クリエイティブの道は禅に通ずるや否や?

こんにちは、ギルドワークスの藤田です。

この6月で、ギルドワークスに入社して3ヶ月が経ちました。あまりの濃密さに1年くらい経ってるんじゃないかという気持ちがするのですが、まだ3ヶ月、されど3ヶ月。3ヶ月も働いているのに、何も貢献できてないんじゃないか…とか、お客様やパートナーのみなさまにご迷惑をおかけしているんじゃないか…とか、ギルドワークスで働いていて楽しさや嬉しさがあればあるほど、逆方向の闇スパイラルに陥ることもしばしばです。

こんなとき、皆さんは、「出家したい」と思ったりしませんか。私はしょっちゅう出家したいなあ、と思っています。
先日、私があまりにも出家したい、出家したい、と言っていたので、見かねた取締役の増田からこの本を勧められました。

zenmind『禅マインド ビギナーズ・マインド』鈴木俊隆 著

あわせて面白い話を聞いたのですが、人間の内臓にかかわることで、「呼吸」だけはある程度コントロールがきくそうです。
考えてみれば、私たちは、私たち自身の体であるにも関わらず、心臓を止めることも動かすこともできないし、さっき飲んだお酒を今すぐ分解しろ!と、肝臓を働かせることもできません。自律神経とはよくいったもので、私たちの体はこうした意志とは、基本的につながっていません。
ただ、「呼吸」だけは、なんとかなる。
大きく吸うことも、大きく吐くこともできるし、逆に短く吸って吐くこともできる。
唯一自分自身でなんとかコントロールできる「呼吸」に集中することで、自分に向き合い、自分がどのようにあるのか、ということを、否定もせず、肯定もせず、ただそのようにして受け止めることができる、と。
だから座禅のときは、呼吸が大切なんだそうです。

この話を聞いて、そして『禅マインド』を読んで、なるほどなあ、と、思ったのは、呼吸というのはフックであったりきっかけにすぎず、「そうしたものがそのようにしてあること」を、否定してはいけない、ということです。心に浮かぶものはコントロールできない(自由にできるものではない)のですから、おそれや不安といった暗い感情も、打ち消すためになにかするのではなく、それは、そのようにしてあるのだ、というのを、眺めておく、客観的に見る、ということで、マイナスな感情に呑みこまれずに済むのではないでしょうか。

これだけだと、「ギルドワークスには性格の暗い人がいるな」というだけで終わってしまいそうですが、もうひとつの気付きは、禅と、エンジニアやデザイナーの進む方向に、通じている部分があるのではないか、と、いうことです。

『雑阿含経典(第33巻)』に、四種類の馬の話があります。卓越した馬、優秀な馬、普通の馬、劣った馬、の四種類です。
誰しも「卓越した馬」でありたい、「卓越した馬」になりたいと望んでしまうことがあるのではないでしょうか。
ところが、ブッダは、この四種の馬の中で、「劣った馬」を、もっとも大切にするのです。不完全であるからこそ、劣っているからこそ、多くを学ぶことができ、多くを乗り越えるための力をもち、そしてそのための意志をもちやすいのです。

これを読んだとき、『情熱プログラマー』の中の一章、「一番の下手くそでいよう」を思い出しました。
エンジニアも、デザイナーも、能力的にすべてよし、という状態はおそらくなくて、不完全なところから、劣っているところからはじめて、よりよいものをつくったり、よりよいとりくみをしていく努力ができるのではないでしょうか。
私自身、実際にものを作る段階には、外界をシャットアウトし、まさしく「自分に向き合う」ところから始めることが多いのですが、この、「自分に向き合う」というのも、はじめに書いた、「そのようにしてある」というありようを、受け入れることでもあるように思います。
また、クリエイティブな仕事というのは、何か「業」のようなものを抱えているので、禅の思想に近しいと捉えると、すこし、自分たちの仕事の別の一面が見えてくるように感じます。

自分は完璧にセルフコントロールができている!というかたは少ないと思いますので、カジュアルな出家の前にぜひお勧めしたい著作です。

システム投資の正当性を高めるために

武田です。

事業会社の企画部門や開発部門の方と話す機会が多くあるのですが、「上司がシステム投資に消極的で…」「社内の予算取りが厳しくて…」といった声をよく聞きます。こんなケース、みなさんも経験があるのではないでしょうか?

また、開発会社に所属している方でも、クライアントへの提案がこんな風に断られた経験があるかもしれません。

もちろん、Webサイト1つをリニューアルしたり、iOSアプリを開発したりすれば数百万、場合によっては数千万の金額が発生しますので、経営に近い立場にいる方々が慎重になる気持ちもよくわかります。でもその一方で、リスティングなどのWebプロモーションには月額数十万~数百万のコストを使ってたりするんですよね。

続きを読む