新しく「ドメイン駆動設計のパターン・原則・プラクティス本」が出ました

井上です。 以前、本ブログでドメイン駆動設計(Domain-Driven Design 以下 DDD)のリファレンス本について紹介致しました。 おかげさまで非常に多くの方にご覧頂いたようで、DDDの注目度を改めて感じました。 また、「エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 ソフトウェアの核心にある複雑さに立ち向かう」(以下 DDD本) に続く2冊目ドメイン駆動設計本として、「実践ドメイン駆動設計」(以下 DDD実践本) も出版され、日本におけるDDDへの注目度がさらに増しているように思います。 私自身、普段からDDDを用いた開発を行っているので、日本語で多くのDDD情報が入手できることはとても嬉しい限りです。 そんな中、DDDを冠した「Patterns, Principles, and Practices of Domain-Driven Design」という新しい本 (以下 DDDパターン・原則・プラクティス本) が 2015/4/20 に出版されたようです。

Patterns, Principles, and Practices of Domain-Driven Design

私自身、まだ購入したばかりで流し読みしか出来ていないのですが、簡単に紹介したいと思います。

DDDパターン・原則・プラクティス本とは

本書は、大きく4つのパートから構成されています。概要は以下の通りです。

  • PART I – DDD の哲学 (philosophy) 、原則 (principles) 、プラクティス (practices) について
  • PART II – 境界付けられた境界 (bounded contexts) を統合する 戦略的パターン (strategic patterns) について
  • PART III – 効果的なドメインモデルを作るための 戦術的パターン(tactical patterns) について
  • PART IV – ドメインモデルを活用し効果的なアプリケーションを構築するために適用可能なデザインパターン (design patterns) について

戦術的パターンより戦略的パターンが先に紹介される構成となっており、その点はDDD実践本と同じですね。 また、本書は792ページと非常にボリュームがあります。 DDD本が560ページ、DDD実践本が 656ページであることと比較しても、そのボリュームがわかると思います。 なお、DDD本とDDD実践本のサンプルコードはJavaで記述されていましたが、本書はC#で記述されています。

章構成

具体的な章構成は以下のようになっています(日本語訳は私が付けたもので、正式なものではありません) 各パート・章のタイトルを見ていただければ、どのような内容になっているのかある程度想像がつくのではと思います。

  • INTRODUCTION
  • PART I: THE PRINCIPLES AND PRACTICES OF DOMAIN-DRIVEN DESIGN (ドメイン駆動設計の原則とプラクティス)
    • CHAPTER 1: WHAT IS DOMAIN-DRIVEN DESIGN? (ドメイン駆動設計とは何か?)
    • CHAPTER 2: DISTILLING THE PROBLEM DOMAIN (問題ドメインの蒸留)
    • CHAPTER 3: FOCUSING ON THE CORE DOMAIN(コアドメインに注目する)
    • CHAPTER 4: MODEL-DRIVEN DESIGN(モデル駆動設計)
    • CHAPTER 5: DOMAIN MODEL IMPLEMENTATION PATTERNS(ドメインモデル実装パターン)
    • CHAPTER 6: MAINTAINING THE INTEGRITY OF DOMAIN MODELS WITH BOUNDED CONTEXTS(境界づけられたコンテキストのドメインモデルの整合性を維持する)
    • CHAPTER 7: CONTEXT MAPPING(コンテキストマッピング)
    • CHAPTER 8: APPLICATION ARCHITECTURE (アプリケーションアーキテクチャ)
    • CHAPTER 9: COMMON PROBLEMS FOR TEAMS STARTING OUT WITH DOMAIN-DRIVEN DESIGN (ドメイン駆動設計から始めたチームの共通問題)
    • CHAPTER 10: APPLYING THE PRINCIPLES, PRACTICES, AND PATTERNS OF DDD (DDDの原則、プラクティス、パターンを適用する)
  • PART II: STRATEGIC PATTERNS: COMMUNICATING BETWEEN BOUNDED CONTEXTS(戦略的パターン:境界づけられたコンテキスト間のコミュニケーション)
    • CHAPTER 11: INTRODUCTION TO BOUNDED CONTEXT INTEGRATION(境界づけられたコンテキストの統合の概論)
    • CHAPTER 12: INTEGRATING VIA MESSAGING(メッセージングによる統合)
    • CHAPTER 13: INTEGRATING VIA HTTP WITH RPC AND REST (RPCやRESTを用いたHTTPによる統合)
  • PART III: TACTICAL PATTERNS: CREATING EFFECTIVE DOMAIN MODELS(戦術的パターン:効果的なドメインモデルの構築)
    • CHAPTER 14: INTRODUCING THE DOMAIN MODELING BUILDING BLOCKS (ドメインモデリングの構成要素の紹介)
    • CHAPTER 15: VALUE OBJECTS (値オブジェクト)
    • CHAPTER 16: ENTITIES (エンティティ)
    • CHAPTER 17: DOMAIN SERVICES (ドメインサービス)
    • CHAPTER 18: DOMAIN EVENTS (ドメインイベント)
    • CHAPTER 19: AGGREGATES (集約)
    • CHAPTER 20: FACTORIES (ファクトリ)
    • CHAPTER 21: REPOSITORIES (リポジトリ)
    • CHAPTER 22: EVENT SOURCING (イベントソーシング)
  • PART IV: DESIGN PATTERNS FOR EFFECTIVE APPLICATIONS(効果的なアプリケーションのためのデザインパターン)
    • CHAPTER 23: ARCHITECTING APPLICATION USER INTERFACES (アプリケーションのユーザインタフェース設計)
    • CHAPTER 24: CQRS: AN ARCHITECTURE OF A BOUNDED CONTEXT (コマンドクエリ責務分離 : 境界づけられたコンテキストのアーキテクチャ)
    • CHAPTER 25: COMMANDS: APPLICATION SERVICE PATTERNS FOR PROCESSING BUSINESS USE CASES (コマンド:ビジネスユースケースを処理するためのアプリケーションサービスパターン)
    • CHAPTER 26: QUERIES: DOMAIN REPORTING (クエリ:ドメインのレポーティング)

