価値探索 × プロダクト開発 -ギルドワークス事例発表- in 大阪 を開催しました

ギルドワークス 前川です。 2/26(金)に、「価値探索 × プロダクト開発 -ギルドワークス事例発表- in 大阪」と題しまして、『価値探索』と『プロダクト開発』の2つを中心に、最近のギルドワークスの活動を紹介しました。

価値探索 × プロダクト開発

まずは私から、ハンドメイドのアイデアを共有するアプリ、Craful開発の舞台裏をお話しました。

価値探索を行う意義の一つとして、顧客と開発者の一体感を生み出せるということがあります。実際Craful様の事例では、開発者全員がそのビジョンに共感し、アプリやサービスを良くするための提案を出しあう、非常に熱気にあふれた開発を行うことができました。このような 本気の開発 を、これからも常に行っていきたいと思っています。

価値探索 × 現場コーチ

続いて、ギルドワークスの中村から、「価値探索につながる現場コーチの価値」というタイトルで、ギルドワークスの開発・価値探索と並ぶ柱である現場コーチの活動を紹介しました。

ギルドワークスの現場コーチは、開発の現場だけを見ることはほとんどありません。自律的に動くチームを作るためには、現場の人間一人一人が自分たちが作っているプロダクトと、それが支えるビジネスを意識する必要があります。そんな現場に変えていくギルドワークスの現場コーチについて、事例を交えながら紹介しました。

ギルドワークス × Craful

その後は休憩を挟んで、Crafulの代表である大野さんに登壇いただき、そのあと私と大野さんの対談形式で、ギルドワークスの価値探索と開発についてディスカッションしました。

価値探索から、開発、そしてリリースにいたるまでを思い返す中で、価値探索から開発という流れを行ったからこそできたことが色々とあったことに、改めて気づきました。

対談では、価値探索を通してユーザを理解しようとしたからこそ無駄な機能を作らなくて済んだエピソード、大野さんから事業について発信することで、開発チームがどんどんビジネス側に踏み込めるようになったエピソードなどがあがりました。このようにクライアントと開発者の距離が縮まり「越境」することで、より良いプロダクト開発ができるんだ、ということを実感しています。

この対談はアンケートでも非常に評価が高く、皆さんも興味深く聞いていただいたようです。

最後に、大野さんがCrafulを通して今後考える野望を話していただき、クロージングとなりました。

ギルドワークスでは、これからも、Craful様の事例のようにクライアントとガッチリと手を組み、本気のプロダクト開発をしていきたいと思っています。そんな開発に興味が有る方は、ぜひお問い合わせ下さい

「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました

2016年1月20日(水)に渋谷co-ba shibuyaで「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました。

ヌーラボ中村知成さんと私の両「中村」がお話をしました。
参加していただいた30人近くの皆さん、渋谷co-ba shibuyaのスタッフの方、ありがとうございました。
#参考:このイベントの予告

IMG_0369-1024x588

Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの

中村知成さんは「Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの」というお話でした。

CZKFVWgUEAA2Udg

印象的だったのは、ユーザーの声があるから機能を追加するのではなく、その声の背後にある思いを汲みとって本当に必要なものを解決することにすごく向き合っているということでした。

Backlogの機能追加へのこだわりは数年前から知ってはいましたが、今回の中村さんのお話を聞いてあらためて感じました。

プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話

私は「プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話」の中で、これまでプロジェクト管理ツールを自分で使ったり、現場コーチ先の現場で使っている経験から得た知見の一部をお話しました。

IMG_0374-1024x585

示し合わせたわけではなかったのですが、どちらの話も「なぜが大事」というメッセージが含まれていました。ヌーラボ中村さんは、ツールに「なぜ、その機能を追加して欲しいという声があるのか?」とお話し、私は「そのツールを使うことで改善した現場の問題はなにか?なぜその問題が起こっているのか?」と。

後半はビール片手に

IMG_1395

セッションの後ではサンドイッチ、ビールと共に参加者の皆様とディスカッションをしました。みなさんに書いてもらった付箋ではBacklogユーザーが多かったようですが、Backlogにかかわらずプロジェクト管理ツールでよくあるような悩みもたくさん出ておりました。
それぞれの現場の状況次第ではありますが、私なりに現場コーチのこれまでの知見を踏まえ伝えることができたかと思います。
また「ちょっと現場を見て、悩みや課題を聞いて欲しい」とお声がけをいただきました。

このようなイベントは今後もいろいろ開催する予定ですので、お会いできるのを楽しみにしています。
また、イベント以外でももちろん直接お伺いすることもできますので、お気軽にご連絡ください。

Backlog-GuildWorksの集いでプロジェクト管理ツールのことを考えてみませんか?

