https://www.flickr.com/photos/drachmann/327122302/

プロジェクトを始める際に問うべき6つの項目

ギルドワークスの市谷です。

先日、関係者とともにMVPアワードの一次選考の最終検討を行っていました。はじめてのアワードに関わらず、多数の応募を頂きました。興味深い切り口の課題を扱ったもの、すでに仮説の検証が終わっているもの、充実したMVP、少し変わった技術の活用、多種多様な内容でした。ご応募頂きありがとうございました。

今回のアワードでは、アイデアを説明する道具の一例としてリーンキャンバスを挙げ、多くの皆さんに書いて頂きました。リーンキャンバスとは「Running Lean」という書籍で紹介されている、検証すべき仮説を整理するための一枚絵です。ビジネスモデルキャンバスの流れを組んでおり、より仮説を練ることに適したキャンバスのため、ギルドワークスでもちょっとアイデアが浮かんだら、キャンバスを書くという使い方をしています。一枚で内容がまとまるため、仮説を誰かに伝える際にも分量が多くなりすぎることがなく、読み手にとっても負担が少なく、重宝します。そのような点で、今回のアワードでも皆さんに書いて頂くことを推奨致しました。

こうしたサービスの仮説を考える際に役に立つキャンバスですが、クライアントワークでも一部を用いることがあります。プロジェクトやプロジェクトの期間を越えて、「お客様に何ができるのか」「お客様とどうありたいのか」という考えを整理することにも、有効です。

①顧客 => 今回のプロジェクトのお客様。どのような状況にあるのか。

②課題 => お客様の課題は何か。今回のプロジェクトでは何を解決したいのか。

③価値提案 => ギルドワークスとして何が提供できるのか。どういった点で値打ちを出せるのか。

④ソリューション => 値打ちを出すために具体的に提供する手段は何か。

⑤圧倒的優位性 => 他ならぬ自分たちが関与することの(お客様にとっての)メリットとは何か。

⑥主要な評価指標 => どのような点を達成すれば今回の目的を果たせそうか

たった6つの項目ですが、強力です。現状分かっていることを可視化することはそれほど時間がかからないと思います。書き出してみて、もし書き出せないところ、しっくりこないところが出てきたら、これから何を考えるべきか、何をやるべきか自ずと見えてくる次第です。

最後に、MVPアワードですが6月中旬には最終結果を出す予定です。その後、表彰結果について公開致します。今後もMVPアワードは開催していく予定ですので、その折には皆様のご応募をお待ちしたいと思います。

また、この記事を読んでギルドワークスに興味を持たれた方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。