想定する読者

Introduction」の「Who Should Read This Book」で、本書の想定読者について触れています。 以下、上記からの引用です。

It is not a replacement for Domain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software by Eric Evans (Addison-Wesley Professional, 2003). Instead, it takes the concepts introduced by Evans and distills them into simple straightforward prose, with practical examples so that any developer can get up to speed with the philosophy before going on to study the subject in more depth.

ここでは、本書が「DDD本の代用品ではない」と明確に述べていますね。 また、「エヴァンスによって紹介された概念を、単純で (simple) 分かりやすい (straightforward) 散文 (prose) に蒸留する (distill) 」という記述もあります。 これは、DDD本自体が文学的で韻文形式の文章を多く含んでおり、それがDDD本の読みづらさに繋がっていたと思うので、韻文と対比する形で散文 (prose) という言い回しを使うことで、分かりやすさを強調しているのかなと解釈しました。 つまり本書は「DDD本を読むだけでは分かりづらかったDDDの概念を、わかりやすい文章と実践的なコード例を用いて解説する」という内容になっていると思います。 著者が述べている通り、DDD本を既に読まれた方が、理解を深めるための副読本として読むのが良いのかもしれませんね。

まとめ

今回は、DDDパターン・原則・プラクティス本について簡単に紹介しました。 DDDへの理解を深めるために有用そうな内容になっているので、少しづつ読み進めていきたいと思います。 興味のある方は手に取ってみてはいかがでしょうか?(個人的には日本語訳されることを期待しています)

デザインの神様 舞い降りて

こんばんは、ギルドワークスの藤田です。

皆さんは「神」を信じますか(※怪しい勧誘ではありません)。

私は不可知論者なので、神様がいてもいなくてもいいし、いたとしても現前はしないだろうということで、あまり祈ったりしないのですが、日常のふたつのシチュエーションで、神様に助けを乞います。

ひとつは、お腹が痛くてトイレにこもっている時。
もうひとつは、デザインワークが進まない時です。

明日までにビジュアルデザインを提出しないといけないのに神が降りてこない…!