みなさんの現場ではBacklogRedmineJIRAといったプロジェクト管理ツールを使っているでしょうか?

そんなプロジェクト管理ツールの1つであるBacklogを開発、提供しているヌーラボさんと「Backlog-GuildWorksの集い #1」を共催します。

続きを読む

リモートワーク隆盛のいまこそ、パートナーに会いに行く

どうも、ギルドワークス前川です。

先日、市谷と私がそれぞれ島根でお話をしてきたのを、ご報告させていただきました。

さて、島根にはもちろんAgile Shimane の皆さんにお会いする、という目的もあったのですが、もう一つギルドワークスとして重要な目的が有りました。

実は今、ある開発をギルドメンバーとして一緒に進めているエンジニアの方が、島根は出雲に本拠を置いていらっしゃるのです。

もちろんこれまでもSlackやSkype、そしてGithubなどを通して十分なコミュニケーションは取っていました。仕様を伝えて、見積もりを伝えて、コードをコミットし合い、進捗を確認して、LGTMして、などなど。

でも、これらのやりとりは、ともするとビジネスライクで「表面的」な関係になってしまいます。ギルドワークスは、お客さんだけでなく、ギルドメンバーともお互いに越境したい。仕様について「これでいいの?」「コンセプトからするとこうあるべきなのでは?」と語り合ったり、設計について「こうすればもっとお客さんのドメインを表現できる」と深く探求したり、など、もっとお互い踏み込んだコミュニケーションをしたい、と考えています。

それには、やはり文字や音声だけのやりとりだけでは、圧倒的に情報が足りません。どんな環境で仕事をされているのか。お昼はどんな場所で食べておられるのか。仕事を終えた後はどんなところで飲んでおられるのか。飲みながら、どんな思いで開発について語っておられるのか・・・

今回の島根訪問では、ギルドメンバーのこういった熱い思いを、しっかりと聞くことができました。出雲蕎麦を食べながら会社を設立された熱い思いを伺い、終電ギリギリまで駅前のバーで技術話で盛り上がり、なんとも楽しい時間でした!

リモートでほぼ仕事ができる環境が整っているからこそ、敢えて直接話しをしに行く。そこで意気投合した気持ちを軸に、もっと深い話をSlackやSkypeで発信していく。

まさに、今そういう開発ができているように思います。

これからも、全国に散らばる仲間たちと、語らいに出かけようと思っています。

そして、私達と組んで熱く語り合い、「正しいものを正しく作る」仲間も募集しています。是非お声かけ下さいませ。

アイキャッチ画像: https://flic.kr/p/c1iJvo

アジャイルジャパン2015でお話します!

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。
ギルドワークスでは、新規サービスのコンセプト作りから、プロジェクトのマネジメント、開発、現場コーチといったお客様の現場改善まで、それぞれの得意技で値打ちを出すよう日々活動しています。

その現場コーチとして積み重ねた知見について、2015年4月16日(木)に開催されるアジャイルジャパン2015(AgileJapan2015)でお話する機会をいただきました。

続きを読む

12月13日(土):人間中心設計推進機構(HCD-Net)のHCD研究発表会で事例発表します。

ギルドワークスの佐々木です。

12月13日(土)10:00〜17:30に、芝浦工大で開催される「HCD研究発表会」(主催:人間中心設計推進機構(HCD-Net))で事例発表をすることになりました。

http://www.hcdnet.org/event/2014hcd_2.php

■日時:2014年12月13日(土)10:00~17:30

■場所:芝浦工業大学 芝浦キャンパス 802教室 (東京都港区芝浦3-9-14)

http://www.shibaura-it.ac.jp/access/shibaura.html

■主催:特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構

■協賛学会:日本人間工学会・ヒューマンインタフェース学会・日本デザイン学会

■発表及び聴講参加費:HCD-Net会員:2000円、一般:3000円、学生会員:無料、一般学生:1000円


続きを読む