コーチの道具箱 その1

ギルドワークス 前川です。

本日は、私がいろんな現場にコーチとして出向く際に必ず持っていくある道具についてお話ししようと思います。

それは、ホワイトボードマーカーです。私のカバンには、少なくとも4色(赤青緑黒)のホワイトボードマーカーを入れるようにしています。

いったい何でそんなかさばるものを持ち歩いてるのか、ちょっと説明したいと思います。

大前提: ホワイトボードを制する物は議論を制す

ホワイトボードがあるのに、そこに何も書かれない会議というのは、基本的には議論が空回りする空中戦となります。ただ、そこでホワイトボードの前に立つのは結構勇気がいるもので、遠慮する方も多いです。

なので、現場コーチをしていると、ホワイトボードを書くということが非常に多いのです。

理由① たいていのホワイトボードマーカーはインクが切れている or 薄い

そんなとき、さぁ板書しよう!と思って手にとったホワイトボードマーカーは、3割位の確率でかけず、8割位の確率で色が薄いのです。

もちろん、お願いすれば新しいマーカーが出てくることは多いのですが、そのやり取りの間議論を止めてしまうのも、、、となります。

そんなとき、カバンからさっと書けるホワイトボードが出てくると、非常にやりやすいんですよね。

理由② 会社のホワイトボードマーカーの品質が悪い

さて、仮に書けるホワイトボードマーカーが出てきたとしても、残念ながらその品質が悪いことが多いです。品質が悪いとは・・・

  1. すぐに書けなくなる(インクのノリが悪い)
  2. 綺麗に消せない
  3. 芯がフニャフニャで書きにくい

というあたりがネックとなります。残念ながら100均などで売られているお買い得なマーカーはイマイチなことが多いですね・・・

なので、自分のお気に入りのマーカーを持っておくことが必要です。私のお気に入りはシャチハタの「潤芯」です。4本まとまったボックスがあるのと、その名の通り乾燥に非常に強くて書き味が良いのがポイントです。

理由③ アイスブレイクになる

そして実は、カバンからホワイトボードを取り出して、4色をバッと持つと、おお!という雰囲気になります。

IMG_0352

あんまり普通の人はカバンにホワイトボードマーカーは入れていませんので、これだけで、最初に「コーチってこんな人なんだ」という最初の一歩を踏み出せるんですよね。そういう意味でも、特に最初に出向く現場には、必ず持っていくようにしています。

私にホワイトボードマーカーと一緒に現場をサポートして欲しい方は、是非お問い合わせください

心の中に火をつけよう!

かわせです。

雨の日が続いてますが、皆さんお元気でしょうか?

かわせは、熱く燃えております。

私の仕事は何か。それを表す「肩書き」がまだ決まっていなかったのですが、
その道のプロに相談しまして、自分の中に秘めていた言葉を引き出していただきました。

その結果、見つかった肩書きが「ビジネス界の松岡修造」です。

「熱くなれよ!」で、有名な松岡修造さんにあやかって、
(氏を説明する必要はもはやないですよね。)この道を極めて行こうと心に決めました。

なぜ?そう思ったのか。

普段、メンター・ティーチングアシスタント・コーチなど
さまざまな呼び名で現場に入っていますが、言葉の意味を紐解いてみても、
現場ごとに主催側から期待される「私の価値」は、様々です。

それらの期待にお応えすることはもちろん重要なことなのですが、
私が最も力を入れてきたことは「前進しようとはしている。」
だけど、「いまいち踏み込めない。」そんなチームに伴走し、
結果を共に追い求める中で、奮い立ってもらおうということでした。

「奮い立つ」という言葉を使いましたが、現場に必要なコトは、
知識よりもアイディアよりも、「もっと熱くなろう。」という思いの部分こそ
最も必要なんだということが過去を振り返ってみるととても多く、
ビジネス界の松岡修造さんというフレーズには「ピン」と来るものがあったのです。

意識をはじめて変わったこと。

自分の中の「松岡修造」さんを意識して、
現場に入ってみたところ、早速、よい感触が掴めはじめています。

まず。効果が見えてきたのは私自身でした。
普段、何気に隠すこともある「熱い心」を蓋する部分が
開けやすくなったようで、自然と力が入るのです。

次に、現場で効果が見えてきました。

普段は関係性を十分構築できてから「熱くなる」ことが
とても多かったのですが、私が熱くなることで、現場の人が着火する感じ
「ノって来る感じ」が、いつもよりはやくなる。という経験も出来ました。

今後、やっていくこと

今のスタンスで本当によいのか、まだまだ、わからないところはあります。
ただ、この「仮説」が正しいものなのか、さらに現場でトライすることで結果は見えてくるはず。
「心の中に火をつける」、そんなことを本気で考えた暑苦い自分を、
現場でもっともっと出して行こうと思います。

機会は多ければ多いほど良いので、
今、チームに必要なことはそれなんだよ!是非、気持ちに火をつけて欲しい。
そう思われた方は、是非、ご相談ください!!