私はしょっちゅう「デザインの神様が降りてこない」「神が降りてこないのでデザインがピリッとしない」と言うのですが、これは、決して言い訳ではありません。本当に、デザインの神様が降りてきてくれないのです。
デザイナーの仕事は、実はパソコンに向かう時間は本当に少ないです。
その前にリサーチし、構想をあたため、どのような表現で、どのように伝えるか、手書きのラフを何十枚も描いて、そして、これならいける!という確信を得た時に、やっと、パソコンへ向かうのです。
パソコンで行う作業は「清書」であって、パソコン作業で何かクリエイティブなことをしているわけではありません。
この「確信」を、「神が降りてきた」と、呼んでいます。

そんなの作業が遅い言い訳だろ…という向きもあるかもしれないので、デザインの神様が舞い降りてきていない、我ながら「いけてないわー」な、バナーはこちらです。

神が降臨しなかったバナー

ギルカン1

先日、デザインの神様を降臨させる踊りを3時間踊り続けたところ、やっと神が降りてきました(自己判定)。そのバナーがこちらです。

神が降臨したバナー

ギルカン2

比較してみるとわかりやすいかと思いますが、基本的な部分というのは変わっていないのです。

  • 伝えたいこと:開発者向けカンファレンスをギルドワークスが開催すること
  • 伝えたい相手:エンジニア、デベロッパーなど、開発者の方々
  • 使っている色:紺寄りの青と白
  • フォントやキャッチフレーズ
  • 直線と矩形

神が降臨済みのほうは、アイコンを用いて視覚的に細部が整った印象ではあるのですが、この細部によって、全体も大きく異なります。

デザインのトーン&マナーが大事だよというブログを先日書きましたが、やはり、トーン&マナーがどんなに精緻に作られていたとしても、形として目に見えるものが、そのトーン&マナーをふさわしく表現するものでなければなりません。
私自身はコンテンツファーストを標榜していますが、ビジュアルデザインが「何だってかまわない」「どのようなものでもありさえすればいい」というふうには決して思わず、そのコンテンツにふさわしい、コンテンツを伝えるに足るものでなければ、コンテンツの良さも伝えられないのでは、と考えています。

ただ、デザイナー歴はそこそこあるものの、デザインの神様を気軽に降臨させる呼びこむコツがまだわかっていません。
日頃からの鍛錬が必要なのだと思いますが、デザインワークのたびに、「神が降りてこない…!」となるのはよろしくないので、できるだけ早く神を降ろせるように精進する次第です。

そんなわけで、このバナーで一番伝えたいことである、ギルド開発者カンファレンス2015へのご参加をお待ちしています!

開発者ギルドカンファレンス2015
https://guildworks.doorkeeper.jp/events/26156

開発チームのビルドをどのように始めるか

ギルドワークス市谷です。

ギルドワークスで手がけている開発プロジェクトは、チームメンバーがだいたいリモートワークで参画しています。ギルドワークス自体も、仙台や大阪で開発しているメンバーがいますし、一緒に組んでいるフリーランスのデベロッパーも、東京にかぎらず日本の場所を問わず参画してもらっています。東京在住であったとしても、所在が離れあっているため、結局どのような立ち位置であれリモートワークなチームとなるわけです。

リモートワークに限らず、チーム運営を間違えると「何を何のために作っているのか」が見えにくくなりがちです。目の前のバックログを倒して続けていれば、目的にあったプロダクトがいつ出来上がるだろうというのは、いくら何でも楽観的過ぎますよね。プロダクトオーナーと目線を同じくとしたチームでなければ、期待するプロダクトを作り出すのは難しいところです。プロダクトオーナーやチームの他メンバーとの接点が少ない、限られる場合には、意識を高く持ち保つにはさらに不利といえます。では、どのようにしてチームビルドを始めると良いでしょうか。

ギルドワークスでは「何を何のためにどれだけ作るか」を見定める、いわば開発の入口を整えるために価値探索というフェーズを設けるようにしています。我々が仮説キャンバスと呼んでいる一枚絵でコンセプトをまとめ、仮説検証を行なうようにしています。検証を終えるまで、開発は始めません。No Why, No Devの考えを取っています。

結果、開発を始める際には「コンセプトが簡潔にまとめられた検証済みの一枚絵」「ユーザー行動に基づいて整理された必要な初期のバックログ群」が用意されており、「プロジェクトの方針を可視化したインセプションデッキ」づくり、そして「バックログの手入れ(内容を理解し、開発可能に仕立てていく)」からプロジェクトをスタートするのです。「何を何のために作るのか」の背景のすりあわせ、ディスカッションをチーム全員で行います。

