35044_normal_1448852455_main_img

「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました

2016年1月20日(水)に渋谷co-ba shibuyaで「Backlog-GuildWorksの集い #1」を開催しました。

ヌーラボ中村知成さんと私の両「中村」がお話をしました。
参加していただいた30人近くの皆さん、渋谷co-ba shibuyaのスタッフの方、ありがとうございました。
#参考:このイベントの予告

IMG_0369-1024x588

Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの

中村知成さんは「Backlogが解決したもの・これからしようとするもの・しないもの」というお話でした。

CZKFVWgUEAA2Udg

印象的だったのは、ユーザーの声があるから機能を追加するのではなく、その声の背後にある思いを汲みとって本当に必要なものを解決することにすごく向き合っているということでした。

Backlogの機能追加へのこだわりは数年前から知ってはいましたが、今回の中村さんのお話を聞いてあらためて感じました。

プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話

私は「プロジェクト管理ツールを使いこなせるようになった現場の話」の中で、これまでプロジェクト管理ツールを自分で使ったり、現場コーチ先の現場で使っている経験から得た知見の一部をお話しました。

IMG_0374-1024x585

示し合わせたわけではなかったのですが、どちらの話も「なぜが大事」というメッセージが含まれていました。ヌーラボ中村さんは、ツールに「なぜ、その機能を追加して欲しいという声があるのか?」とお話し、私は「そのツールを使うことで改善した現場の問題はなにか?なぜその問題が起こっているのか?」と。

後半はビール片手に

IMG_1395

セッションの後ではサンドイッチ、ビールと共に参加者の皆様とディスカッションをしました。みなさんに書いてもらった付箋ではBacklogユーザーが多かったようですが、Backlogにかかわらずプロジェクト管理ツールでよくあるような悩みもたくさん出ておりました。
それぞれの現場の状況次第ではありますが、私なりに現場コーチのこれまでの知見を踏まえ伝えることができたかと思います。
また「ちょっと現場を見て、悩みや課題を聞いて欲しい」とお声がけをいただきました。

このようなイベントは今後もいろいろ開催する予定ですので、お会いできるのを楽しみにしています。
また、イベント以外でももちろん直接お伺いすることもできますので、お気軽にご連絡ください。

35044_normal_1448852455_main_img

Backlog-GuildWorksの集いでプロジェクト管理ツールのことを考えてみませんか?

みなさんの現場ではBacklogRedmineJIRAといったプロジェクト管理ツールを使っているでしょうか?

そんなプロジェクト管理ツールの1つであるBacklogを開発、提供しているヌーラボさんと「Backlog-GuildWorksの集い #1」を共催します。

続きを読む

namibia-africa-landscape-nature-clouds-sky-away

ギルドワークスの3つの事業の未来を描く合宿

普段リモートワークをやっているギルドワークスでは、2、3ヶ月に一度を合宿を行っています。
これまでの合宿の様子はギルドワークスの合宿風景ワイガヤミーティング-自分達のことを語り合う場-などを御覧ください。

合宿場

2015年最後の合宿を12月も押し迫った先日の日曜、月曜に行いました。
場所は何度もお世話になっている味な宿 静観荘です。
ここは周りが閑静で、和室でゆっくり話せ、何よりご飯が美味しいので、よく利用させてもらっています。
20151221_072237

20151220_131715

20151220_131800

どんな話をしたか?

ギルドワークスでは大きく3つの事業があります。
1つは「正しいものを探索する価値探索」。
もう1つは「正しくつくる開発」。
最後は「正しいものを正しくつくる現場を増やす現場コーチ」です。

この合宿では、ギルドワークスのそれぞれの事業のあるべき理想像、そこに至るまでに様々な課題を洗い出し、その課題をどうやって倒していこうと思っているのか?という点で色々議論をしました。
このような議論になった際に「過去がどうだったか?」にこだわるあまり未来に目が向かない場合もあります。しかし、ギルドワークスの合宿では、過去は「未来を良くするための学び」という感覚であり、その学びを未来の作戦に向けてどう活かしていくか?という姿勢がとても強く出ます。

夜は、美味しいご飯、お酒と共に、この1年で仲間になった4人を中心に「ギルドワークスで実際に一緒にやってみて」という切り口での感想などを話しあったりしました。
思えば4人で立ち上げたギルドワークスも2倍以上の9人になっていました。

20151220_183226

20151220_183303

20151221_072929

翌日は「価値探索カンファレンス」

翌日は朝ごはんを食べ、個人の目標を共有した後、東京都内に取って返し「価値探索カンファレンス」を開催しました。
こちらには平日昼間にかかわらず20人強の方参加いただき、また終わった後も色々と質問をいただきました。この価値探索カンファレンスでの話の詳細はそれぞれ発表したメンバーが順次ブログにアップする予定です。

