心の中に火をつけよう!

かわせです。

雨の日が続いてますが、皆さんお元気でしょうか?

かわせは、熱く燃えております。

私の仕事は何か。それを表す「肩書き」がまだ決まっていなかったのですが、
その道のプロに相談しまして、自分の中に秘めていた言葉を引き出していただきました。

その結果、見つかった肩書きが「ビジネス界の松岡修造」です。

「熱くなれよ!」で、有名な松岡修造さんにあやかって、
(氏を説明する必要はもはやないですよね。)この道を極めて行こうと心に決めました。

なぜ?そう思ったのか。

普段、メンター・ティーチングアシスタント・コーチなど
さまざまな呼び名で現場に入っていますが、言葉の意味を紐解いてみても、
現場ごとに主催側から期待される「私の価値」は、様々です。

それらの期待にお応えすることはもちろん重要なことなのですが、
私が最も力を入れてきたことは「前進しようとはしている。」
だけど、「いまいち踏み込めない。」そんなチームに伴走し、
結果を共に追い求める中で、奮い立ってもらおうということでした。

「奮い立つ」という言葉を使いましたが、現場に必要なコトは、
知識よりもアイディアよりも、「もっと熱くなろう。」という思いの部分こそ
最も必要なんだということが過去を振り返ってみるととても多く、
ビジネス界の松岡修造さんというフレーズには「ピン」と来るものがあったのです。

意識をはじめて変わったこと。

自分の中の「松岡修造」さんを意識して、
現場に入ってみたところ、早速、よい感触が掴めはじめています。

まず。効果が見えてきたのは私自身でした。
普段、何気に隠すこともある「熱い心」を蓋する部分が
開けやすくなったようで、自然と力が入るのです。

次に、現場で効果が見えてきました。

普段は関係性を十分構築できてから「熱くなる」ことが
とても多かったのですが、私が熱くなることで、現場の人が着火する感じ
「ノって来る感じ」が、いつもよりはやくなる。という経験も出来ました。

今後、やっていくこと

今のスタンスで本当によいのか、まだまだ、わからないところはあります。
ただ、この「仮説」が正しいものなのか、さらに現場でトライすることで結果は見えてくるはず。
「心の中に火をつける」、そんなことを本気で考えた暑苦い自分を、
現場でもっともっと出して行こうと思います。

機会は多ければ多いほど良いので、
今、チームに必要なことはそれなんだよ!是非、気持ちに火をつけて欲しい。
そう思われた方は、是非、ご相談ください!!

(追伸)
こんな熱さに燃えている私なので、現場に突然ラケットを持って現れても驚かないでください。
(本人、至って本気ですから!)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中