チーム開発でHerokuの便利な設定

水谷です。

お客さんに、実際に動く開発中のプロダクトをみてもらうために、さくっと環境を立ち上げられるHerokuは便利なのでよく活用しています。

今回は、チーム開発する際に便利だなと思ったHerokuの設定を紹介したいと思います。

Automatic deploys

最近、Herokuに追加された機能なのですが、この機能を有効にすると、masterにマージやpushされると自動でHerokuにpushしてくれます。

それでは、早速実際の設定の仕方をみていきましょう。

HerokuのDashboadで設定します。[Code]から[GitHub]を選びます。

f3c3533a-18e3-ab5c-73c4-9c540af516ce

[Connect to GitHub]を押すと、リポジトリの選択画面が表示されます。

6948b29f-f5f6-66ff-2cf7-08f2029de1d4

リポジトリー名の一部を入力して[Seach]します。そうすると、該当するリポジトリの一覧が表示されるので、連携したいレポジトリを[Connect]して設定画面を表示します。

b3fa555d-b726-7652-d4be-15d3706f2ba9

masterにpushした際、自動でデプロイするように、設定画面の[Automatic Deploys]の[Enable Automatic Deploys]にします。

これで、設定ができたので、設定したGitHub上のリポジトリのmasterにpushすると[Activity]でBuildが自動で始まることを確認できます。

db3b75e3-0776-fde2-588e-e12cae2a56cf

また、しばらく経つとデプロイができたことを確認できます。

68cdb4ab-e934-4687-3aed-0ca02c3899cd

デプロイの通知

DashboardからActivityを見ればデプロイの状況はわかるのですが、いちいちブラウザを開くのも面倒です。そこで、ギルドワークスではコミュニケーションにSlackを使っているので(参考:ギルドワークスのリモートワークを支える技術)、Slackに通知するようにしています。

それでは、その設定の方法を紹介します。

まず、Slackで[Configure Integrations]を開きます。

slack1

ずらっとリストが並んでいる真ん中の[Heroku]を[Add]します。

slack2

通知先のチャンネル選択画面が表示されるので、通知したいチャンネルを選択して[Add Heroku Integrations]します。

slack3

詳細画面が表示されるので、その画面の[Setup Instruction]を参照します。

ターミナルを開いて、コマンドをペーストします。

$ heroku addons:add deployhooks:http --url=xxxxxxxx

これで、Herokuにデプロイが完了したらチャンネルにこんな通知が飛ぶようになります。

250694ba-95da-be3c-27dd-08873b5a7a22

まとめ

Herokuへの自動デプロイは、いままでもCIなどを使って実現可能ではあったのですが、Heroku標準の機能で何クリックかで設定できようになったのでだいぶ楽になりました。あと、あわせてデプロイの通知をしておけば、自動デプロイでデプロイされたのがSlackに通知されるので非常に便利です。


ギルドワークスでは様々なツールを使って、開発をしています。興味が湧いた方は「ギルドワークスと組む」などを見ていただき、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中