このような感じで普段はリモートワークをしながらも、時に合宿をして膝を突き合わせ「正しいものを正しくつくる」ことを実現しようとしているギルドワークスに興味を持たれた方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

Photo via VisualHunt.com

4835354126_834e350d9e_z

ふりかえりに入る前にする2つの質問

現場コーチをやっていると、ふりかえり(例えばKPT)で、いきなり「続けたいこと(Keep)」を出し始めるような場を見かけることがあります。このような場合、往々にしてどこかフワッとしたふりかえりになりがちです。

私は、よく現場コーチでふりかえりをする際に、以下の2つの質問をするようにしています。

ふりかえりに入る前にする2つの質問

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」
2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

この2つの質問を答えも含めて5分程度でサッとやってからふりかえりに入っていきます。
#こういうのも含めて「ふりかえり」と呼ぶ方もいると思います。

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」

前回から今回の間であったことをそれぞれ思い出してもらい、その思い出したもので印象に残っていることを1人1つずつ話してもらいます。例えば「クライアントに動くものを見てもらった」「◯◯機能をリリースした」「残業しなかった」などです。

何があったかを思い出すこでふりかえりのインプットになりますし、それを実際に口にすることで緊張がほぐれたりして後の会話がスムーズになる効果があります。

ふりかえりのインプットとしてを重視するなら、もう少し時間をとり、言葉を出しつつ付箋に書いていく方法もしたりします。

2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

うまくできたかどうかを(いったんは主観で)「5段階評価するとしたら?」と1〜5までを指で表現してもらいます。
これも何があったかを思い出すことでふりかえりのインプットになりますし、場によってはなかなか出しにくい「自分の意思を表明する」ことをやりやすくなる効果もあります。
#「前回から今回の間でなにがありましたか?」とセットでやる場合もあります。

またperfection gameという方法を使うこともあります。
perfection game

この「どうだった?」という評価は、ふりかえりの最後でも使うことができます。
なんとなくTryは出ているけど何かモヤっとすると感じの時に、「これまで話したことやここに出ているTryで、最初に出した5段階評価のポイントは変化しそう?」と聞きます。

こういうちょっとした質問を投げかけることで「Tryをやろう」という気持ちにもなりますし、「これ以外にもっとやってみれば良いTryはないのか?」と見つめなおすことができます。

さらに、ふりかえりなどの場で定期的に表明するこの5段階評価のポイントを記録しておくと、チームがプロジェクトを進めていく中でどのような変化があったか?というのを時系列で見ることもできます。
#この「これでうまくできそう?」という表明はふりかえり以外に何か計画を立てたりするミーティングでも使うことができます。

このようにいきなりふりかえりをするのではなく、ちょっとした質問を投げかけることで、「正しいものを正しくつくる」現場に近づいていくと考えています。

最後に

このような現場コーチの活動を始めとして、ギルドワークスのやっていることに興味を持った方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

このブログでは他にふりかえりのTipsとして以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する
Tipsその6:空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

※参考:「これだけ! KPT」「リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/dpstyles/4835354126/

69821764_66cff01bbb_z

空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

ミーティングがうまく進まないと「正しいものを正しくつくる」ことはできません。

ミーティングがうまく進まない原因として、「議論が見える化されておらず空中戦になる」「参加者に当事者意識を持っておらず発言が少ない」など色々な事象と原因の組合せがあります。その中の1つに「ファシリテーターが議論に入ってしまうことで、場が進まなくなったり、議論の流れを見失ってしまう」というのがあります。

こういうミーティングの時、当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうことでうまくいくことがあります。
#現場コーチがそのままファシリテーターをすることも多いです。

当事者以外の人にファシリテーターをやってもらうメリット

1:当事者全員が会話、議論に集中することができる

複雑なテーマや考えることが多いテーマの場合、やはりそれぞれの議論に集中し、深く思考する時間、集中力が必要になってきます。一方、ファシリテートも別の視点で高い集中力が必要になってきます。その両方を十分にうまくやることはなかなか難しいことです。

2:アジェンダを考えるようになる

ファシリテーターを別の人に頼むには、その場の目的やアジェンダなどを伝える必要があります。
いきなり何もなくてポンと任されてもファシリテーターも困ってしまいます。

現場コーチをしていると「アジェンダがないミーティング」が時々あります。そういう時は「どういう目的で、何をどんな流れでやろうと考えています?」と当事者からヒアリングをします。その結果、準備が整っていないことや、そもそもミーティングが不要だったことが分かるということもありました。