(追伸)
こんな熱さに燃えている私なので、現場に突然ラケットを持って現れても驚かないでください。
(本人、至って本気ですから!)

ギャップ萌えとインターフェース

こんにちは、ギルドワークスの藤田です。

このところデレステにはまりすぎて「これが”じゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる”ってやつか…!」と、先人の名言を思い出しながら、ひたすら課金する毎日です。

さて、そんなわけで、先だって、8月の最終週にギルドワークスでは、「ギルドミートアップ!」と題しまして、3日連続でミートアップを開催いたしました。
もっと気軽にギルドワークスの取り組みや、考えていることをお伝えしたり、また、参加者の皆さんから、もっとざっくばらんに現場の課題や相談に乗ることのできる場がもてたら、との思いからミートアップという形式で行いました。

今回は現場コーチ、サイト設計、サービス企画の3つがテーマで、私が担当したのは、「サイト設計」です。
「正しいものを正しくつくる」ことは、ギルドワークスのコンセプトとして掲げられ、我々も実行してきたと自負しているのですが、「正しくつくられたもの」を顧客に届けるために、使われるために、どのような取り組みをすべきかについても考えてきました。
そこで、サイト設計ミートアップでは、「”つたえる”ための、ユーザーの体験のプロセス上にあるインターフェースとしての”ふるまい”」について、お話しいたしました。

セミナー形式でお話ししたあと、ギルドワークスのコーポレートサイトをネタに、即興サイト設計ワークショップを行うという、力技で押した感がありつつも、参加された皆様からの鋭いつっこみや、そこから派生した議論のおかげで、お話しした私自身も、学びの多い時間となりました。

ギャップ萌えとインターフェース

20150826_GuildMeetUp-8
20150826_GuildMeetUp-9

清楚な美人が吉牛で紅生姜を山盛りにしてかっくらっていたり…しっかりしてそうなのにしょっちゅう電柱にぶつかったり……
「人」のギャップは、ときめく、萌える要素があるかもしれませんが(私自身はギャップ萌えはそうでもないです)、インターフェースにおいては、こうしたギャップはある意味悪手です。

20150826_GuildMeetUp-10

なぜなら、人が接するサイトなり、アプリケーションなりのインターフェースは、ユーザーにとっては、体験を実現するための媒体として扱われるもののため、その”ふるまい”と、”ふるまい”によって得られるものに齟齬があってはならないのです。
インターフェースという”ふるまい”は、その”つたえるべき内実”を、できるだけスムーズに、その体験とプロセスにふさわしくあるものでなければならないと考えます。

なぜなら、ユーザーにとっては、サイトやアプリケーションそれ自体に価値があるのではなく、それを経由したその先、または、それを含めた全体の体験のプロセスに価値があるためです(なお、ビジュアルデザイナーがデザインを制作する際に、「トーン&マナー」をまず設定するのも、この”ふるまい”の方針をトーン&マナーとして見立てないと、ビジュアルという「見た目」と「それを通して得る体験」によるズレが生じるためでもあります)。

「いかにして何をどうつたえるか」というコンテンツに拠った視点

ウェブサイト・アプリケーションの情報設計は、ともすれば、「構造化する」「導線を最適化する」ことにフォーカスをあてられてしまいがちですが、情報はユーザーの体験のプロセス(しばしば、時間の流れをともなう)の中でこそ扱われるため、その時間の流れの中で、どのようなタッチポイントで、どのようなアプローチで、何をつたえるか、という視点によってなされているものだと、把握しています。

「射幸心を煽る」というのも、表現として倫理的な是非はあるにせよ、実はものすごくユーザーの体験に視座をおいたものではないかと思っています。「情報の構造化」という観点だけでは、ユーザーがどのように動くか、どのように心を動かされるのか、よりよい体験を得るために何が必要なのか、というところまでは、カバーできないからです(私がデレステに課金しているのも、アプリにおけるユーザーの体験の研究なのです!)。

この、「いかにしてつたえるか」、という視点によるサイト設計には、「何を」どのようにしてつたえるか、つまり、サイトに含まれる・サイトにて表されるコンテンツがより重要になります。
ユーザーのプロセスによってコンテンツを設計し、情報を構造化し、インタフェースをそれにふさわしくふるまわせることによって、より、ユーザーに近しい、使われるためのサイト、アプリケーションとして形づくっていけるのではないか、と考えています。

「正しいものを正しくつくる」企画や開発だけでなく、それを「つたえ」、よりよい体験へとつなげるサイト設計についても、ぜひご相談ください。
http://guildworks.jp/service/#information_architecture

今後のミートアップの予定

ミートアップについては、今後もまたテーマを絞っての開催を予定しておりますので、ぜひdoorkeeperのギルドワークスグループにご登録ください!
https://guildworks.doorkeeper.jp/

ちなみに、私のプロデューサーIDは882531793です!

