「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました

2016年1月20日(水)に渋谷co-ba shibuyaで「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました。

ヌーラボ中村知成さんと私の両「中村」がお話をしました。
参加していただいた30人近くの皆さん、渋谷co-ba shibuyaのスタッフの方、ありがとうございました。
#参考:このイベントの予告

IMG_0369-1024x588

Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの

中村知成さんは「Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの」というお話でした。

CZKFVWgUEAA2Udg

印象的だったのは、ユーザーの声があるから機能を追加するのではなく、その声の背後にある思いを汲みとって本当に必要なものを解決することにすごく向き合っているということでした。

Backlogの機能追加へのこだわりは数年前から知ってはいましたが、今回の中村さんのお話を聞いてあらためて感じました。

プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話

私は「プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話」の中で、これまでプロジェクト管理ツールを自分で使ったり、現場コーチ先の現場で使っている経験から得た知見の一部をお話しました。

IMG_0374-1024x585

示し合わせたわけではなかったのですが、どちらの話も「なぜが大事」というメッセージが含まれていました。ヌーラボ中村さんは、ツールに「なぜ、その機能を追加して欲しいという声があるのか?」とお話し、私は「そのツールを使うことで改善した現場の問題はなにか?なぜその問題が起こっているのか?」と。

後半はビール片手に

IMG_1395

セッションの後ではサンドイッチ、ビールと共に参加者の皆様とディスカッションをしました。みなさんに書いてもらった付箋ではBacklogユーザーが多かったようですが、Backlogにかかわらずプロジェクト管理ツールでよくあるような悩みもたくさん出ておりました。
それぞれの現場の状況次第ではありますが、私なりに現場コーチのこれまでの知見を踏まえ伝えることができたかと思います。
また「ちょっと現場を見て、悩みや課題を聞いて欲しい」とお声がけをいただきました。

このようなイベントは今後もいろいろ開催する予定ですので、お会いできるのを楽しみにしています。
また、イベント以外でももちろん直接お伺いすることもできますので、お気軽にご連絡ください。

デジタルとアナログ。「どちらか」ではなく「どっちも」使おう!

デジタルツールは素晴らしい!けれど…

最近、プロジェクトを支えるデジタルの便利なツールが本当に増えています。BacklogJiraなどのプロジェクト管理ツールや、SlackHipChatなどのチャットツールがありますね。

それらは、どんどん高度に、そして使いやすくなっています。Jiraを例に取ると、実際のタスクボードのようなビューでチケットを表現して、それをマウスを使ってドラッグ&ドロップで移動させる、なんてこともできます。


Jiraホームページより抜粋)

他にも、チケットに対応したgitブランチを自動で作ってくれたり、チケットの話題を話すチャットルームを作ってくれたりなど、ツールとの連携によって色々便利な使い方ができるようになっています。

こんな便利な機能を知ってしまうと、アナログのタスクボードを使ったタスク管理ではなく、全てデジタルでやるのが効率が良さそうですよね。

しかし、いざデジタルで運用するとうまくいかない場合が多いです。特によく聞くのが、「情報が更新されない」や「そもそも使ってくれない」という、初期導入に失敗している事例です。

デジタルという新しいツールを使いこなすのは、やはり難しいのです。

アナログツールも、素晴らしい

アナログツールは、その難しさを軽減してくれます。それはアナログツールが持つ、「常にそこにある」「手で書けて、触れられる」「作りやすく、捨てやすい」という特性が、かなり強力だからです。

例えばミーティングで話しているうちに追加のタスクが出てきた時、デジタルツールでは「後で増やしておきます!」となります(が、3回に1回くらいは忘れてしまいます)。

これがアナログだと、その場でタスクカードに追加の情報とともにすぐに書いておくことができます。このようなアクションの「軽さ」は、導入時には非常に重要なのです。

両方使うと、もっといい

とはいえ、冒頭でお話したデジタルツールの機能や、デジタルデータならではの「トレーサビリティの高さ」「メトリクスの取りやすさ」「検索のしやすさ」は、非常に強力です。