ですので、ミーティングの準備としてアジェンダを考えるため、ムダな時間の使い方を防ぐこともあります。

3:新しい視線を得られる

当事者以外のファシリテーターはそのテーマに対して当事者達が持っている思い込みから距離が遠いところにいます。それ故、場や議論を俯瞰することができます。
それによって、当事者では見えていない新しい切り口や論点を見つけることができる場合もあります。
岡目八目的な効果です。

また当事者だと厳しいツッコミや指摘を(事情が分かっている故に)躊躇してしまうことがあります。が、当事者以外であれば、そこは空気を読まずに踏み込んでいくことができます。

4:自分のチームに持ち帰ることができる

これはファシリテーター側のメリットですが、別のチームのふりかえりにファシリテーターとして参加した場合、そこでのKPT(特にProblemに対するTry)を自分達のチームに持ち帰り、よりうまくやるためのヒントになります。

今回は、(この「ふりかえり」のTipsシリーズで扱っている)ふりかえりそのものではなく、ファシリテーターのことについて書いてみました。ふりかえりのTipsは以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する

※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/tiarescott/69821764/

20151024_113218

ワイガヤミーティング-自分達のことを語り合う場-

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。

先日、全員鎌倉に集まり「ワイガヤミーティング」をやりました。

「ワイガヤ」とは?
立場の相違にかかわらず同じ組織に属する者たちが気軽に「ワイワイガヤガヤ」と話し合うこと。本田技研工業株式会社が提唱した言葉で、仕事・プライベートのどちらでもない職場での多人数による会話のことを指す。同社に限らず日本組織の特徴的なものともされており、仕事の仲間同士で突然発生し、周りの人たちを巻き込み進行する。テーマは会社の人間関係・仕事への不満などから、仕事とまったく関係ない話まで雑多。単なる時間の浪費か、仕事に発展的に役立つものかとの点で見解が分かれている。

コトバンク> 知恵蔵mini

なぜやったのか?

ギルドワークスは普段はリモートワークですが、2、3ヶ月に一度は合宿をやっています。その上でさらに何をやるのか?と思う方もいるかもしれませんが、このワイガヤミーティングでは自分達の話を語ることにしました。

先にあげた合宿では「ギルドワークスの事業どうしていくか?その戦略は?」「ギルドワークスが成し遂げるためにどんなアクションを取るか?」「ギルドワークスらしい新しいサービスは?」などの話がメインで、自分のことを伝え合う時間は(ドラッカー風エクササイズなどをやったものの)あまり取りませんでした

この11月でギルドワークスを立ち上げた時から2倍以上の9人になることもあり、改めて「自分のことについて伝え合う時間」が必要と考えました。

どんなことをやったの?(1日目)

週末の仕事を終えた各々が鎌倉に集結し、美味しい食事とお酒でイイ感じになった雰囲気の中、「お互いに感謝の言葉を伝える」ことをやってみました。

いきなり「みんなに感謝の言葉を言いましょう」といっても出てこないので、ちょっとしたアクティビティに仕立ててやってみました。
※参考:「感謝の言葉を伝える」ワークショップ

それぞれ手元に集まった仲間からの感謝の言葉を嬉しそうに見て、写真に撮ったり、「誰の言葉が一番嬉しいか」などを語り合っていました。
感謝の言葉

日常の現場で(仕事をやることで)「ありがとう」と言われることはあっても、「◯◯さんの△△というところ」に対して「ありがとう」と言ったり、言われることはあまりないことだと思います。
思っている以上に嬉しいものですし、意外な言葉をもらえたりするので、やってみることをオススメします。

どんなことをやったの?(2日目)

2日目は朝早くから鎌倉の宿に集まり、順番にカードを引き、そこに書いているテーマについて(5分程)しゃべるというのをやりました。
#(バラエティ番組の)「ごきげんよう」方式

「一番好きな名言」「今でも忘れない案件でカッとなった出来事」「自分のバイブル」「エモい話」「明日会社がなくなったら何をする?」といったものがテーマとして書かれていて、「そんなことがあったんだ」「そういう考えなんだ」というこれまで知らなかった多くのことを知ることができました。
20151024_113218

ひとしきり話した後は、湘南の海が見える場所で(またごきげんよう方式をやりながら)バーベキューをして、「ワイガヤミーティング」は幕を閉じました。

やったどうだったか?

やって良かった」というのが率直な感想です。

ギルドワークスでは「何をするかも大事だが、誰とするかがもっと大事」という話をしています。
その共に歩み、背中を預ける「誰か」のことを知ることで、より「正しいものを正しくつくる」ことに近づけると感じました。

こんなギルドワークスに興味が湧いた方は「ギルドワークスと組む」などを見ていただき、お気軽にお問い合わせください。