CenterではなくCoreを探し駆動していく 〜人間中心設計についてもう一度考えてみた〜

ギルドワークスの佐々木です。

私はエンジニアですが、バックグラウンドとして人間中心設計(Human Centered Design:HCD)を学んできました。このエントリーでは、このHCDを否定するわけではなく、もう一歩進めて、User/HumanをCenterにするのではなく、CoreにしてDriveするのがよいのではないか、ということを書いてみたいと思います。

続きを読む

「デザインスクラム」で新規事業の企画を小さく始めよう

ギルドワークスの佐々木です。

みなさん、新規事業企画が何かうまくいかないなぁ、もっとうまいやり方があるんじゃないかなぁ、と思ったことはありませんか?…私も過去にたくさんありました!
自社サービスを考えているのだけど、なかなか先に進まなかったり…費用をどれだけかけたらいいか分からなかったり…そもそもやり方が分からなかったり…

そんなお悩みを持っている皆様向けに、これまでもこれからも、ギルドワークスでは「価値探索」というサービスを提供しています。
http://guildworks.jp/service/#servicedesign
※なお、今月8月末までの期間限定で、メソッド集をダウンロードできます!
http://guildworks.jp/download_201506/

先日、ギルドワークスではこの「価値探索」をもっとお試しいただけるように、新たなサービス「デザインスクラム」の提供を始めました!
http://design-scrum.guildworks.jp/
この記事では、「デザインスクラム」のご紹介をしたいと思います。

続きを読む

企業ともっとカイワ(会話)しましょう! 〜「カイワジョブ」をβ公開しました〜

ギルドワークスの佐々木です。

去る7月30日、まずは50名限定で「カイワジョブ」をリリースしました。
https://www.kaiwa-job.com/beta_registrations

本記事では、求職中のエンジニア、あるいは、漠然とキャリアに不安を覚えているエンジニアの方向けに、カイワジョブをご紹介します。

続きを読む

「『企業とカイワする』というエンジニアの選択肢 〜自社サービス「カイワジョブ」の立ち上げ舞台裏〜」をお話します

ギルドワークスの佐々木です。

弊社は、「越境」を知り、実践するためのカンファレンスと題して「開発者ギルドカンファレンス2015」を2015年7月23日(木)に開催します。

「開発者ギルドカンファレンス2015」とは?

ギルドワークスが一年強の間に手がけた開発プロジェクトは、新規事業を含む30件以上。これらをわずか7名のコアメンバーが中心となり、50名を超える”ギルド”メンバーに支えられながらやり遂げてきました。

正しいものを探るためクライアント側に大きく越境​し、正しく作るために開発メンバーも互いの役割の中で越境しながら開発を行っています。
また、「現場コーチ」として、実際の開発現場を劇的に変えてきました。ただ技術ややり方を教えるだけでなく、現場に越境​してチームの意識を前向き・上向きにさせ、越境できるチームをつくるサポートをしています。

このように、よりよい製品・サービスをつくるためには、様々な越境が必要だとギルドワークスは考えています。
その越境を知っていただく機会として、本カンファレンスを開催します。

このエントリでは私がお話するセッション「『企業とカイワする』というエンジニアの選択肢 〜自社サービス「カイワジョブ」の立ち上げ舞台裏〜」について、ご紹介します。

続きを読む

利用者を取り巻くあれこれを可視化する

ギルドワークスの佐々木です。

ソフトウェアを実利用者の文脈に沿ったものとして届けるために、利用者を知ることが大切であると言われます。
利用者を知るといった場合に、インタビューや行動観察をしてユーザーデータを集めることはとても重要ですが、その結果を分析しなければ、意味のないデータになってしまいます。
今回の記事ではまず、人間中心デザイン(Human Centered Design:HCD)の観点から整理してみたいと思います。

Contextual Design

コンテクスチュアル・デザイン(Contextual Design)という手法・考え方があります。これは、ユーザー中心デザイン(User Centered Design)の手法として、1990年代後半にHugh Beyerと Karen Holtzblatt によって提案されました。この手法は以下の6つのプロセスより成り立っていますが、今回は Work modelingにフォーカスします。

  • Contextual inquiry:インタビューによるユーザー調査
  • Work modeling:5つのワークモデルを用いた分析
  • Consolidation:分析結果の統合
  • Visioning & StoryBoarding:統合結果をシナリオ化しリデザイン
  • User Environment Design:ユーザーをとりまくシステム環境を描く
  • Prototyping and Implementation:プロトタイプと実装

Work Modeling

Work Modelingでは、前段のコンテクスチュアル・インクワイアリーで得られたデータをモデル化します。このモデル化には、5つのワークモデルが使われます。

  • Flow model
  • Sequence model
  • Cultural model
  • Artifact model
  • Physical model

Flow model

フローモデルは、利用者が行なうべきコミュニケーションを可視化します。利用者があるタスクを行なう際に、どんなコミュニケーションを必要としているかを、公式・非公式区別なく記載していきます。必要であれば、人工物も描くようにします。
フローモデル

