ふりかえりに入る前にする2つの質問

現場コーチをやっていると、ふりかえり(例えばKPT)で、いきなり「続けたいこと(Keep)」を出し始めるような場を見かけることがあります。このような場合、往々にしてどこかフワッとしたふりかえりになりがちです。

私は、よく現場コーチでふりかえりをする際に、以下の2つの質問をするようにしています。

ふりかえりに入る前にする2つの質問

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」
2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

この2つの質問を答えも含めて5分程度でサッとやってからふりかえりに入っていきます。
#こういうのも含めて「ふりかえり」と呼ぶ方もいると思います。

1:「前回から今回の間でなにがありましたか?」

前回から今回の間であったことをそれぞれ思い出してもらい、その思い出したもので印象に残っていることを1人1つずつ話してもらいます。例えば「クライアントに動くものを見てもらった」「◯◯機能をリリースした」「残業しなかった」などです。

何があったかを思い出すこでふりかえりのインプットになりますし、それを実際に口にすることで緊張がほぐれたりして後の会話がスムーズになる効果があります。

ふりかえりのインプットとしてを重視するなら、もう少し時間をとり、言葉を出しつつ付箋に書いていく方法もしたりします。

2:「前回から今回の活動はうまくできましたか?」

うまくできたかどうかを(いったんは主観で)「5段階評価するとしたら?」と1〜5までを指で表現してもらいます。
これも何があったかを思い出すことでふりかえりのインプットになりますし、場によってはなかなか出しにくい「自分の意思を表明する」ことをやりやすくなる効果もあります。
#「前回から今回の間でなにがありましたか?」とセットでやる場合もあります。

またperfection gameという方法を使うこともあります。
perfection game

この「どうだった?」という評価は、ふりかえりの最後でも使うことができます。
なんとなくTryは出ているけど何かモヤっとすると感じの時に、「これまで話したことやここに出ているTryで、最初に出した5段階評価のポイントは変化しそう?」と聞きます。

こういうちょっとした質問を投げかけることで「Tryをやろう」という気持ちにもなりますし、「これ以外にもっとやってみれば良いTryはないのか?」と見つめなおすことができます。

さらに、ふりかえりなどの場で定期的に表明するこの5段階評価のポイントを記録しておくと、チームがプロジェクトを進めていく中でどのような変化があったか?というのを時系列で見ることもできます。
#この「これでうまくできそう?」という表明はふりかえり以外に何か計画を立てたりするミーティングでも使うことができます。

このようにいきなりふりかえりをするのではなく、ちょっとした質問を投げかけることで、「正しいものを正しくつくる」現場に近づいていくと考えています。

最後に

このような現場コーチの活動を始めとして、ギルドワークスのやっていることに興味を持った方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

このブログでは他にふりかえりのTipsとして以下のようなエントリに書いているので、興味がある方は読んでみてください。
Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」
Tipsその2:Problemの深堀りの質問
Tipsその3:安全な場を作るためのグランドルール
Tipsその4:ふりかえりのふりかえりをやってみる
Tipsその5:TryをActionに分解する
Tipsその6:空中戦のミーティングに対してやってみればいいこと

※参考:「これだけ! KPT」「リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
※アイキャッチの写真:https://www.flickr.com/photos/dpstyles/4835354126/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中