FullSizeRender 5

現場コーチの喜び

入社後、現場コーチとしてクライアントの現場に入りはじめ3ヶ月がたちました。

coash_joy1_1
その中で、

感じる嬉しいことがあります。

それは。。。

メンバーの成長!
うまくできなかった事が以前よりうまくやれるようになったり
課題をクリアできたり、ローンチがうまくいったり。
そんな様々な成功体験を積む瞬間に立ち会える事があります。
いわばそれは

「クララが立った!」

の連続です。一歩進めた時は
彼・彼女たちに対して本当に良かった(泣)と温かい気持ちになれますし
その一役を担えてるとしたらこんな嬉しいことはありません。

組織の中でも上司と部下、メンターと新人、チームメンバー同士においてもこういった瞬間に出会うのは同様だと思いますが
「現場コーチ」が入り、課題発見や改善のサイクルが動き始めることで
よりその機会が多くなっていきます。

coach_joy_2

課題があらわになったり、タスクが山のように見えてきて
「大変すぎる、無理だ。。。」
とメンバーが感じたり
大変な事や面倒臭い事も沢山出てきたりしますが、それを
「あー、やだなぁ」
で悶々とするのではなく
「出てきやがったなぁ!!」
と敵をバッサバッサと倒していくかのように
ひとつひとつ乗り越えて皆で勝利を喜びたいものです。

そんな活き活きとした現場を増やしていけるとしたら
これ程ステキなことはありません:)

このような現場コーチの活動を始めとして、
ギルドワークスに興味をお持ちいただいた方はお気軽にお問合せください。

6028684379_5988baf925_b

デジタルとアナログ。「どちらか」ではなく「どっちも」使おう!

デジタルツールは素晴らしい!けれど…

最近、プロジェクトを支えるデジタルの便利なツールが本当に増えています。BacklogJiraなどのプロジェクト管理ツールや、SlackHipChatなどのチャットツールがありますね。

それらは、どんどん高度に、そして使いやすくなっています。Jiraを例に取ると、実際のタスクボードのようなビューでチケットを表現して、それをマウスを使ってドラッグ&ドロップで移動させる、なんてこともできます。


Jiraホームページより抜粋)

他にも、チケットに対応したgitブランチを自動で作ってくれたり、チケットの話題を話すチャットルームを作ってくれたりなど、ツールとの連携によって色々便利な使い方ができるようになっています。

こんな便利な機能を知ってしまうと、アナログのタスクボードを使ったタスク管理ではなく、全てデジタルでやるのが効率が良さそうですよね。

しかし、いざデジタルで運用するとうまくいかない場合が多いです。特によく聞くのが、「情報が更新されない」や「そもそも使ってくれない」という、初期導入に失敗している事例です。

デジタルという新しいツールを使いこなすのは、やはり難しいのです。

アナログツールも、素晴らしい

アナログツールは、その難しさを軽減してくれます。それはアナログツールが持つ、「常にそこにある」「手で書けて、触れられる」「作りやすく、捨てやすい」という特性が、かなり強力だからです。

例えばミーティングで話しているうちに追加のタスクが出てきた時、デジタルツールでは「後で増やしておきます!」となります(が、3回に1回くらいは忘れてしまいます)。

これがアナログだと、その場でタスクカードに追加の情報とともにすぐに書いておくことができます。このようなアクションの「軽さ」は、導入時には非常に重要なのです。

両方使うと、もっといい

とはいえ、冒頭でお話したデジタルツールの機能や、デジタルデータならではの「トレーサビリティの高さ」「メトリクスの取りやすさ」「検索のしやすさ」は、非常に強力です。

ただし、こういった利点を享受するためには、まずはツールを導入し、使いこなせることが大前提となります。

ギルドワークスの現場コーチでは、「どっちも使う」ことがほとんどです。 タスクマネジメントでは、アナログのタスクボードとデジタルのサービスの両方でタスクを管理します。

アナログとデジタルでデータが重複してしまうので、一見効率が悪いように感じるかもしれません。しかし、これらは同じ情報に対して異なる見方になるため、うまく共存できるのです。

例えば、目で見る日々のタスク管理にはカンバンを、細かい情報の蓄積にはデジタルツールを、というように、同じ情報でも、アナログとデジタルで注目するポイントは変わってくるでしょう。

このように、アナログとデジタルを「同時に使う」ことも、現場で考えてはいかがでしょうか?

