エンジニアでも最低限知っておきたいWebマーケティングツール

こんにちは。武田です。

SEO対策やレスポンシブ対応など、Webサイト開発においてもWebマーケティングに対する知見やノウハウが求められるようになっています。事業会社に所属しているエンジニアであれば、自社サービスを成長させるため。開発会社に所属しているエンジニアであれば提案や納品の質を高めるため。

とはいうものの、ただでさえ通常業務に忙殺されてて開発まわりでも新しい技術をキャッチアップしなきゃいけないのに…という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は分野ごとにこれだけは知っておくべき!というWebマーケティングツールを厳選して紹介します。どれも有名なツールばかりですので、すでにご存知の方も多いかもしれませんが、参考にしていただければ。

  • SEO関連
  1. Googleトレンド
    サイト構築の際にSEOを考慮しないことはもはやないといってもよいでしょう。SEOを考える上で、最初のステップとなるのがキーワード設計です。さまざまなキーワードの検索ボリュームやトレンドをつかむために使いましょう。
  2. SEOスカウター
    対象サイトのURLと対象キーワードを登録すると、SEO観点での評価を見ることが可能です。順位だけでなく、「URL構造」「HTML構造対策」「コンテンツ対策」など項目ごとに評価を見ることができるため、現状のサイトのSEO対策における課題点をさくっとつかむことができます。また、キーワードの順位を日次でメール通知する機能もありますので、主要対策ワードの日々の順位状況をチェックするのはこれだけで十分です。
  3. GRC
    主要ワードのみならず、複数のキーワードの順位状況をチェックするのはGRCが一番ラクだと思います。PCにインストールして毎日実行ボタンを押すだけで順位チェックが可能です。それすら面倒だという方はSEOスカウターのレポートメールで。
  • サイト解析関連
  1. GoogleAnalytics
    これはもはや説明不要でしょう。サイト運営をする際には必ず導入すべきツールです。ユニークユーザーや各ページのPV、画面遷移などの数値だけでなく、表示速度などもチェックすべき項目です。カスタムレポート機能をうまく活用すれば、あまり時間をかけずにチェックすることも可能です。公式アプリも出ているので、移動先でもスマホでチェックできます!
  2. SimilarWeb
    自社サイトの数値が把握できても、それが良いのか悪いのかという判断は、類似サイトと比較してみないとわかりません。SimilarWebを使えば、対象サイトのURLを入力するだけで、PVや滞在時間などの基本指標の他、対象サイトがどの流入経路をメインに集客しているかも把握することが可能です。1年ほど前にこのツールを知ったときはとても衝撃を受け、それ以来定期的にいろんなサイトをチェックしてます。
  3. Pt engine
    GoogleAnalyticsでは、どのページがどの程度見られているかはわかりますが、「そのページのどの場所が見られているか」までは把握できません。Pt engineではヒートマップ機能がついていますので、さらに詳細な分析をすることが可能です。コンバージョンプロセス分析で離脱が発生しているページを見つけ、そのページのどこが見られているか・見られていないかをヒートマップ機能で原因分析、などの使い方が良いかと思います。

いかがでしたでしょうか。まだまだたくさんのツールがありますが、試しながらご自分に合うツールを見つけてみてくださいね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中