ただし、こういった利点を享受するためには、まずはツールを導入し、使いこなせることが大前提となります。

ギルドワークスの現場コーチでは、「どっちも使う」ことがほとんどです。 タスクマネジメントでは、アナログのタスクボードとデジタルのサービスの両方でタスクを管理します。

アナログとデジタルでデータが重複してしまうので、一見効率が悪いように感じるかもしれません。しかし、これらは同じ情報に対して異なる見方になるため、うまく共存できるのです。

例えば、目で見る日々のタスク管理にはカンバンを、細かい情報の蓄積にはデジタルツールを、というように、同じ情報でも、アナログとデジタルで注目するポイントは変わってくるでしょう。

このように、アナログとデジタルを「同時に使う」ことも、現場で考えてはいかがでしょうか?

また、このような悩みをギルドワークスに相談したいという方は、是非お問い合わせ下さい

Photo credit: AnxiousNut via VisualHunt.com / CC BY-SA

Backlog-GuildWorksの集いでプロジェクト管理ツールのことを考えてみませんか?

みなさんの現場ではBacklogRedmineJIRAといったプロジェクト管理ツールを使っているでしょうか?

そんなプロジェクト管理ツールの1つであるBacklogを開発、提供しているヌーラボさんと「Backlog-GuildWorksの集い #1」を共催します。

続きを読む

2016年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しく御願い致します。

昨年も瞬く間の一年となりました。この一年、お客様の新規事業や新規サービスの企画開発に邁進すると共にいくつかの取り組みも行いました。

一つは、仮説検証とMVP(minimum viable product)に焦点をあわせたコンテンストMVPアワードの開催。ソフトウェアの開発コンテストから一歩出て、検証すべき仮説の設定とその検証のためのMVPの構想、具現化を表彰するという内容のものでした。仮説検証とプロダクト開発の一体化を標榜する者達として、何を大事にしていきたいかという自分たちの意思も表すイベントでもありました。

次に、開発者ギルドカンファレンス。1年半どういった人たちで、どんな考えの下、何をしてきたのか初めて成果発表を行いました。多数の方に参加頂きました。ソフトウェアを必要とする人、つくる人、その役割の境界を越えるだけではなく、サービス作りという未開の地へ共に踏み越えていくんだという「越共」を掲げました。この機会に、まさに越共するお客様や仲間に出会うことができました。

三つ目に、発火ワークスHackCamp様と共に立ち上げたサービスです。アイデアソン、ハッカソンの仕組みをHackCamp様が担い、その後の仮説検証+プロダクト開発をギルドワークスが担うことで、アイデアの種をつくるところから、育てるところまで一気にできるようにする。これもまた越共の形の一つです。HackCamp様との越共、発火ワークスを通じて出会う方々との越共。

2016年も、いくつか企図を準備しています。面白そう、興味があると感じられるものがあればぜひ関わりを頂きたいと思いますし、私たちの方からも積極的に巻き込みにいきます。

さて、こうした活動を通じて、私たちが果たしたいこととは何か、どうありたいのかをまとめて、2016年の挨拶を締めくくりたいと思います。

ギルドワークスは、そのミッションとして、正しいものを正しくつくるを掲げています。常日頃様々な言葉を探し、使っていますが、私たちがその存在意義をどこに置くか突き詰めた際に残る言葉は「正しいものを正しくつくる」です。

何か絶対的な正しさがあるという前提に立てるわけではありませんし、それは危うさと隣合わせです。何かしら持っている課題を解決したい人たちが何を必要とするのかは状況、文脈に依ります。

ゆえに「間違ったものを作らない」を重ねる中で、関係者とともに向かうべき方向を探し続ける必要があります。私たちはそのための技能を提供していきます。そして、「正しいものと正しくつくる」を支える基本的な行動指針に越境を置いています。

最後に。ギルドワークスのビジョンに「世界の風景を変えていく」を描いています。正しいものを正しくつくるの先にあるのは、それぞれのプロダクトによってもたらされる成果。それは誰かの生活の変化だったり、習慣の変化、新たな行動の誘発であったりします。

結果として、日常の風景は変わるはずです。世界というと大きく聞こえますが、大小の話ではありません。世界の端っこからでも良い、誰かの見える風景が変わること、そして私たちも同じように変わる様を見たいという思いです。

