sunset-ocean-sea-sunrise

2016年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しく御願い致します。

昨年も瞬く間の一年となりました。この一年、お客様の新規事業や新規サービスの企画開発に邁進すると共にいくつかの取り組みも行いました。

一つは、仮説検証とMVP(minimum viable product)に焦点をあわせたコンテンストMVPアワードの開催。ソフトウェアの開発コンテストから一歩出て、検証すべき仮説の設定とその検証のためのMVPの構想、具現化を表彰するという内容のものでした。仮説検証とプロダクト開発の一体化を標榜する者達として、何を大事にしていきたいかという自分たちの意思も表すイベントでもありました。

次に、開発者ギルドカンファレンス。1年半どういった人たちで、どんな考えの下、何をしてきたのか初めて成果発表を行いました。多数の方に参加頂きました。ソフトウェアを必要とする人、つくる人、その役割の境界を越えるだけではなく、サービス作りという未開の地へ共に踏み越えていくんだという「越共」を掲げました。この機会に、まさに越共するお客様や仲間に出会うことができました。

三つ目に、発火ワークスHackCamp様と共に立ち上げたサービスです。アイデアソン、ハッカソンの仕組みをHackCamp様が担い、その後の仮説検証+プロダクト開発をギルドワークスが担うことで、アイデアの種をつくるところから、育てるところまで一気にできるようにする。これもまた越共の形の一つです。HackCamp様との越共、発火ワークスを通じて出会う方々との越共。

2016年も、いくつか企図を準備しています。面白そう、興味があると感じられるものがあればぜひ関わりを頂きたいと思いますし、私たちの方からも積極的に巻き込みにいきます。

さて、こうした活動を通じて、私たちが果たしたいこととは何か、どうありたいのかをまとめて、2016年の挨拶を締めくくりたいと思います。

ギルドワークスは、そのミッションとして、正しいものを正しくつくるを掲げています。常日頃様々な言葉を探し、使っていますが、私たちがその存在意義をどこに置くか突き詰めた際に残る言葉は「正しいものを正しくつくる」です。

何か絶対的な正しさがあるという前提に立てるわけではありませんし、それは危うさと隣合わせです。何かしら持っている課題を解決したい人たちが何を必要とするのかは状況、文脈に依ります。

ゆえに「間違ったものを作らない」を重ねる中で、関係者とともに向かうべき方向を探し続ける必要があります。私たちはそのための技能を提供していきます。そして、「正しいものと正しくつくる」を支える基本的な行動指針に越境を置いています。

最後に。ギルドワークスのビジョンに「世界の風景を変えていく」を描いています。正しいものを正しくつくるの先にあるのは、それぞれのプロダクトによってもたらされる成果。それは誰かの生活の変化だったり、習慣の変化、新たな行動の誘発であったりします。

結果として、日常の風景は変わるはずです。世界というと大きく聞こえますが、大小の話ではありません。世界の端っこからでも良い、誰かの見える風景が変わること、そして私たちも同じように変わる様を見たいという思いです。

2016年も、なにとぞ宜しく御願い致します。

ギルドワークスを代表して 市谷 聡啓

Photo via Visual Hunt