クラウドソーシングの先にあるもの

はじめまして。武田です。

僕らがギルドワークスで実現しようとしているのは、クラウドソーシングに近い緩やかな雇用形態でありながら、チームとしての一体感、仕事のダイナミックさを担保できるような、そんな働き方です。そしてそれをサポートするようなツールや制度、受発注のプラットフォームを構築していきたいと考えています。

通信端末や通信環境、及びさまざまなツールの進化により、従来の雇用契約では実現できなかったワークスタイルが可能になっています。その1つが昨今盛り上がっているクラウドソーシングサービスだと思いますが、今のところは1対1の受発注がメインになっており、仕事の規模もまだまだ小さい状況です。仕事を請けるエンジニアの立場からすれば、仕事の単位がかなり細分化されるため、仕事の進めやすさがある反面、仕事の面白さや醍醐味という面では若干弱いのかなあと思います。

今ギルドワークスで扱っている開発案件は、エンジニア1人で請け負うような仕事はほぼ存在せず、クライアントの新規事業の企画や要件定義フェーズから入り込み、数人のチームで数か月かけて動く開発案件がほとんどです。従来のフリーランスでの仕事やクラウドソーシングサービスでは手掛けられないような規模のプロジェクトを、20名近くのギルドメンバーとともに進めています。

まだまだ立ち上げたばかりですが、初年度でこのエンジニアネットワークを100名近くまで増やしていきたいと考えているので、この理念に共感していただけるエンジニアの方はぜひこちらからご連絡ください。

僕らの新しいチャレンジ、ぜひご注目ください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中