナーとして一緒にお仕事させていただいています、木目沢(@pilgrim_reds)と申します。

どちらもKent Beckの著書である、XP本実装パターン本に登場する価値と原則。

その内容については触れられる機会が多いと思いますが、
価値・原則とはそもそも何なのか?という点を考えたいと思います。

特に今回は「価値」に絞って考えてみます。

実装パターン本による「価値」の解説

当初、この記事を書くにあたって、「実装パターン」の価値についてのみ考えるつもりでした。
しかし、「実装パターン」で語られている価値についての説明は、

  • 普遍的で包括的な主題。
  • プログラミング時におけるあらゆる決定を左右する。
  • 価値は(パターンという行動を起こす際の)動機を提供する

ぐらいにしか、解説されておらず、なんとなくわかるのですが、なんとなく曖昧な説明に思えました。

そこで、同じく価値・原則・プラクティス(実装パターン本もパターンのことをプラクティスと言っている箇所があります。)形式で書かれているXP本の方も調べてみました。

XP本における「価値」の解説

XP本にて、価値について説明している箇所を抜き出してみます。

  • (園芸の例えより、剪定のプラクティスを理解するだけでなく、木全体・庭全体を捉える方法を指して)このレベルの知識と理解を価値と呼ぼう。
  • 価値とは、ある状況における好き嫌いの根源にあるものだ。
  • 価値とは、目にするものや考えていることなどを判断するための大きな基準である。
  • 価値は、プラクティスに目的をもたらしてくれる。

実装パターン本よりわかりやすい説明です。さらに、

価値がなければ、プラクティスはすぐに機械的な作業になってしまう

この箇所で理解できました。

実装パターンもXPも多くのプラクティス(パターン)が載っていますが、それらをただ実施するだけでは意味がありません。

例えば、ペアプログラミングを上司を満足させるためだったり、やってみたいからという理由で行っても意味がないということです。

また、コミニュケーションに不満があったり、チームのメンバー間がお互いに無関心といった問題を抱えていたらペアプログラミングというプラクティスが有効かもしれません。(「コミュニケーション」と「リスペクト」はそれぞれXPの価値の一つ)

最後に、実装パターンの価値やXPの価値は「実装パターン」を、または「XP」を方向付けるための価値であって、自分自身や、チーム、会社、またはビジネスのための価値とは必ずしもイコールではないという点に触れておきたいと思います。

これらはXPの原動力となる価値である。組織、チーム、あなた自身が、その他の価値を選択しても構わない。・・・チームがそれらの価値を共有すれば、XPの価値がプラクティスを作り出すのとは違ったやり方で、自分たちのプラクティスを作り出すことができるだろう。

とXP本の価値の章の最後にありました。

逆に言えば、XPや実装パターンの価値とチームの持つ価値が一致していれば、XP本や実装パターンの各プラクティスはチームに大きな力をもたらしてくれるということではないかと思います。

この記事を読んでギルドワークスに興味を持たれた方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください

1573998777_d19fe34cbe_o

エクストリームプログラミング 第二版 でXPに再入門しています。 #xpe2nd

どうも、ギルドワークス 前川です。

さて、皆さんはもうお読みになりましたよね!新訳版エクストリームプログラミング!非常の楽しい本なので、是非皆さんもチェックしていただければと思っています。

XPへの誤解

さて、このようにテンション高く始めてしまいましたが、私は実はXPの旧訳は読んだことがありませんでした。のみならず、XPをテーマにした本自体を、あまり読んでいませんでした。

実は私と同世代くらいの(昭和ギリギリ50年代くらい生まれくらいの)エンジニアには、結構同じ境遇の人、あんまりXPに関する書籍を読んでいない、という方が多いのではないかな?と思ったりしています。

なぜでしょう?それは、私がソフトウェアを本格的に勉強し始めたのと時を同じくして、XPの熱狂は去り、Scrumの波がやってきた、ように見えたのです。

その時、ソフトウェアの入門者を取り囲む空気には、少なからず偏見のようなものがあったと思っています。「XPは技術寄り」「Scrumの方がフレームワークとして定まっているので組織に入れやすい」「XPはスーパーエンジニア向けのもの」など、XPは効果的なんだろうけれど、とても導入が難しいエクストリームなものという言説は、同時いわれていたのではないでしょうか?

ギルドワークスにおけるXP

実はギルドワークスに入ってからも、少なからずこういったイメージを持ってしまっていたのですが、増田さんや市谷さんなど、ギルドワークスのメンバーから、XPの価値原則について、何度も熱く語ってもらいました。

XPといえばどうしても、全員同席テストファーストなどのプラクティスが強調され印象に残ってしまっていたので、XPの価値と原則について、改めて考えなければ、と思っていたのでした。

そんな時にちょうど出版されたのが、新訳版エクストリームプログラミングです。迷わず手を取り、読み始めました。

XPの価値と原則

まず、びっくりしたのは、最初の一文です。

エクストリームプログラミング(XP)とはソーシャルチェンジである。

帯にも書いてあるこの言葉は、本文の最初に出てくる言葉です。

ソーシャルチェンジってなによ?となりますが、あとがきで簡単に触れられています。

XPは必ずしも「社会」を変えるための活動ではない。隣の席にいるプログラマとうまくコミュニケーションしたり、顧客と密接にやりとりしたり、ユーザーが安心して使えるソフトウェアを届けたりする。そうした「人間関係」を扱う活動こそが、エクストリームプログラミングである。

そう、XPのというとバリバリの技術に尖った手法、というイメージを持ってしまっていたのですが、違います。人間関係を、仕事をしやすいよう変えていくのが、XPなのです。

なので、XPの価値には“コミュニケーション”“勇気”といった、人間関係を透明でわかりやすく、話しやすくする仕組みが埋め込まれていますし、原則にも”人間性“や”多様性”など、人間関係を豊かにする活動が詰め込まれています。

プラクティス以前に語られる、こういった価値と原則は、実はギルドワークスの「正しいものを正しくつくる」「越境」といった言葉に非常に密接にリンクしている、ということに遅まきながら気づいたのでした。

私も、皆さんと一緒に、自分の周りを Social Change していきたいと思います!

※アイキャッチの写真 https://flic.kr/p/3p69ZX