ギルドワークスの「現場」コーチ

先日市谷の投稿にもありましたが、Agile Shimane(松江)にお招き頂き、お話してきました。

私自身、ギルドワークスの一員として、ギルドワークスの仲間と一緒に喋る、というのは初めての経験でしたので、結構緊張しました。 私の話は、ギルドワークスの「現場」コーチとは何か、というものでした。

そう、今回の発表で伝えたかったのは、ギルドワークスは「現場」コーチだということです。アジャイルコーチでもなければ、開発コーチでもない。現場を良くするためなら手段を問わない、越境していく、そんな姿勢でコーチという役割に向き合っています。

そんなギルドワークスの現場コーチに興味がある方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

すでに市谷の資料は上がっておりますが、Kent BeckのXP本 に二人共ふれていたりと、当日の二人の発表は、違う内容を話しつつ同じような発想へと最終的には至っているように私は感じました。

Joinしてから二ヶ月、ギルドワークスの一員として馴染んで行けているのかなぁ、、、と勝手に感慨にふけったりもしています。

ギルドワークスの「現場」コーチ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中