禅とソフトウェア設計技術

心の落ち着きは、技術的作業にとって決して表面的なものではない。これこそが重要なものである。心の落ち着きを生み出すものは、優れた仕事であり、それを破壊するものは悪い仕事である。仕様書、計量器機、品質管理、最終点検などはすべて、作業責任者に心の落ち着きを与えるための手段である。ここでは心の落ち着き以外に重要なものは何ひとつない。なぜかといえば、心の落ち着きこそが例の <<クオリティ>> を知覚するための前提条件だからである。

(※ 禅とオートバイ修理技術より(単行本 下巻164ページ) )

ギルドワークスさんとパートナーとして一緒にお仕事させていただいています、木目沢(@pilgrim_reds)と申します。

ソフトウェアにとって、心の落ち着きをもたらしてくれるもの、つまりは優れた仕事、 <<クオリティ>>を知覚できるものは何でしょうか?

Excelの設計書?
トランザクションスクリプトなソースコード?

これらを注意深く、完璧に仕上げたとして心に落ち着きを与えられるでしょうか?

変わり続ける仕様・業務の知識・ビジネス、100%なくすことができないバグが存在する前提がある以上、ソースとドキュメントとの乖離があるのではないかという不安と、ソースコードを変更するたびに他にも影響があるのではないかという不安は消えないのではないのでしょうか?

であれば、ソースコードに変更を加えることが容易になる設計手法こそが心に落ち着きを与えうる設計であると言えると思うのです。

私たちは、ドメイン駆動設計にその活路を見出し取り組んでいます。

それにしても、「心の落ち着き」と「<<クオリティ>>」を結びつけるということに意外であると思う一方、ソフトウェアに携わってきた経験上、妙な納得感がありました。
設計手法以外にも深夜・休日まで仕事をしてしまう、少ないコミュニケーション、要件定義・設計・開発など工程でチームが分かれる・・・などなど心を乱す要因はいろいろありそうですね。

最後に、心の落ち着きを生み出すために美味しい一杯のコーヒーを飲みましょう。。。

この記事を読んでギルドワークスに興味を持たれた方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中