エンジニアが、デザイナーと言葉を合わせるために読む4つのメディア

ギルドワークスの佐々木です。
私自身はエンジニア/プログラマーですが、産業技術大学院大学履修証明プログラム「人間中心デザイン」を2010年度に履修しました。ただし、自分自身はビジュアルデザインだったり、アートディレクションだったり、そういったことができるわけではないので、そういった方々と協業したりといったことを念頭におきつつ、よりよいシステム開発ができることを心がけています。

そんな中で、デザインの言葉やトレンドをある程度知っていかないといけないため、私自身は様々なwebサイトを眺めるようにしています。もちろん、本筋の知識を手に入れるためには書籍やセミナーなどで得る必要があるのですが、周辺領域を学ぶという意味でwebサイトを見ている、という意識です。

今回はその中から、4つを紹介します。

Design Works

 

Design Works」は、グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインと幅広くデザインに関する情報を取り上げているブログメディアです。最近、Internet of Thingsなどでハードウェアとウェブとの関連を考える人が増えましたが、ウェブのデザインだけに閉じずに情報を得るには、とても有用な情報だと思っています。

coliss

 

coliss」はウェブデザインに関する情報を幅広く扱っているブログメディアです。ちょっとしたプラグインや、web制作に役立つサイトの紹介などがあり、読むようにしています。

CodeGrid

 

CodeGrid」はピクセルグリッド社が運営するフロントエンド全般に関する、月額制有料のwebメールマガジン+webアプリです。内容も多岐に渡り、デザインやフロントエンド実装だけでなく、仕事術といったものに分類されるような、コミュニケーションや見積もりに関する話もあります。

ビジュアルシンキング

 

今回は、協業のための情報収集について書いてみました。
ギルドワークスに興味が湧いた方は「ギルドワークスと組む」などを見ていただき、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中