ギルドワークスの合宿(2015年9月)

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。

2015年9月頭に合宿に行ってきた様子をレポートしてみます。
#過去の合宿エントリは「ギルドワークスの合宿風景」や「2014年度最後の合宿」をご覧ください。

ギルドワークスではリモートワークをベースに活動しており、またそれぞれのクライアントワークが多いため、なかなか全員で自分達のビジョンやミッションを話し合う時間が取れません。そういう背景もあり、ギルドワークスではほぼ2,3ヶ月に1回のペースでこのような合宿を行っています。

合宿場

今回はほぼ1年前にも使わせていただいた「離れのやど 星ヶ山」に行きました。
山奥にあるロッジ形式の宿で2日とも生憎の天気でしたが、霧が山間にかかったりして幻想的な光景を作り出していました。

その宿に、ある人は関西方面から、ある人は(クライアントとの仕事を終えて)名古屋から、またある人は神奈川からと集まりました。

ビジョン、ミッションの話からドラッカー風エクササイズまで

まずは、チェックインを済ませ、グランドルールを決めていきました。
11988303_10207530089471852_4991631499257732104_n

今回は上期のふりかえりということで、ビジョン「デベロッパーの働く選択肢を増やす」とミッション「正しいものを正しくつくる」について、まずは話し合いました。
5段階評価でそれぞれ自己評価して、どのようなアクションをして、そこから分かったこと(学び)はどのようなものがあったか?今の状況をどう感じているのか?今後、ギルドワークスとして何をやって行くのか?といった話をしました。特にミッションはギルドワークスの面々にとって(手段は違えど)忠誠を誓っていることですので、様々な意見がぶつかっていました。

ビジョン、ミッションに続いて「正しいものを正しくつくる」原動力である開発、その開発における志である「開発クレド」の話になっていきました。
credo

開発クレドは目指す理想の姿でもあるので、「まだまだこんなものじゃない」という感じの厳しい意見が飛び交っていました。

夜は新しく仲間になった人達も含めドラッカー風エクササイズを全員でやりました。
11987138_10207532266646280_6463354444018601602_n

「他者から期待されていると思うこと」のフィードバックでは当然のように「こういうことも期待したい」という会話を重ねて期待のすり合わせをしました。

翌朝はこれまでとは打って変わって、ギルドワークスとして世に出していきたい新規サービスについて仮説キャンバスを叩き台にディスカッションしていきました。

そんな盛りだくさんの合宿が終わった後、(月曜日の午後だったので)また各々の現場へ向かっていきました。

こんなギルドワークスに興味が湧いた方は「ギルドワークスと組む」などを見ていただき、お気軽にお問い合わせください。

CenterではなくCoreを探し駆動していく 〜人間中心設計についてもう一度考えてみた〜

ギルドワークスの佐々木です。

私はエンジニアですが、バックグラウンドとして人間中心設計(Human Centered Design:HCD)を学んできました。このエントリーでは、このHCDを否定するわけではなく、もう一歩進めて、User/HumanをCenterにするのではなく、CoreにしてDriveするのがよいのではないか、ということを書いてみたいと思います。

続きを読む

ギルドワークスに入社しました。

はじめまして!

このたび8月末にギルドワークスに入社したかわせと申します。

スタートアップに挑戦する人たちを「顧客開発」でお手伝いしてきた経験をいかして「顧客開発コーチ」なるサービスで日本の新規事業を元気にしていこうと意気込んでいます。以後、どうぞ、よろしくお願いいたします!!

冒頭にあげました「顧客開発コーチ」に関する詳しい説明は、近日詳細を発表する予定です。どうぞご期待ください。

本日は何故、エンジニアの会社であるギルドワークスに入社したのか?その理由を「僕がギルドワークスに入社しようと思った5つの理由」として、お話をさせていただきたいと思います。

■僕がギルドワークスに入社しようと思った5つの理由

1、何の会社かわかんない!

世間一般のラベルには当てはまらない会社、それが、ギルドワークスだと思いました。
新規事業をはじめとしたサービスのデザインをお引き受けするかと思えば、現場のコーチもする。
システム開発の受託業務も請けていますし、自社サービスの開発にも挑んでいる。

コーポレートのサイトを覗いても、「あなたの課題を技術者のつながりで解決する会社です。」と書かれていて初めて目にした時には「なにそれ一体!」とつっこみをいれながらもワクワクしたことを今でも覚えてます!