Sequence model

シーケンスモデルは、時系列で流れをみるものです。ある利用者がどんなタスクをどんな順番でこなしているのかを可視化します。流れ作業でやってしまっているステップでも、書き出してみると実は必要のないステップであることに気付いたりすることがあります。
シーケンスモデル

Cultural model

カルチュラルモデルは、ある利用者が何かのタスクを達成するために、周りの人にどんな影響を受けているかを可視化します。何かを意思決定する時、その人個人だけが独立して判断していることはほとんどありません。周りの何らかの影響を受けていることが多いです。重要なステークホルダーを洗い出すことで、デザインにつなげます。
カルチュラルモデル

Artifact model

利用者がゴールに向かうために使う人工物・道具を可視化します。単に「同僚に連絡する」と言っても、チャットツールを使う人も居れば、狼煙を使う人もいるでしょう。その使う道具を洗い出して、デザインのヒントを得ます。

Physical model

利用者が置かれている環境を可視化します。どんな部屋でシステムを使うのか、モバイルデバイスを使っているのか、近くにはどんなものが置かれているのか。そういったことを洗い出すことで、どんなものを届けたらよいのかが判断できるようになります。

カスタマージャーニーマップ

紹介した5つのワークモデルを利用しているデザイナーは、あまり見かけなくなりました。その代わりに活用されているのは、カスタマージャーニーマップサービスブループリントであると思います。

(参考)
2時間で作るカスタマージャーニーマップ――実例とともに考える新しい「おもてなし」のカタチ
ブループリント | Service Design Tools

これらは、短時間でワークショップ形式でユーザーの行動を追うためにとても有用なツールであると考えます。一方で、多数のステークホルダーが関わったり、多様なストーリーがある場合に、1人の利用者、1つのストーリーに強くフォーカスが当たってしまう傾向があります。そういったトレードオフを理解しつつ、利用者を取り巻く環境を可視化する手法を組み合わせ、利用されるソフトウェアの開発に繋げていければと思い、日々活動しています。

まとめ

ユーザーの調査結果を分析する際に、どんな可視化の方法があるかを簡単にまとめました。
次回は、システムを設計する視点からのモデリング方法についてまとめたいと思います。

ギルドワークスでは「価値探索」というサービスを提供しています。その中では、想定利用者のインタビューを実施し、マップやキャンバスを駆使しながら、利用者により良いシステムを届けるお手伝いをしています。
本日、弊社で実施している内容をご紹介する資料を公開し始めました。ご興味がありましたら、こちらよりご覧ください。

(アイキャッチ画像は https://flic.kr/p/4H63FH より引用しました。)

slackの投稿は血液として組織を駆け巡る

ギルドワークスの佐々木です。

私は宮城で働くリモートワーカーで、以前の記事(ギルドワークスのリモートワークを支える技術)でご紹介した通り、様々なツールを使ってリモートワークを実現しています。
その中で最も利用頻度が高いツールは slack です。
今回はこの slack についてお話したいと思います。

mac phones full

リモートワークをしていると感じる瞬間

業務時間中、slackの投稿がふと途絶える瞬間があります。
こんな時、少し不安になってしまうことがあります。
小さな不安ですが、リモートワークをしているとなおさらかもしれません。
もちろん、これはみんなが仕事をしてないわけではなく、単に客先打ち合わせや作業中で投稿がなくなっただけです。

逆に、slackの投稿が急に増えることがあります。
よくあるのは、連携している pivotal tracker や github からの更新通知が大量に届くことです。
ある一人がその大量更新に関わっていることが多いので、だいたい「◯◯無双」という言われ方をすることがあります。
この場合、その大量の通知に紛れて重要な書き込みを見逃してしまったりしてないか、不安になったりします。

組織の血の巡りがslackに現れる

このように、slackでは投稿が多過ぎても少なすぎても、ある種の不安が出てきます。
これは、身体の脈拍に似ているな、と思います。つまり、slackの投稿は組織の血液のようなものです。

そして、一定のリズムで流れていることが大事なのではないかと考えるようになりました。

それぞれの組織に合ったリズム

人間で考えたら、低血圧な人や、健康をずっと維持する人、夜型の人など様々です。
そう考えると、組織にも様々なリズムがあるでしょう。
slack は各種連携などもあり、様々なリズムに合いやすいツールであるから、気軽さが生まれるのだと思います。
ちなみに弊社のslackは8〜10時頃に高い心拍数になっています。朝のジョギングのようなものだと思います。

まとめ

今回は、リモートワークをしている観点から、slackの投稿が組織の血液循環のように感じる、というお話をしました。
普段は意識しないけれども重要なファクターという意味で、リモートワーク中のコミュニケーションを考えてみると、面白い発見があるかもしれません。

告知です。
そんなリモートワークをテーマに、私・佐々木がその中で20分ほどお話することになりました。
6月27日(土)に山形にて「Telework Remote worker Beerbash in Yamagata#01」と題した集まりが開催されます。
もしお近くにいらっしゃれば、お気軽にご参加ください。

(アイキャッチ画像はhttps://brandfolder.com/slack より引用しました。)