これから先の働き方を考えよう

あけましておめでとうございます。
武田です。

新年早々、竹中平蔵氏の「正社員をなくしましょう」発言が賛否両論巻き起こっているようですが、今年もワークスタイル関連のトピックは色々と盛り上がりそうです。

多少乱暴な部分があることも否めないものの、グローバル化やリモートワークの環境が整いつつある中、同一労働同一賃金の流れは止めようがないと個人的には考えています。直近でも日立やデンソーなどの大手企業では世界基準で人材データベースを統合し評価基準を統一するなど、大きなうねりが生まれていることを強く感じます。

続きを読む

企画者にとっての「越境」

武田です。

僕は10年近く企画やマーケティング、プロモーションを専門でやってきたので、プログラミングはまったくの初心者なのですが、先週からPHPの勉強をはじめました。大手IT企業で子会社代表をやっていた知人が、独学でプログラミングをはじめ、Web広告関連の自動入札ツールを作ったことに触発され「よし自分もやってみよう!」と思ったのがきっかけです。 続きを読む

【事例紹介】Androidアプリを大幅リニューアルし、ダウンロード数15%増加!

武田です。

今回はギルドワークスにて手がけた開発プロジェクトの事例を1つご紹介したいと思います。

開発したサービス

イーキャリアJobsearchのAndroidアプリ(運営元:SBヒューマンキャピタル社)

リニューアル前のバージョンにおける課題

  • Webサイト版を立ち上げた2011年に、Androidアプリも突貫工事で開発したため、使いにくいUIになってしまっている
  • アプリ内検索機能が充実していないため、サービスの強みである「国内最大級の求人情報数」の魅力が伝わらない
  • 加えて、ASO(アプリストア最適化)も考慮された作りになっていない
  • 結果的に、ダウンロード数が伸びず、利用者が増えない
  • 社内開発リソースはWebサイト改修に追われており、Androidアプリ改修の優先度が上がらない

続きを読む

若手エンジニア向けキャリア・ディベロップメント・プログラムを開始します。

武田です。

ギルドワークスでは、現在ソフトウェアの開発はもちろんのこと、新サービス立ち上げに向けた企画フェーズでのお手伝いや開発現場改善コンサルティングを行っていますが、この11月から、新たな取り組みとして若手エンジニア向けキャリア・ディベロップメント・プログラムを開始する予定です。

DODAが出している求人倍率調査でも明らかですが、IT/通信業界における人材需要はますます高まっており、エンジニアの活躍するフィールドは今後も広がっていきます。ギルドワークスでは、経営理念でもある「正しいものを正しく作る」仲間を増やし、エンジニアへの多様な働き方の提供や新たな選択肢の提示、ひいてはエンジニアの市場価値を今以上に高めることを実現したいと考えています。 続きを読む

システム投資の正当性を高めるために

武田です。

事業会社の企画部門や開発部門の方と話す機会が多くあるのですが、「上司がシステム投資に消極的で…」「社内の予算取りが厳しくて…」といった声をよく聞きます。こんなケース、みなさんも経験があるのではないでしょうか?

また、開発会社に所属している方でも、クライアントへの提案がこんな風に断られた経験があるかもしれません。

もちろん、Webサイト1つをリニューアルしたり、iOSアプリを開発したりすれば数百万、場合によっては数千万の金額が発生しますので、経営に近い立場にいる方々が慎重になる気持ちもよくわかります。でもその一方で、リスティングなどのWebプロモーションには月額数十万~数百万のコストを使ってたりするんですよね。

続きを読む

エンジニアでも最低限知っておきたいWebマーケティングツール

こんにちは。武田です。

SEO対策やレスポンシブ対応など、Webサイト開発においてもWebマーケティングに対する知見やノウハウが求められるようになっています。事業会社に所属しているエンジニアであれば、自社サービスを成長させるため。開発会社に所属しているエンジニアであれば提案や納品の質を高めるため。

とはいうものの、ただでさえ通常業務に忙殺されてて開発まわりでも新しい技術をキャッチアップしなきゃいけないのに…という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は分野ごとにこれだけは知っておくべき!というWebマーケティングツールを厳選して紹介します。どれも有名なツールばかりですので、すでにご存知の方も多いかもしれませんが、参考にしていただければ。 続きを読む

クラウドソーシングの先にあるもの

はじめまして。武田です。

僕らがギルドワークスで実現しようとしているのは、クラウドソーシングに近い緩やかな雇用形態でありながら、チームとしての一体感、仕事のダイナミックさを担保できるような、そんな働き方です。そしてそれをサポートするようなツールや制度、受発注のプラットフォームを構築していきたいと考えています。

通信端末や通信環境、及びさまざまなツールの進化により、従来の雇用契約では実現できなかったワークスタイルが可能になっています。その1つが昨今盛り上がっているクラウドソーシングサービスだと思いますが、今のところは1対1の受発注がメインになっており、仕事の規模もまだまだ小さい状況です。仕事を請けるエンジニアの立場からすれば、仕事の単位がかなり細分化されるため、仕事の進めやすさがある反面、仕事の面白さや醍醐味という面では若干弱いのかなあと思います。

今ギルドワークスで扱っている開発案件は、エンジニア1人で請け負うような仕事はほぼ存在せず、クライアントの新規事業の企画や要件定義フェーズから入り込み、数人のチームで数か月かけて動く開発案件がほとんどです。従来のフリーランスでの仕事やクラウドソーシングサービスでは手掛けられないような規模のプロジェクトを、20名近くのギルドメンバーとともに進めています。

まだまだ立ち上げたばかりですが、初年度でこのエンジニアネットワークを100名近くまで増やしていきたいと考えているので、この理念に共感していただけるエンジニアの方はぜひこちらからご連絡ください。

僕らの新しいチャレンジ、ぜひご注目ください!