2016年も、なにとぞ宜しく御願い致します。

ギルドワークスを代表して 市谷 聡啓

Photo via Visual Hunt

ギルドワークスの3つの事業の未来を描く合宿

普段リモートワークをやっているギルドワークスでは、2、3ヶ月に一度を合宿を行っています。
これまでの合宿の様子はギルドワークスの合宿風景ワイガヤミーティング-自分達のことを語り合う場-などを御覧ください。

合宿場

2015年最後の合宿を12月も押し迫った先日の日曜、月曜に行いました。
場所は何度もお世話になっている味な宿 静観荘です。
ここは周りが閑静で、和室でゆっくり話せ、何よりご飯が美味しいので、よく利用させてもらっています。
20151221_072237

20151220_131715

20151220_131800

どんな話をしたか?

ギルドワークスでは大きく3つの事業があります。
1つは「正しいものを探索する価値探索」。
もう1つは「正しくつくる開発」。
最後は「正しいものを正しくつくる現場を増やす現場コーチ」です。

この合宿では、ギルドワークスのそれぞれの事業のあるべき理想像、そこに至るまでに様々な課題を洗い出し、その課題をどうやって倒していこうと思っているのか?という点で色々議論をしました。
このような議論になった際に「過去がどうだったか?」にこだわるあまり未来に目が向かない場合もあります。しかし、ギルドワークスの合宿では、過去は「未来を良くするための学び」という感覚であり、その学びを未来の作戦に向けてどう活かしていくか?という姿勢がとても強く出ます。

夜は、美味しいご飯、お酒と共に、この1年で仲間になった4人を中心に「ギルドワークスで実際に一緒にやってみて」という切り口での感想などを話しあったりしました。
思えば4人で立ち上げたギルドワークスも2倍以上の9人になっていました。

20151220_183226

20151220_183303

20151221_072929

翌日は「価値探索カンファレンス」

翌日は朝ごはんを食べ、個人の目標を共有した後、東京都内に取って返し「価値探索カンファレンス」を開催しました。
こちらには平日昼間にかかわらず20人強の方参加いただき、また終わった後も色々と質問をいただきました。この価値探索カンファレンスでの話の詳細はそれぞれ発表したメンバーが順次ブログにアップする予定です。

このような感じで普段はリモートワークをしながらも、時に合宿をして膝を突き合わせ「正しいものを正しくつくる」ことを実現しようとしているギルドワークスに興味を持たれた方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

Photo via VisualHunt.com

ギルドワークスに入社しました。

この度、11月に入社しました岩本です。

みなさまはじめまして、なので

  • 私が今まで何をしていたか
  • 私が大事にしていること
  • なぜギルドワークスなのか

をお話ししようと思います。

今まで

自社製品開発や受託開発のプロマネをやっていました。

規模や期間は長く、1年を超えるプロジェクトを多くやっていましたが、従来のウォーターフォール開発ではうまくいかないことを何度も経験しましたね。

プロジェクトに限らずですが私自身肝に命じている言葉があります。

「今まで出来なかったことは、やり方を変えない限りできない。」(スミセイ情報システム 小浜さん)

これ、ずしっと来ませんか?

ほんとにそうで、ぐぅの音もでない。

要は変える努力をしてますか?向き合ってますか?ということだと思うんです。

そんな思いで「何か変えなければ!」と模索していた頃アジャイルに出会い、自プロジェクトにアジャイルを導入することにひたすらトライし続けていました。

大事にしている事

「どうせやるなら○○で」

  • どうせやるなら 効率的に
  • どうせやるなら 新しい事を覚える、試す
  • どうせやるなら 楽しく
  • どうせやるなら 喧嘩してでもいいものを
  • どうせやるなら 失敗しても起き上がって学ぶ
  • どうせやるなら カッコよく
  • どうせやるなら 美しく

あげればきりがないですが、そういうことです。

二度と同じ経験ができない中で、いかにいっぱい得るか。どうせやるなら、”ただ” やるだけでは人生損です。

そしてその中で最も大事にしているのは「美しく」ということ。

これは、設計然り、コード、プロセス、プロダクト、チーム、全てにおいて目指すべき大事な事です。

正しいから美しいんじゃないの?