プロジェクト立ち上げの時期は、さらにプロダクトの初期モデリングをチームで行うようにしています。インプットとなる情報から叩き台となるモデルを作り議論したり、白紙のホワイトボードから全員でモデリングを始めたり、やり方は様々です。この初期モデリングを通じて、このプロジェクトにおける関心領域は何なのか、その可視化と共通理解を作ることを目的としてやります。この際には、一箇所に集まるか、オンラインでアウトプットを共有しながら進めます。

以上のように、開発プロジェクトを始める際には私たちは「状況作り」を重視しています。時間は相応かかりますが、この時間を惜しんだばかりに、後々途方も無いすれ違いを生んでしまいかねないことを考えると、躊躇の必要がない取り組みといえます。

ギルドワークスの取り組みをご紹介する場「開発者ギルドカンファンレンス」を設けました。ぜひご参加ください。

26156_normal_1435841034_doorkeeper用バナー

リモートワーク隆盛のいまこそ、パートナーに会いに行く

どうも、ギルドワークス前川です。

先日、市谷と私がそれぞれ島根でお話をしてきたのを、ご報告させていただきました。

さて、島根にはもちろんAgile Shimane の皆さんにお会いする、という目的もあったのですが、もう一つギルドワークスとして重要な目的が有りました。

実は今、ある開発をギルドメンバーとして一緒に進めているエンジニアの方が、島根は出雲に本拠を置いていらっしゃるのです。

もちろんこれまでもSlackやSkype、そしてGithubなどを通して十分なコミュニケーションは取っていました。仕様を伝えて、見積もりを伝えて、コードをコミットし合い、進捗を確認して、LGTMして、などなど。

でも、これらのやりとりは、ともするとビジネスライクで「表面的」な関係になってしまいます。ギルドワークスは、お客さんだけでなく、ギルドメンバーともお互いに越境したい。仕様について「これでいいの?」「コンセプトからするとこうあるべきなのでは?」と語り合ったり、設計について「こうすればもっとお客さんのドメインを表現できる」と深く探求したり、など、もっとお互い踏み込んだコミュニケーションをしたい、と考えています。

それには、やはり文字や音声だけのやりとりだけでは、圧倒的に情報が足りません。どんな環境で仕事をされているのか。お昼はどんな場所で食べておられるのか。仕事を終えた後はどんなところで飲んでおられるのか。飲みながら、どんな思いで開発について語っておられるのか・・・

今回の島根訪問では、ギルドメンバーのこういった熱い思いを、しっかりと聞くことができました。出雲蕎麦を食べながら会社を設立された熱い思いを伺い、終電ギリギリまで駅前のバーで技術話で盛り上がり、なんとも楽しい時間でした!

リモートでほぼ仕事ができる環境が整っているからこそ、敢えて直接話しをしに行く。そこで意気投合した気持ちを軸に、もっと深い話をSlackやSkypeで発信していく。

まさに、今そういう開発ができているように思います。

これからも、全国に散らばる仲間たちと、語らいに出かけようと思っています。

そして、私達と組んで熱く語り合い、「正しいものを正しく作る」仲間も募集しています。是非お声かけ下さいませ。

アイキャッチ画像: https://flic.kr/p/c1iJvo

トーン&マナーの日々よ

こんばんは、ギルドワークスの藤田です。

皆さんの職場は、業務時間中にイヤホンをするのがOKな職場ですか?
ギルドワークスではイヤホンOK、というか、そもそも仕事中にこうしなければならないという縛りが何ひとつなく、靴下を脱ぎ始めたり壁に足をたてかけたりして仕事をする代表がいたり、正座しながらチョコパンを食べてPCに向かう現場コーチがいたり、そんなフリーダムな雰囲気ですが、私は集中したいときは爆音で音楽を聴くことが多いです。
そのせいもあってか、「このお客様のテーマソングは○○だな!」とか、「このサービスのテーマは■■だ!」とか、音楽や人をイメージすることが多いです。

先日も、とあるお客様のトーン&マナー設定をおこない、UIイメージを作成したのですが、サービスのコンセプトを知った時から、「これはB’zだ! B’zの”Times Flies”だ!」と、そのお客様の仕事の時は常にB’zを聞きながらで、アウトプットを共有するときも常に「B’zです!」と言い続けてきたのですが、みんな、私がいつもの通り寝言を言っていると思っていたのか、完全スルーされていました……でも、B’zなんです!

