Post-it® Plusアプリが素敵な便利ツール

上野です。

みんな大好きポストイットがアプリになって登場しました。
しかもこのアプリがすごく便利なので紹介してみます。
しかも無料です!!

Post-it® Plus

ただし、iOS 8以降の対応となっているので、iOS 8にバージョンアップしていない方は使えません。
とはいえ、これを見ればiOS 8にバージョンアップしたくなること間違いなしです。

このアプリを使うことで、何が嬉しいのか。

ギルドワークスでは、様々な場面で付箋紙を使います。
例えば、見える化やカンバン、ふりかえり、ユーザーストーリーマッピングなどがあります。
ちなみに余談ですが、付箋紙は強粘着タイプがオススメです!

今までは写真で撮ったものをそのまま共有したり、ユーザーストーリーマッピングなどでは一度写真からデータに落としたりもしています。
写真だと読みにくい、後からグルーピングをしたいということもありますし、ユーザーストーリーマッピングのデータ化はかなりの時間を費やしていました。

それらの作業がこのアプリを使うことでかなり効率化されると感じています。

それではさっそく使い方を説明します。

アプリを起動した画面です。
カメラボタンを押しましょう。

Post-it® Plus_01

カメラを付箋に向けて撮影するだけです。

Post-it® Plus_02

 

認識した付箋はチェックが入ります。
「Create Board」で取り込むだけです。

Post-it® Plus_03

 

作成時に名前を決めることもできます。

Post-it® Plus_03

見事に認識されました。
これはすごい!!
拡大してもキレイに見えます。

Post-it® Plus_05 Post-it® Plus_06

撮影した写真も見れます。
ここで撮影できなかったものを追加したり、削除したりもできます。

Post-it® Plus_07

斜めの付箋も撮影してみます。

Post-it® Plus_08

斜めもキレイに認識します。

Post-it® Plus_09

 

斜めのまま取り込めます

Post-it® Plus_10

グループをタップするとメニューが表示されます。
並び変えを選択するとキレイに並びます。
でも1つ横になってますね・・・

Post-it® Plus_11 Post-it® Plus_12

対象のポストイットを選択するとズームします。
ここで向きを変更したり、元の写真に戻したりもできます。

Post-it® Plus_13 Post-it® Plus_14

シェアやエクスポートもできます。
Dropboxにエクスポートもできたりします。
エクスポートのフォーマットの種類もPDF、パワポ、Excel、イメージまであります。

Post-it® Plus_15 Post-it® Plus_16 Post-it® Plus_17

PDFで出力するとこんな感じです。

Post-it® Plus_18

認識できなかった画像も自ら選択して認識させることもできます。
形はある程度は自動で認識しますし、自分で調整することもできます。

Post-it® Plus_19 Post-it® Plus_20

ざっと大量の画像で紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

私は iPhone 5s で利用していますが、iPadで利用するほうが便利だろうなって感じがしました。
できれば撮ったものをPCで編集できるといいなと。

写真を上げられないのですが、ユーザーストーリーマッピングの大量にある付箋を撮影してもほとんど認識しました。
認識漏れも選択して追加すれば問題なく対応できました。

ファシリテーターの方やアイデア出しミーティングでこのアプリは本領を発揮できるのではないでしょうか。

ぜひみなさんもお試しください!!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中