一般的に、新しい会社をはじめるときには「みんなが知っている分かりやすいものにする。」とリスクも少ないですし、なんといっても説明するのが楽です。

そこを敢えて崩して新しい形態で挑もうとしているからには、なにか絶対あるわけで、この会社のことをもっと知りたいし、働いてみてその謎を突き止めてみたい!と思いました!

2、ブレてない!

ギルドワークスは創業時に「正しいものを、正しくつくる。」という言葉を掲げました。

掲げた以上は、この言葉を信じてくださるお客様のために価値を提供し続けることが求められますが、参画する前は、いろんなことやってる会社だからよくあるスローガンみたいなものかもしれないな。と一歩引いて考えるようにしていた時期もありました。

そんな僕のギルドワークスに対する考えは、入社前のインターン期間で崩れました。

飾り言葉でなく、この人たちマジで「正しくつくる。」を、やろうと努力しているんだ!
コードを書いたらお金になるのに、「ほんとにこれで役に立てるの?」的な会話が現場でポンポンと飛び交っている光景を見て、ポッと体の中で熱くなるものを感じました。。

正義感のようなものが溢れ出てる人たちを見て、「そうありたいな!」と思えた事、大変だろうけどそれでもやってみたい・・・という気持ちが勝り、入社を決意しました。

3、小さくてパワフル

ギルドワークスの在籍メンバーはまだ一桁で、年齢も30代が中心です。

決して若さが溢れかえっているような組織ではありませんが、日本各地に散らばるギルドの皆さんたちと楽しそうに仕事をしている場面を何度も見ることができて、会社全体に勢いみたいなものが溢れているように感じました。

また、仕事を進める上での「ちょっと言い辛いお話」についても画面を通じて時にはオープンに、屈託なく、飛び交わしている姿はとてもパワフルに映りました。

人生はこれから!歳を重ねるごとにおもしろくなっていくに違いない。と思っていながらも、歳だなぁと感じる場面が増えてきた自分にとっては、同世代をはじめ目上のメンバーがエネルギッシュに働いている姿に「自分もまだまだ頑張れるぞ!」という気持ちになりましたし、そんなパワフルな組織の中心人物になっていきたいと思えたことは、自分の中ではとても大きかったと思います。

4、越境することを躊躇わない

ギルドワークスはプログラミングが好きなエンジニアが集まってできた会社だと思います。

そんなコードを書く事が好きなエンジニアが、プロダクトの仮説を立てて、その仮説が正しいかを検証するために、フィールドに出て繰り返しインタビューをおこなっています。昨年、聞いた件数をたずねた所、「年間300件ぐらいかなー」と仰っていました。

これは、コード書いたりマネジメントをやっているエンジニアにとっては、結構な数だと思います。

正しいものをつくりたいから、自分のエンジニアという領域を越えて(境界をつくらない方が正しいかもしれません。)、やるべきことをやる。

僕はとっても素敵だと思いましたし、自分の生き様にあっていると思いました。

自分は、経験上「よい結果を出す。」ことが出来たとき、自分の専門領域を越えて手に入れたスキルが役に立っているという事がとても多いので、この会社であれば、必要だと感じた領域に越境し、越境先で習得した技術をさらに提供する事で、顧客によりよい価値を届けることができるとわかったからです。

私という人間がこの組織に+1(プラスワン)されることで、1つの価値が増えるのではなく、ギルドワークスという会社の幅を何倍にも広げることができたとき、自分にとっても今までにない幸せを感じることができていると思います。

今後、ギルドワークスに起こる変化や幅の広がりに、是非ご期待ください!

5、おもしろいで動く、この人たちと一緒に仕事をしたいと思ったから

何度考えても、最後はこれに尽きると思います!
めいいっぱい働くなら「おもしろい人たちと一緒に働きたい!」

ギルドワークスのメンバーの原動力は「おもしろい」です。

人様が感じる大変なこと、イヤなことこそ仕事だと仰る方もいらっしゃいますが、「おもしろい駆動」とでも言いますでしょうか、「おもしろい」から生まれる原動力は半端なく大きなもので、とても大きな破壊力を(※よい意味で)もっています。

特に、ギルドワークスは「越境」が「おもしろい」と感じるメンバーが代表をしていますので、我々の活動の幅はさらに広がっていきますし、今後も「おもしろい」は尽きることがないでしょう。

実際、ギルドワークスには私も含めて「おもしろい」に引き寄せられた非エンジニアのメンバーも増えています!ギルドワークスは開発会社ではなく、正しく価値を提供するために存在する会社です。

異なる文脈で育ってきた人を受け入れる心の広さと、その人が持つスキルや経験を取り入れていこうとする姿勢は、やがて大きく花開くと自分は信じています。

越境先で加わる仲間や、そこで得たスキルや経験を提供することで、ギルドワークスは常に成長し続けていきます。これからも続くギルドワークスの「進化」と、それに挑戦する私にどうぞご期待ください!