あるとき、代表の市谷から言われた事です。

ギルドワークスは「正しいものを正しくつくる」をミッションに掲げています。

「正しいから美しい」に妙に納得、バチっとあっちゃったんですね。

「どうせやるなら自分が正しいと思える、正しいことができるところで。」と入社に至りました。

これから、改善する楽しさや仕事から精一杯何かを得てやれ!というスタンスを現場コーチを通して感染させていきます!

そんなミッションを真摯に対応するギルドワークスに興味が湧いた方は「ギルドワークスと組む」などを見ていただき、お気軽にお問い合わせください。

ワイガヤミーティング-自分達のことを語り合う場-

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。

先日、全員鎌倉に集まり「ワイガヤミーティング」をやりました。

「ワイガヤ」とは?
立場の相違にかかわらず同じ組織に属する者たちが気軽に「ワイワイガヤガヤ」と話し合うこと。本田技研工業株式会社が提唱した言葉で、仕事・プライベートのどちらでもない職場での多人数による会話のことを指す。同社に限らず日本組織の特徴的なものともされており、仕事の仲間同士で突然発生し、周りの人たちを巻き込み進行する。テーマは会社の人間関係・仕事への不満などから、仕事とまったく関係ない話まで雑多。単なる時間の浪費か、仕事に発展的に役立つものかとの点で見解が分かれている。

コトバンク> 知恵蔵mini

なぜやったのか?

ギルドワークスは普段はリモートワークですが、2、3ヶ月に一度は合宿をやっています。その上でさらに何をやるのか?と思う方もいるかもしれませんが、このワイガヤミーティングでは自分達の話を語ることにしました。

先にあげた合宿では「ギルドワークスの事業どうしていくか?その戦略は?」「ギルドワークスが成し遂げるためにどんなアクションを取るか?」「ギルドワークスらしい新しいサービスは?」などの話がメインで、自分のことを伝え合う時間は(ドラッカー風エクササイズなどをやったものの)あまり取りませんでした

この11月でギルドワークスを立ち上げた時から2倍以上の9人になることもあり、改めて「自分のことについて伝え合う時間」が必要と考えました。

どんなことをやったの?(1日目)

週末の仕事を終えた各々が鎌倉に集結し、美味しい食事とお酒でイイ感じになった雰囲気の中、「お互いに感謝の言葉を伝える」ことをやってみました。

いきなり「みんなに感謝の言葉を言いましょう」といっても出てこないので、ちょっとしたアクティビティに仕立ててやってみました。
※参考:「感謝の言葉を伝える」ワークショップ

それぞれ手元に集まった仲間からの感謝の言葉を嬉しそうに見て、写真に撮ったり、「誰の言葉が一番嬉しいか」などを語り合っていました。
感謝の言葉

日常の現場で(仕事をやることで)「ありがとう」と言われることはあっても、「◯◯さんの△△というところ」に対して「ありがとう」と言ったり、言われることはあまりないことだと思います。
思っている以上に嬉しいものですし、意外な言葉をもらえたりするので、やってみることをオススメします。

どんなことをやったの?(2日目)

2日目は朝早くから鎌倉の宿に集まり、順番にカードを引き、そこに書いているテーマについて(5分程)しゃべるというのをやりました。
#(バラエティ番組の)「ごきげんよう」方式

「一番好きな名言」「今でも忘れない案件でカッとなった出来事」「自分のバイブル」「エモい話」「明日会社がなくなったら何をする?」といったものがテーマとして書かれていて、「そんなことがあったんだ」「そういう考えなんだ」というこれまで知らなかった多くのことを知ることができました。
20151024_113218

ひとしきり話した後は、湘南の海が見える場所で(またごきげんよう方式をやりながら)バーベキューをして、「ワイガヤミーティング」は幕を閉じました。

やったどうだったか?

やって良かった」というのが率直な感想です。

ギルドワークスでは「何をするかも大事だが、誰とするかがもっと大事」という話をしています。
その共に歩み、背中を預ける「誰か」のことを知ることで、より「正しいものを正しくつくる」ことに近づけると感じました。

こんなギルドワークスに興味が湧いた方は「ギルドワークスと組む」などを見ていただき、お気軽にお問い合わせください。