「デザインスクラム」で新規事業の企画を小さく始めよう

ギルドワークスの佐々木です。

みなさん、新規事業企画が何かうまくいかないなぁ、もっとうまいやり方があるんじゃないかなぁ、と思ったことはありませんか?…私も過去にたくさんありました!
自社サービスを考えているのだけど、なかなか先に進まなかったり…費用をどれだけかけたらいいか分からなかったり…そもそもやり方が分からなかったり…

そんなお悩みを持っている皆様向けに、これまでもこれからも、ギルドワークスでは「価値探索」というサービスを提供しています。
http://guildworks.jp/service/#servicedesign
※なお、今月8月末までの期間限定で、メソッド集をダウンロードできます!
http://guildworks.jp/download_201506/

先日、ギルドワークスではこの「価値探索」をもっとお試しいただけるように、新たなサービス「デザインスクラム」の提供を始めました!
http://design-scrum.guildworks.jp/
この記事では、「デザインスクラム」のご紹介をしたいと思います。

背景:仮説検証の必要性

新規事業企画を進めるにあたって、「わからないこと」がたくさんあります(新規事業なので当然ですが。)
その「わからないこと」を少しずつでいいので、「わかったこと」にしていくことが必要です。

言い換えると、いい企画を生むためには、以下の2つが大切です。

  • ビジネス上の顧客課題を仮説として捉えること
  • その仮説を検証するフィードバックサイクルを小さくつくること

新規事業立ち上げの3つの柱

ご紹介:「価値探索」

そのような進め方をする際に、ギルドワークスが皆さんと一緒にやっていくサービスが「価値探索」です。

「正しいものを正しくつくる」をミッションとして掲げているギルドワークスは、お客様や実際に利用するユーザーにとっての「正しいもの」を一緒に考えていきます。そのために、「アジャイル開発」・「リーンスタートアップ」・「UXデザイン」などで用いられる手法や考え方を必要に応じて組み合わせながら、サービスを形作っていきます。

これまで、年間30件以上の新規事業立ち上げを支援してきました。

ご紹介:「デザインスクラム」

「価値探索」は概ね、1〜2ヶ月ほどの期間で実施します。
でも、この期間すら惜しい、まずはどのような進め方をするかを体験したい、といった声があり、新たに始めたのが「デザインスクラム」です。わずか1日で、「価値探索」で実施しているプロセスを体験できます。

「デザインスクラム」は、価値探索と比較して、低価格・短期間です。
pixta_12977876_M

その代わり、本来必要な反復的な仮説検証は難しいです。(その場合は、本来の「価値探索」を実施いただくのをオススメします!
まずは、ギルドワークスなりの方法・プロセスを試してみたいという方に、「デザインスクラム」をご用意しています。
価値探索とデザインスクラムの比較

まとめ

本日は、先日ギルドワークスが新たに始めたサービス「デザインスクラム」のご紹介をしました。
下記ページ下部よりお問い合わせ・お申込みできますので、お気軽にお声がけください!

http://design-scrum.guildworks.jp/

ギルドワークスメンバー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中