Spring Boot アプリケーションをDockerで動かす 第2回

河上です。

前回に引き続き、Spring BootアプリケーションをDockerで動かしていきます。

Spring Boot アプリケーションはインメモリDBでの開発がとても楽ですが、リリース前はやはり本番と同じデータベースサーバで動作を確認したくなります。
そして、それを行うにしても以下のような作業を行う必要があって本当に面倒です。

  • データベースサーバのインストールと起動
  • スキーマを作成するSQLの実行
  • テストデータの登録
  • アプリケーションの起動

もう1つ、これらを手動で行っている場合の大きな問題点としてデータベースの状態が毎回変わる、もしくはどういう状態かわからないのでテストしにくいという問題があります。

今回は、これらの問題を解消すべくDockerコンテナを使って自動化してしまいます。 続きを読む

エンジニアが、デザイナーと言葉を合わせるために読む4つのメディア

ギルドワークスの佐々木です。
私自身はエンジニア/プログラマーですが、産業技術大学院大学履修証明プログラム「人間中心デザイン」を2010年度に履修しました。ただし、自分自身はビジュアルデザインだったり、アートディレクションだったり、そういったことができるわけではないので、そういった方々と協業したりといったことを念頭におきつつ、よりよいシステム開発ができることを心がけています。
続きを読む

アジャイルジャパン2015でお話します!

こんにちは、ギルドワークスの中村 洋です。
ギルドワークスでは、新規サービスのコンセプト作りから、プロジェクトのマネジメント、開発、現場コーチといったお客様の現場改善まで、それぞれの得意技で値打ちを出すよう日々活動しています。

その現場コーチとして積み重ねた知見について、2015年4月16日(木)に開催されるアジャイルジャパン2015(AgileJapan2015)でお話する機会をいただきました。

続きを読む

あなたのアイデアを世にといかける「MVP Award」を開催します

スクリーンショット 2015-02-02 23.38.48

あなたのアイデアを世にといかけるコンテスト、MVP Awardを開催します。MVP Awardとは、アイデア(仮説)とその検証のための手段(MVP)を広く募り、その可能性に応じて表彰を行なうイベントです。

MVPとは「Minimum Viable Product(MVP)」の略称で、実用最小限のプロダクトのことです。MVPという言葉に馴染みがなくても、応募するアイデアを検証するための手段と考えて頂ければ結構です。新しく事業やサービスを立ち上げるためには、ニーズや課題の仮説を立て検証を行い、学びを得ながら進める仮説検証が不可欠といえます。この仮説検証の中心となる手段がMVPというわけです。機能をたくさん作りこんだ人が表彰されるのとは違う切り口として、「仮説検証ができている」あるいはその可能性に対して支援される機会をつくりたかったのが、本企画の狙いです。

表彰者には、賞金に加えてギルドワークス及びSBメディアホールディングスグループをメンターとして、事業立ち上げに向けた具体的検討(出資等)に進むことができます。

応募の締め切りは 2015年4月15日(水) です。まずはランディングページからあなたのプロフィールやアイデアの概要を記載の上エントリーをお願いします。エントリー後個別に、MVPやプラン内容が分かる資料などをご提出頂きます。アイデアは最初に提出したものから変わっても構いません。まずはエントリーから始めてください。

アイデアをお持ちの方であれば、誰でも応募可能ですので、ぜひ奮ってご参加ください。