エクストリームプログラミング 第二版 でXPに再入門しています。 #xpe2nd

どうも、ギルドワークス 前川です。

さて、皆さんはもうお読みになりましたよね!新訳版エクストリームプログラミング!非常の楽しい本なので、是非皆さんもチェックしていただければと思っています。

XPへの誤解

さて、このようにテンション高く始めてしまいましたが、私は実はXPの旧訳は読んだことがありませんでした。のみならず、XPをテーマにした本自体を、あまり読んでいませんでした。

実は私と同世代くらいの(昭和ギリギリ50年代くらい生まれくらいの)エンジニアには、結構同じ境遇の人、あんまりXPに関する書籍を読んでいない、という方が多いのではないかな?と思ったりしています。

なぜでしょう?それは、私がソフトウェアを本格的に勉強し始めたのと時を同じくして、XPの熱狂は去り、Scrumの波がやってきた、ように見えたのです。

その時、ソフトウェアの入門者を取り囲む空気には、少なからず偏見のようなものがあったと思っています。「XPは技術寄り」「Scrumの方がフレームワークとして定まっているので組織に入れやすい」「XPはスーパーエンジニア向けのもの」など、XPは効果的なんだろうけれど、とても導入が難しいエクストリームなものという言説は、同時いわれていたのではないでしょうか?

ギルドワークスにおけるXP

実はギルドワークスに入ってからも、少なからずこういったイメージを持ってしまっていたのですが、増田さんや市谷さんなど、ギルドワークスのメンバーから、XPの価値原則について、何度も熱く語ってもらいました。

XPといえばどうしても、全員同席テストファーストなどのプラクティスが強調され印象に残ってしまっていたので、XPの価値と原則について、改めて考えなければ、と思っていたのでした。

そんな時にちょうど出版されたのが、新訳版エクストリームプログラミングです。迷わず手を取り、読み始めました。

XPの価値と原則

まず、びっくりしたのは、最初の一文です。

エクストリームプログラミング(XP)とはソーシャルチェンジである。

帯にも書いてあるこの言葉は、本文の最初に出てくる言葉です。

ソーシャルチェンジってなによ?となりますが、あとがきで簡単に触れられています。

XPは必ずしも「社会」を変えるための活動ではない。隣の席にいるプログラマとうまくコミュニケーションしたり、顧客と密接にやりとりしたり、ユーザーが安心して使えるソフトウェアを届けたりする。そうした「人間関係」を扱う活動こそが、エクストリームプログラミングである。

そう、XPのというとバリバリの技術に尖った手法、というイメージを持ってしまっていたのですが、違います。人間関係を、仕事をしやすいよう変えていくのが、XPなのです。

なので、XPの価値には“コミュニケーション”“勇気”といった、人間関係を透明でわかりやすく、話しやすくする仕組みが埋め込まれていますし、原則にも”人間性“や”多様性”など、人間関係を豊かにする活動が詰め込まれています。

プラクティス以前に語られる、こういった価値と原則は、実はギルドワークスの「正しいものを正しくつくる」「越境」といった言葉に非常に密接にリンクしている、ということに遅まきながら気づいたのでした。

私も、皆さんと一緒に、自分の周りを Social Change していきたいと思います!

※アイキャッチの写真 https://flic.kr/p/3p69ZX

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中