また、このような悩みをギルドワークスに相談したいという方は、是非お問い合わせ下さい

Photo credit: AnxiousNut via VisualHunt.com / CC BY-SA

4835354126_834e350d9e_z

ふりかえりに入る前にする2つの質問

現場コーチをやっていると、ふりかえり(例えばKPT)で、いきなり「続けたいこと(Keep)」を出し始めるような場を見かけることがあります。このような場合、往々にしてどこかフワッとしたふりかえりになりがちです。

私は、よく現場コーチでふりかえりをする際に、以下の2つの質問をするようにしています。

ふりかえりに入る前にする2つの質問

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」
2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

この2つの質問を答えも含めて5分程度でサッとやってからふりかえりに入っていきます。
#こういうのも含めて「ふりかえり」と呼ぶ方もいると思います。

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」

前回から今回の間であったことをそれぞれ思い出してもらい、その思い出したもので印象に残っていることを1人1つずつ話してもらいます。例えば「クライアントに動くものを見てもらった」「◯◯機能をリリースした」「残業しなかった」などです。

何があったかを思い出すこでふりかえりのインプットになりますし、それを実際に口にすることで緊張がほぐれたりして後の会話がスムーズになる効果があります。

ふりかえりのインプットとしてを重視するなら、もう少し時間をとり、言葉を出しつつ付箋に書いていく方法もしたりします。

2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

うまくできたかどうかを(いったんは主観で)「5段階評価するとしたら?」と1〜5までを指で表現してもらいます。
これも何があったかを思い出すことでふりかえりのインプットになりますし、場によってはなかなか出しにくい「自分の意思を表明する」ことをやりやすくなる効果もあります。
#「前回から今回の間でなにがありましたか?」とセットでやる場合もあります。

またperfection gameという方法を使うこともあります。
perfection game

この「どうだった?」という評価は、ふりかえりの最後でも使うことができます。
なんとなくTryは出ているけど何かモヤっとすると感じの時に、「これまで話したことやここに出ているTryで、最初に出した5段階評価のポイントは変化しそう?」と聞きます。

こういうちょっとした質問を投げかけることで「Tryをやろう」という気持ちにもなりますし、「これ以外にもっとやってみれば良いTryはないのか?」と見つめなおすことができます。

さらに、ふりかえりなどの場で定期的に表明するこの5段階評価のポイントを記録しておくと、チームがプロジェクトを進めていく中でどのような変化があったか?というのを時系列で見ることもできます。
#この「これでうまくできそう?」という表明はふりかえり以外に何か計画を立てたりするミーティングでも使うことができます。

このようにいきなりふりかえりをするのではなく、ちょっとした質問を投げかけることで、「正しいものを正しくつくる」現場に近づいていくと考えています。

最後に

このような現場コーチの活動を始めとして、ギルドワークスのやっていることに興味を持った方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

このブログでは他にふりかえりのTipsとして以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する
Tipsその6:空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

※参考:「これだけ! KPT」「リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/dpstyles/4835354126/

69821764_66cff01bbb_z

空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

ミーティングがうまく進まないと「正しいものを正しくつくる」ことはできません。

ミーティングがうまく進まない原因として、「議論が見える化されておらず空中戦になる」「参加者に当事者意識を持っておらず発言が少ない」など色々な事象と原因の組合せがあります。その中の1つに「ファシリテーターが議論に入ってしまうことで、場が進まなくなったり、議論の流れを見失ってしまう」というのがあります。

こういうミーティングの時、当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうことでうまくいくことがあります。
#現場コーチがそのままファシリテーターをすることも多いです。

当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうメリット

1:当事者全員が会話、議論に集中することができる

複雑なテーマや考えることが多いテーマの場合、やはりそれぞれの議論に集中し、深く思考する時間、集中力が必要になってきます。一方、ファシリテートも別の視点で高い集中力が必要になってきます。その両方を十分にうまくやることはなかなか難しいことです。

2:アジェンダを考えるようになる

ファシリテーターを別の人に頼むには、その場の目的やアジェンダなどを伝える必要があります。
いきなり何もなくてポンと任されてもファシリテーターも困ってしまいます。

現場コーチをしていると「アジェンダがないミーティング」が時々あります。そういう時は「どういう目的で、何をどんな流れでやろうと考えています?」と当事者からヒアリングをします。その結果、準備が整っていないことや、そもそもミーティングが不要だったことが分かるということもありました。

ですので、ミーティングの準備としてアジェンダを考えるため、ムダな時間の使い方を防ぐこともあります。

3:新しい視線を得られる

当事者以外のファシリテーターはそのテーマに対して当事者達が持っている思い込みから距離が遠いところにいます。それ故、場や議論を俯瞰することができます。
それによって、当事者では見えていない新しい切り口や論点を見つけることができる場合もあります。
岡目八目的な効果です。

また当事者だと厳しいツッコミや指摘を(事情が分かっている故に)躊躇してしまうことがあります。が、当事者以外であれば、そこは空気を読まずに踏み込んでいくことができます。

4:自分のチームに持ち帰ることができる

これはファシリテーター側のメリットですが、別のチームのふりかえりにファシリテーターとして参加した場合、そこでのKPT(特にProblemに対するTry)を自分達のチームに持ち帰り、よりうまくやるためのヒントになります。

今回は、(この「ふりかえり」のTipsシリーズで扱っている)ふりかえりそのものではなく、ファシリテーターのことについて書いてみました。ふりかえりのTipsは以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する

※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/tiarescott/69821764/

5584726286_7ac50f6073_b

心の中に火をつけよう!

かわせです。

雨の日が続いてますが、皆さんお元気でしょうか?

