https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MIYAKO85_uchiagerareta20140726-thumb-1000xauto-17338

リモートワークなのに時間がないってどういうこと?

ギルドワークスさんとパートナーとして一緒にお仕事させていただいています、木目沢(@pilgrim_reds)と申します。

ギルドワークスさんの特徴の一つに「リモートワークが可能」というのがあり、私自身もリモートワークで普段お世話になっています。作業場所は主に自宅です。

自宅で仕事していると言うと大抵、「誘惑が多くて大変じゃない?」と聞かれますが、あまりテレビ見る習慣もなく、ゲームもしないし、漫画もあまり持っていないので誘惑に負けてというのは幸いあまりありません。

むしろ、大変なのは「時間がない」ということでしょうか?
なんていうと、「通勤もないし時間なんてたっぷりあるでしょ!」と突っ込まれそうですが、実はリモートワーク特有(?)の「時間がない」問題というのがあるのです。

今回はこの問題について、『いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学』という本を引用しつつ紹介したいと思います。

トンネリング

どこで仕事をしても当然、仕事量は変わりません。
むしろ、通勤がない分その時間まで仕事にまわせてしまうという状況も作れてしまいます。
仕事に遅れが生じれば当然、空いた時間も使って集中して取り組む必要があります。

このような時間がない状態のとき、「トンネリング」という現象が起きると上記の本では解説されています。

「トンネリング」とは時間がないなか一つのことに集中しすぎて、他のことが見えなくなる現象のことです。
会社は仕事のみをする場なのでトンネリングが起こっても問題になりにくいですが、家でトンネリングが起きると生活に多大な影響が起きます。

家で仕事をする場合と会社と仕事をする場合の一番の違いは、「生活と仕事が隣りあわせ」なことです。

そんななかトンネリングが起きると、家事をしなくなる、食事をしなくなる、深夜まで仕事してる、家族の話を聞かなくなる、部屋に引きこもる、運動しなくなる、ものを片付けなくなる・・・などなど大変な状況になります。一日家にいるのにこんな状況なかなか厳しいと思いませんか?

ジャグリング

問題はもう一つ。

トンネリングが続くと、先送りにした仕事以外のことは積み重なったり、その場しのぎで緊急に片つけた問題が、別の新しい問題を産んだりしてさらに時間がない状態になるのです。

例を挙げると、仕事に集中してお風呂を沸かすのを忘れてしまい、深夜になってトンネルから抜け出したときにやっと気付きお風呂を沸かす。そのあとお風呂に入って寝る頃にはすでにド深夜。
結果、次の日は寝不足で、パフォーマンスも落ち、失敗続きでさらに時間がなくなっていく・・・
という具合です。

緊急の課題を次から次へとなんとかやりくりしていく様子からこのことを本書ではジャグリングと読んでいます。

解決するには

本書ではこれらの問題を解決すべくいろいろな提案をしてくれています。
今回はこのなかから2つほど紹介しましょう。

トンネルの中に入れる
健康のためにジョギングの習慣を取り入れたいけど、トンネリングが続くと他のことに押しのけられ、やらなくなる。
そこでマラソン大会に申し込む。締め切りができたことで走る必要性が生まれるのでトンネルの中に入ることになり、やらざるを得なくなる。

「何もしない」という予定を入れる
時間が欠乏すると突然割り込んできた課題に対応できない。そしてさらにトンネリングにはまっていく。。。ということを防ぐため予め「何もしない」という予定をいれておく。

などなど、他にもこの本にはリモートワークのための本ではない(行動経済学という学問の本です)のですが、役に立つ情報が多く紹介されています。

リモートワークをされているみなさんにおすすめの一冊です。

この記事を読んでギルドワークスに興味を持たれた方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください

student-typing-keyboard-text-woman-startup

これから先の働き方を考えよう

あけましておめでとうございます。
武田です。

新年早々、竹中平蔵氏の「正社員をなくしましょう」発言が賛否両論巻き起こっているようですが、今年もワークスタイル関連のトピックは色々と盛り上がりそうです。

多少乱暴な部分があることも否めないものの、グローバル化やリモートワークの環境が整いつつある中、同一労働同一賃金の流れは止めようがないと個人的には考えています。直近でも日立やデンソーなどの大手企業では世界基準で人材データベースを統合し評価基準を統一するなど、大きなうねりが生まれていることを強く感じます。

続きを読む