トーン&マナー設定

さて、ここから本題です。

実は、これは、「トーン&マナー設定」の画像です(さすがに、B’z画像はご提案の時には削除していますが…)。

トーン&マナー設定は、簡単にいえば、「色、モチーフ、印象の設定」なのですが、これによって、ビジュアルデザインの基礎ができる、というだけではありません。
そのサイトなりアプリケーションなりを「使う人(ユーザー)」はもちろん、「提供する人(サービス事業者)」、「システムやデザインを制作する人(制作者)」にも非常に重要なものなのです。

なぜなら、トーン&マナーは、サイトやアプリケーションや、それを含めたサービスが、「どのようにユーザーと接するか」「どのようにしてユーザーとコミュニケーションをとるか」を定める、ブランディングとしての意味も含んでいるからです。

ブランディングとしてのトーン&マナー

ビジュアルデザインは、ただの「見た目」なのではなく、そのサービスやアプリが「どういうものなのか」「ユーザーに対してどういう接し方をしてくるのか」ということの、一番わかりやすい表されかたです。

たとえば、BtoBの、信頼性が必要なインフラサービスが、「僕は明るくて楽しくてちょっとうっかりさんだよ!」と、表明するようなトーン&マナーをもっていたとしたら、ユーザーは高いお金を払ってそのサービスを利用する気になれなさそうです。それに、担当者はそういう人が好きでも、偉い人が承認する稟議に通らないかもしれません。
とてもかわいらしい雑貨を売っているECショップなのに、「道に倒れて誰かの名を呼び続けたことがありますか……」と、表明するようなトーン&マナーだったら、可愛いもの好きのユーザーは、そこに自分の求めるものがあるとは思えないでしょう。

それがどんなに素晴らしいサービスで、どんなに便利なものであっても、「使う人とどういうふうにコミュニケーションをとっていくか」が想定されていなければ、サービスは結局使われないままで終わってしまいます。

「このサービス(や、アプリケーション)は、こういうもので、こういう接し方をあなた(利用者)とするものです」ということを見定め、それに沿ったコミュニケーションを総体として行っていくための基礎がトーン&マナー設定なのです。

これはつまり、ブランディングの一部であって、ブランディングである以上は、利用者だけに関わるものではありません。
コミュニケーションは双方向であり、「このサービスはこういうものです」と、表明しているのですから、サービスを提供する事業者もそのように振る舞わなければなりません。
「信頼できる」トーン&マナーを持っているのに、カスタマーサポート部門が信頼できない振る舞いを行っては、トーン&マナーに反しています。
また、トーン&マナーに反した広告やプロモーションを行っても、コミュニケーションの前提がそもそもずれているので、無駄な投資となるだけです。
そして、そのサービスを開発する制作者も、「このサービスはこういうものです」に、合致しない振る舞いを、機能として実装するわけにもいかないのです。

「色を決めるだけ」「印象を決めるだけ」と、思われがちなトーン&マナーですが、サービス全体をひっくるめた、広義のデザインの基盤となるもので、これをまず最初に行うことは、その後の事業展開においても、非常に重要なことだと考えています。

ギルドワークスでは、新規事業や既存の事業の見直しを支援する、「価値探索」サービスを行っていますが、その中で、このトーン&マナー設定メニューも含んでご提案をしています。

企画や開発だけでなく、デザインに基づいたブランディングについてもお悩みのかたは多いかと思います。
何の色を使って、何のモチーフをもって、どういうふうにユーザーに接するのがベストなのかは、ビジュアルデザインだけでなく、UXデザインの領域にも踏み込むことなので、なかなか自社だけで行うのは難しいところがあるのではないでしょうか。

現在、期間限定でこの価値探索サービスの資料が無料でダウンロードできますので、企画だけでなく、ブランディング、利用者とのコミュニケーション戦略にお悩みのかたも、ぜひご一読ください。

資料ダウンロード:http://guildworks.jp/download_201506/

自分のところのサービスやサイトのトーン&マナーをつくってほしい!というご要望がございましたら、ヒアリングにお伺いしますので、こちらもお問い合わせください。

では、そろそろ、THE YELLOW MONKEYをテーマソングにしたお仕事に戻ります!