かわせは、熱く燃えております。

私の仕事は何か。それを表す「肩書き」がまだ決まっていなかったのですが、
その道のプロに相談しまして、自分の中に秘めていた言葉を引き出していただきました。

その結果、見つかった肩書きが「ビジネス界の松岡修造」です。

「熱くなれよ!」で、有名な松岡修造さんにあやかって、
(氏を説明する必要はもはやないですよね。)この道を極めて行こうと心に決めました。

なぜ?そう思ったのか。

普段、メンター・ティーチングアシスタント・コーチなど
さまざまな呼び名で現場に入っていますが、言葉の意味を紐解いてみても、
現場ごとに主催側から期待される「私の価値」は、様々です。

それらの期待にお応えすることはもちろん重要なことなのですが、
私が最も力を入れてきたことは「前進しようとはしている。」
だけど、「いまいち踏み込めない。」そんなチームに伴走し、
結果を共に追い求める中で、奮い立ってもらおうということでした。

「奮い立つ」という言葉を使いましたが、現場に必要なコトは、
知識よりもアイディアよりも、「もっと熱くなろう。」という思いの部分こそ
最も必要なんだということが過去を振り返ってみるととても多く、
ビジネス界の松岡修造さんというフレーズには「ピン」と来るものがあったのです。

意識をはじめて変わったこと。

自分の中の「松岡修造」さんを意識して、
現場に入ってみたところ、早速、よい感触が掴めはじめています。

まず。効果が見えてきたのは私自身でした。
普段、何気に隠すこともある「熱い心」を蓋する部分が
開けやすくなったようで、自然と力が入るのです。

次に、現場で効果が見えてきました。

普段は関係性を十分構築できてから「熱くなる」ことが
とても多かったのですが、私が熱くなることで、現場の人が着火する感じ
「ノって来る感じ」が、いつもよりはやくなる。という経験も出来ました。

今後、やっていくこと

今のスタンスで本当によいのか、まだまだ、わからないところはあります。
ただ、この「仮説」が正しいものなのか、さらに現場でトライすることで結果は見えてくるはず。
「心の中に火をつける」、そんなことを本気で考えた暑苦い自分を、
現場でもっともっと出して行こうと思います。

機会は多ければ多いほど良いので、
今、チームに必要なことはそれなんだよ!是非、気持ちに火をつけて欲しい。
そう思われた方は、是非、ご相談ください!!

(追伸)
こんな熱さに燃えている私なので、現場に突然ラケットを持って現れても驚かないでください。
(本人、至って本気ですから!)

29913_normal_1439796740___________________________________________

現場・組織を改善する現場コーチのやり方をより深くお伝えします

ギルドミートアップ!〜現場コーチミートアップ〜という少人数によるミートアップを8月25日(火) 19:00から開催します。
あまり日がない中ですが、興味がある方はお越しください!

なにそれ?

10名程度の少人数でギルドワークスの現場コーチの事例をお話し、また皆さんの現場の課題の解決のヒントやアクションするきっかけをつかむため、ギルドワークスの現場コーチを始め皆様で話し合うカジュアルな場です。

以下、募集サイトより

どんな組織、現場にも必ず課題は存在します。
その課題は現場自身で対処し解決できることもありますが、現場の力だけでは難しい、解決できるとしても時間がかかりすぎる課題もあります。

また別の組織では「目標に向かって突き進みたいが、何かの重力が足を引っ張っている」と感じているかもしれません。

そのような時にギルドワークスの「現場コーチ」は価値をもたらすことができます。
「現場コーチ」は現場の方々と一緒になってチーム、組織の改善に取り組みます。
また現場の制約(=重力)に縛られず、独自の視点より改善案を提示し、実施していきます。

この中で現場は自律的に考え、動くようになってきます。

ギルドワークスでは、「現場コーチ」としてこのような現場、組織の改善に取り組んできました。

なぜやるの?

先日の開発者ギルドカンファレンス2015のセッション【現場コーチから見えてきた越境する現場の3つの特徴】冒頭で「”現場コーチ”という役割を知っている人?」と聞いたところ70人の参加者のうち、10人程でした。

セッションでは、現場コーチがもたらす価値、実施するアクション、考えていることをお話しましたが、より多くのことを知っていただきたいと思ったからです。

一方で、現場ごとの背景などのコンテキストがあり、セッションだけでは伝わりきらないこともあります。
このミートアップでは、このようなコンテキストを共有した上で、どのような選択肢を考え、なぜその道具やアクションを取ったのか?といった踏み込んだお話も少人数のミートアップだからこそできると考えています。

どんな人に来て欲しいの?

  • 現場改善の必要性を感じているが、その時間がない経営者、管理職の皆様
  • 自分の現場をより良い方向にしていきたいが、うまくできず悩んでいる方
  • 自分の現場で「現場コーチ」のようなことをされている方
  • 「現場コーチ」というロールに興味のある方

このような方であれば、良い時間になると思いますのでぜひギルドミートアップ!〜現場コーチミートアップ〜にお越しください!

「当日のミートアップには参加できないが、現場コーチを始めとして、ギルドワークスのやっていることに興味を持った」という方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。