アジャイルジャパン2015でお話します!

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。
ギルドワークスでは、新規サービスのコンセプト作りから、プロジェクトのマネジメント、開発、現場コーチといったお客様の現場改善まで、それぞれの得意技で値打ちを出すよう日々活動しています。

その現場コーチとして積み重ねた知見について、2015年4月16日(木)に開催されるアジャイルジャパン2015(AgileJapan2015)でお話する機会をいただきました。

講演タイトルは【アジャイルな現場になっていく時の越えなければいけない3つのハードル】で概要は以下です。

「アジャイルに開発をしたい、スクラムを導入したいので現場コーチをして欲しい」という依頼が時々あります。
しかし、なぜ「手段」としてそれ選んだのか?など背景、事情が明らかでないと壁にぶつかります。

またアジャイルはあくまで概念、姿勢であり、その実装は組織や現場によって千差万別です。それを教科書通りにやるだけではまた別の壁にぶつかります。さらに特にスクラムでは組織全体の変化をもたらすことになり、ここでも別の壁にぶつかります。

このセッションでは私の現場コーチの経験からこれらの壁をどのように乗り越えれば良いかをお話します。現場を変える1つのヒントになれば幸いです。

セッション時間などの詳細はAgile Japan 2015のプログラムをご覧ください。
またAgileJapan2015では他にもテーマである「失敗から学ぶアジャイル、成功につなげるアジャイル」についてのセッションが多数あります。

この記事を読んでギルドワークスに興味を持たれた方はお気軽に【ギルドワークスに依頼する】をご覧の上、お問合せください。

※アイキャッチ画像:License Some rights reserved by larsjuh

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中